モルビアン県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス > ブルターニュ地域圏 > モルビアン県


モルビアン県
Morbihan
Morbihanの紋章
モルビアン県の紋章
位置
Morbihanの位置
概要
県番号 56
地域圏 ブルターニュ
県庁所在地 ヴァンヌ
郡庁所在地 ロリアン
ポンティヴィ
3
小郡 42
コミューン 261
統計
人口
国内32位
  (2006年)
694,821人
人口密度 94人/km2
面積¹ 6,823 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。
モルビアン県の地図

モルビアン県(フランス語:Morbihanブルトン語:Mor-Bihan)は、フランスのブルターニュ地域圏の県である。モルビアンとは、ブルトン語で小さな海という意味で、名前の由来となったモルビアン湾を持っている。

歴史[編集]

モルビアンは1790年3月4日、フランス革命時に作られた83の県のうちのひとつで、ブルターニュの旧行政区の一部から作られた。

地理[編集]

モルビアンはブルターニュ地域圏の一部で、フィニステール県コート=ダルモール県イル=エ=ヴィレーヌ県ロワール=アトランティック県、それから南西の大西洋に囲まれている。

モルビアン湾にある名前のついた42の島のうち、最も大きなモワンヌ島(l'île aux Moines)とアルス島(l'île d'Arz)はコミューンになっている。

県内に含まれる湾の外に、人の住んでいる島が4つある。

  • メアバン島(Meaban)は人の住めない鳥類保護区である。

文化[編集]

ケルト語のひとつであるブルトン語が使われている地域であるが、話し手は減っている。ブルトン語保存の為、二言語併用教育が主張されている。

観光[編集]

カルナック巨石記念物

外部リンク[編集]