タルヌ=エ=ガロンヌ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス > ミディ=ピレネー地域圏 > タルヌ=エ=ガロンヌ県


タルヌ=エ=ガロンヌ県
Tarn-et-Garonne
Tarn-et-Garonneの紋章
タルヌ=エ=ガロンヌ県の紋章
位置
Tarn-et-Garonneの位置
概要
県番号 82
地域圏 ミディ=ピレネー
県庁所在地 モントーバン
郡庁所在地 カステルサラサン
2
小郡 30
コミューン 195
統計
人口
国内位
  (2010年)
241,698人
人口密度 65人/km2
面積¹ 3,717 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

タルヌ=エ=ガロンヌ県: Tarn-et-Garonne)は、フランス南西部の県である。県名は県内を流れるタルン川ガロンヌ川に由来する。

歴史[編集]

フランス第一帝政期の1808年11月4日にナポレオン1世の決定で、近隣の諸地域を統合して生まれた。モントーバンモワサックを含む県の半分以上の地域はロット県から、カステルサラザンを含む3分の1以上の地域はオート=ガロンヌ県から、残りの地域はロット=エ=ガロンヌ県ジェール県アヴェロン県から分割された。

地理[編集]

ミディ=ピレネー地域圏に所属し、ロット県、アヴェロン県、タルヌ県、オート=ガロンヌ県、ジェール県、ロット=エ=ガロンヌ県と隣接する。県内の最高地点は、キャスタネに位置する標高510mのペシュ・モーレルである。

外部リンク[編集]