シャラント県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス > ポワトゥー=シャラント地域圏 > シャラント県


シャラント県
Charente
Charenteの紋章
シャラント県の紋章
位置
Charenteの位置
概要
県番号 16
地域圏 ポワトゥー=シャラント
県庁所在地 アングレーム
郡庁所在地 コニャック
コンフォラン
3
小郡 35
コミューン 404
知事 ミシェル・ブタン
フランス社会党
統計
人口
国内66位
  (2011年)
352,705人
人口密度 59人/km2
面積¹ 5,956 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

シャラント県(Charente)は、フランスのポワトゥー=シャラント地域圏の県である。

県の東部から西部にかけてはシャラント川の上流と中流に当たっており、フランス国内の県に数多くある、川の名称にその名が由来する県である。

地理[編集]

自然区分上では、県はアキテーヌ盆地に含まれている。県北東部は中央高地となっている。

歴史[編集]

シャラント県の旧州区分

シャラント県は、1789年12月22日の王令によってフランス革命中の1790年3月4日に誕生した83のフランスの県の1つである。県を構成するのはアングレームを歴史的な中心地とするアングーモワの他、サントンジュの一部(県南部のバルベジウー=サンティレールなど)、ラ・マルシュの一部(コンフォラン周辺)、ポワトゥーの一部(シャンパーニュ=ムートン周辺)であった。

ギャラリー[編集]