シャラント県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャラント県
Charente
Charenteの紋章
シャラント県の紋章
位置
Charenteの位置
概要
県番号 16
地域圏 ポワトゥー=シャラント
県庁所在地 アングレーム
郡庁所在地 コニャック
コンフォラン
3
小郡 35
コミューン 404
知事 ミシェル・ブタン
フランス社会党
統計
人口
国内66位
  (2011年)
352,705人
人口密度 59人/km2
面積¹ 5,956 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

シャラント県(Charente)は、フランスのポワトゥー=シャラント地域圏の県である。

県の東部から西部にかけてはシャラント川の上流と中流に当たっており、フランス国内の県に数多くある、川の名称にその名が由来する県である。

地理[編集]

ドゥー=セーヴル県ヴィエンヌ県オート=ヴィエンヌ県ドルドーニュ県、そして最長の県境を共有するシャラント=マリティーム県と接する。シャラント県は東をリムーザン地域圏と、南をアキテーヌ地域圏と接している。

自然区分上では、県はアキテーヌ盆地に含まれている。県北東部はリムーザン高原を介して中央高地となっている。東部はシャラント・リムーザン地方と呼ばれ県で最も標高が高く、オワゾー岩(fr)では368mに達する。他の山頂には、リムーザンに入り、ラ・ロシュフコー東にあるアルブル山塊の351mがある。

シャラント県の県境は、隣のオート=ヴィエンヌ県からわずか数kmのところに水源を発するシャラント川の上流・中流域と一致する。

シャラント県の気候は、コニャックからアングレームまではアキテーヌ型の海洋性気候で、東に向かうと変化する[1]

コンフォランテ地方では海洋性気候が衰えた結果、平野部より気温が低く、降雨量が高い。さらには冬の寒さが厳しくなり、降霜や降雪が見られる。雷雨は一般的である。

風向きはほとんどが西北西の風で、特に嵐の時顕著である。最も激しかったマルタン嵐では、時速140kmの風が県内で吹き荒れた。北東からの風はあまり吹かない。

歴史[編集]

シャラント県の旧州区分

シャラント県は、1789年12月22日の王令によってフランス革命中の1790年3月4日に誕生した83のフランスの県の1つである。県を構成するのはアングレームを歴史的な中心地とするアングーモワの他、サントンジュの一部(県南部のバルベジウー=サンティレールなど)、ラ・マルシュの一部(コンフォラン周辺)、ポワトゥーの一部(シャンパーニュ=ムートン周辺)であった。

人口統計[編集]

人口の推移
1801年 1831年 1841年 1851年 1856年 1861年 1866年
299.029 362.531 367.893 382.912 378.721 379.081 378.218
1872年 1876年 1881年 1886年 1891年 1896年 1901年
367.520 373.950 370.822 366.408 360.259 356.236 350.305
1906年 1911年 1921年 1926年 1931年 1936年 1946年
351.733 347.061 316.279 312.790 310.489 309.279 311.137
1954年 1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年
313.635 327.658 331.016 337.064 340.770 341.993 339.628
2004年 2009年
344.708 351.563

文化[編集]

シャラントの文化は、歴史的文化財(ガロ=ローマ遺跡、教会、城)そして花開いた芸術品(製陶、絵画、彫刻、詩作、文学)の両方に現れている。フランソワ1世の母ルイーズ・ド・サヴォワの宮廷がルネサンス時代に残した痕跡が深い。

シャラント県は北のオイル語と南のオック語を南北に分ける線が通る。

脚注[編集]

  1. ^ Jean Combes (dir.) et Michel Luc (dir.), La Charente de la préhistoire à nos jours (ouvrage collectif), St-Jean-d'Y, Imprimerie Bordessoules, coll. « L'histoire par les documents »,‎ 1986, 429 p. (ISBN 2-903504-21-0, notice BnF no FRBNF34901024, présentation en ligne [archive]), p. 10