ポワトゥー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンシャン・レジーム時代のポワトゥーの位置
ポワトゥーの紋章。ポワトゥー伯であったアリエノール・ダキテーヌの紋章に由来する

ポワトゥーPoitou)は、フランス王国。その領域は現在のヴァンデ県ドゥー=セーヴル県ヴィエンヌ県シャラント県北部まで及んだ。首都はポワティエである。

ポワトゥーの名は、かつてフランス西岸にあったポワトゥー湾の名残である湿地、ポワトヴァン(Poitvenカマルグに次いで国内第2の規模の湿地帯)に由来する。

ポワトゥーは様々な起伏からなる異なった地層を共有している。西(低ポワトゥーとヴァンデ)から南東部は古代の山地であり、非常に侵食が進んでいる。冷涼なケイ酸質の丘陵が続く。この地方はボカージュ(fr、ツゲや低木で区切られた草原や畑のこと)が多い。中央部はポワティエのある石灰岩質の台地である。ほぼ平らで、ロワール渓谷へ向けて標高が150mから100mほど下がってゆく。

ポワトゥーは古いパリ盆地とアキテーヌ盆地の移行地帯にあたる。11世紀にはオック語が話されていたが、現在はオート=ヴィエンヌ県の6コミューンを除いてオイル語の話される地方となっている。そしてポワトゥーは伝統的な屋根の境界線である(北部のスレート屋根に対して南部のタイル屋根)。地名の語尾に-ay、-yと付くのは全域で見られるが、-acとなるのは南東でしか見られない。

地方言語として、ロマンス語に属するポワトゥー語・サントンジュ語(オイル語に属す)がある。