中央高地 (フランス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NASA Shuttle Topography Radar Missionで見たフランス。中央高地はフランス南部のオレンジ色の塊で、東のアルプス山脈と西のピレネー山脈の間にある。

フランス中央高地(ちゅうおうこうち、フランス語Massif Centralオック語Massís Central / Massís Centrau)は、フランス南部の地域で、山地や台地からなる。

1万年前に終了した火山活動の結果、中央高地の山地はアルプス山脈から切り離され、ローヌ川によって南北に作られた裂け目が形成された。この裂け目はフランス語でsillon rhodanien(ローヌ川のみぞ)と呼ばれる。

長い間交通の障害となっていたが、高速道路A75の開通によってフランス南北の旅行が便利となり、中央高地自体も開発されることとなった。ミヨー橋を参照。

県と地域圏[編集]

次のは、一般的に中央高地の一部と見なされる。アリエ県アヴェロン県カンタル県コレーズ県クルーズ県オート=ロワール県オート=ヴィエンヌ県ロワール県ロット県ロゼール県ピュイ=ド=ドーム県である。

地域圏のうちオーヴェルニュ地域圏リムーザン地域圏は、中央高地の一部である。ミディ=ピレネー地域圏ローヌ=アルプ地域圏の一部は、中央高地にかかっている。

中央高地でもっとも大きな都市は、クレルモン=フェランサン=テティエンヌである。

山と台地[編集]

ピュイ・ド・サンスィの凝固した溶岩

[編集]

台地[編集]