ドルドーニュ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス > アキテーヌ地域圏 > ドルドーニュ県


ドルドーニュ県
Dordogne
Dordogneの紋章
ドルドーニュ県の紋章
位置
Dordogneの位置
概要
県番号 24
地域圏 アキテーヌ
県庁所在地 ペリグー
郡庁所在地 ベルジュラック
ノントロン
サルラ=ラ=カネダ
4
小郡 50
コミューン 557
統計
人口
国内58位
  (1999年)
388,293人
人口密度 43人/km2
面積¹ 9,060 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

ドルドーニュ県(Dordogne)は、フランスのアキテーヌ地域圏の県である。

歴史[編集]

ドルドーニュ県の地図

フランス革命後の1790年3月4日、1789年12月22日の法令施行により、かつてのペリゴール州の一部から創設された。名称はドルドーニュ川に由来する。

地理・気候[編集]

ドルドーニュ県は、国内第3位の面積を持つ。面積の約45%が森林で占められ、森林面積でも国内第3位である。オート=ヴィエンヌ県コレーズ県ロット県ロット=エ=ガロンヌ県ジロンド県シャラント=マリティーム県シャラント県と接している。

ドルドーニュ県は、暑い夏と寒い冬という大陸的な気候を持つ。県北東部と県南西部では気温に大きな開きがあり、約5℃違う。

人口[編集]

ドルドーニュ住民は自らを、かつての州から派生した名前であるペリグーダン(Périgourdins)またはペリゴーダン(Périgordins)と自称する。

2006年度にはイギリスからのリゾート客が約21,000人を数えた。彼らはフランス居住者とされるのを避けるため、6ヶ月と1日以上滞在しないよう注意を払っている。

文化[編集]

言語[編集]

かつてのペリゴールではオック語の一方言であるリムーザン語が主流であった。これは大まかにモンタゾーからナデイヤックまでのラインから北で、盛んに用いられている。このラインの南では同じ一方言のラングドック語となる。パルクールとロシュ=シャレの一部では、オイル語が話されている。

ワイン[編集]

ドルドーニュ県は、フランス第一の銘醸値ボルドーのあるジロンド県の東隣にあり、ボルドーと似たタイプのワインが作られている。

観光[編集]

ドルドーニュ県内には1000以上の城が点在する。13世紀から14世紀に建てられた要塞都市であるバスティード(fr)も、数多く現存している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]