アルプ=マリティーム県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス > プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏 > アルプ=マリティーム県


アルプ=マリティーム県
Alpes-Maritimes
Alpes-Maritimesの紋章
アルプ=マリティーム県の紋章
位置
Alpes-Maritimesの位置
概要
県番号 06
地域圏 プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール
県庁所在地 ニース
郡庁所在地 グラース
2
小郡 52
コミューン 163
統計
人口
国内19位
  (2006年)
1,073,184人
人口密度 249人/km2
面積¹ 4,299 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

アルプ=マリティーム県Alpes-Maritimes)は、フランスプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏の県である。東縁はイタリアとの国境を成す。名前は古代ローマ属州アルペス・マリティマエに由来する。

歴史[編集]

最初に県が誕生したのは1793年から1814年までであった。県は本質的にニース伯領から構成されていた。ニース伯領は、モナコ領(マントンロクブリュヌ)と同様に、サルデーニャ王国からフランスへ分離・統合された。

1814年、ニース伯領はサルデーニャへ返還され、モナコは独立を回復した。1860年、サルデーニャ王国がニース伯領を放棄したことにより、アルプ=マリティーム県が再び編成された。

地理・気候[編集]

ヴァール県アルプ=ド=オート=プロヴァンス県と接する。地中海に面した県南部は、有名なコート・ダジュール地域である。地中海側を除きモナコ公国を三方から囲む。国境を意識しなければ本県が内包する形となる。

県は海岸近くまで山がちである。アルプス山脈の南部分として、マリティーム・アルプ山地(en:Maritime Alps)と呼ばれる。

海岸部は地中海性気候である(降水量は春秋に集中し、冬は温暖である)。北部は一部が山岳気候で、冬の訪れが早く、夏には豪雨が起きる。県の日照日数は長く、年間平均300日である。

[編集]

アルプ=マリティーム県には、2つの郡が存在し、2郡の合計で、52の小郡、163のコミューンがある。

19の小郡、62のコミューンがある。郡の人口は、1990年には470,488人、1999年には504,632人で、7.26%減少している。
33の小郡、101のコミューンがある。郡の人口は、1990年には501,341人、1999年には506,694人で、1.07%増加している。

文化[編集]

外部リンク[編集]