ボーソレイユ (アルプ=マリティーム県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Beausoleil
Blason ville fr Beausoleil 06.svg
Clocher beausoleil.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏
(département) アルプ=マリティーム県
(arrondissement) ニース郡
小郡 (canton) ボーソレイユ小郡
INSEEコード 06012
郵便番号 06240
市長任期 ジェラール・スピネリ
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) Communauté d'agglomération de la Riviera française
人口動態
人口 13,879人
2007年
人口密度 4 975人/km²
住民の呼称 Beausoleillois
地理
座標 北緯43度44分33秒 東経7度25分28秒 / 北緯43.7425度 東経7.42444444444度 / 43.7425; 7.42444444444座標: 北緯43度44分33秒 東経7度25分28秒 / 北緯43.7425度 東経7.42444444444度 / 43.7425; 7.42444444444
標高 平均:m
最低:40 m
最高:621 m
面積 2,79km² (279ha)
Beausoleilの位置
Beausoleil
公式サイト villedebeausoleil.fr
テンプレートを表示

ボーソレイユフランス語:Beausoleilオック語ニース方言:Bèusoulè)は、フランスプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏アルプ=マリティーム県コミューン

地理[編集]

モナコを見下ろす分水嶺の上に位置する。ボーソレイユの町は、テト・ド・シアン(fr、犬の頭)という岩山と、アジュル山(fr)に囲まれている。フランス領土内に位置する町であるが、モンテカルロとともに1つの都市圏を形成している。植生は地中海性で、ロンドンリリー(en)やトウダイグサ属の美しい群生地といった、まれな種類も見られる。

歴史[編集]

1904年、ラ・テュルビーから分離してコミューンとなった。新たな町はモンテカルロ・シュペリウール(Monte Carlo Supérieur)と呼ばれていたが、モナコからの抗議を受け、ボーソレイユという観光客向けの名のような名称が選ばれた。

コミューンの誕生は、対モナコ国境にあたるラ・テュルビー南部の発展と人口増加によって不可欠であった。当時、モナコ、特にモンテカルロは観光業の発展著しく、そして周囲のコミューン住民や近接するイタリアから建設業に従事するため多くの移住者が流入していた。

初代ボーソレイユ市長で、ボーソレイユ創設者とも呼ばれるカミーユ・ブラン(モンテカルロのカジノ経営者。精神分析学者マリー・ボナパルトの伯父)は、コミューンを象徴する人物であった。

モナコの都市化はボーソレイユにも伝播した。町には今も当時の美しい思い出が残っている。歴史的建造物に分類されるものに、ベル・エポック様式のリヴィエラ宮殿がある。リヴィエラ宮殿のガラス屋根やボーソレイユ市場のようないくつかの建物は、エッフェル計画に現在割り当てられている。

コミューンの歴史は、クレマイェール(1893年から丘陵をラ・テュルビーへ向かい登っていたラック式鉄道)の恐ろしい事件で際立っている。機械系統の事故により、車両が出発点へ向かって降下し始め、数名の死者が出た。この鉄道は1932年に廃止された。

姉妹都市[編集]