パリ条約 (1947年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パリ条約(パリじょうやく、英語:Paris Peace Treaties)は、第二次世界大戦平和条約のひとつで、1947年2月10日に締結。旧枢軸国イタリアルーマニアフィンランドブルガリアハンガリーの各国ごとに連合国21か国と結ばれた一連の条約を指す。

概要[編集]

以下の旧各枢軸国ごとに平和条約がつくられており、同日に調印がなされた。

5国がそれぞれ軍備制限を受け賠償金を課された(下記「賠償金」参照)。

ほか、

また大戦中にこれらの国の間で占拠が繰り返された土地についても、その帰属を確定した。

賠償金[編集]

旧枢軸国は、以下の賠償金の支払いに合意した(いずれも1938年価格)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]