ドイツ最終規定条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツ最終規定条約
署名 1990年9月12日(モスクワ
効力発生 1991年3月15日
主な内容 東西ドイツの統一合意を受けて、ドイツと仏英米蘇4か国との間の関係を定める
テンプレートを表示

ドイツ最終規定条約(ドイツさいしゅうきていじょうやく、Vertrag über die abschließende Regelung in bezug auf Deutschland)は、第二次世界大戦の連合国のうちドイツ占領4か国(フランスイギリスアメリカ合衆国ソビエト連邦)と東西統一直前の西ドイツ東ドイツとの間で、1990年9月12日に調印、1991年3月15日に発効した条約。連合国と連合国に無条件降伏したナチス・ドイツ(本来の国際法人格的なドイツ)との間には停戦協定や平和条約と言い得るものが存在しないままであったため、東西冷戦終結後にそれらに代わるものとして連合国および東西ドイツの代表者の間で締結された条約である。

歴史[編集]

1945年5月8日第二次世界大戦ドイツ軍が無条件降伏すると、ベルリン宣言によってドイツの中央政府は存在しないと宣言された。その後ドイツの東西分断および東西冷戦により、ナチス・ドイツから潜在主権を継承していると言える国際法人格的なドイツは45年間存在し得なかった。したがって、この本来のドイツに対しての包括的な停戦協定平和条約も締結されていないままであった。

1985年、ソ連共産党書記長に就任したゴルバチョフ新思考外交(冷戦の緊張緩和)・「シナトラ・ドクトリン」(ソ連の東欧圏に対する指導制放棄)・ペレストロイカ(再構築)・グラスノスチ(情報公開)等により、東欧圏での民主化運動がゴルバチョフのソ連に後押しされているような結果となり、東西ドイツにおいても東西分断が本格的に終了し始め、1989年11月9日にはベルリンの壁の崩壊が始まる。1990年には東西ドイツの統一が確実視される状態に至り、実際、同年7月1日には東ドイツに西ドイツマルクが導入され、同年8月31日には東西ドイツの間でドイツ再統一条約が調印された。

この来たるべき東西ドイツの統一は、ナチス・ドイツから潜在主権を継承していると言える本来のドイツの復活(「ドイツ再統一」)を意味することになるため、ドイツ再統一直前の1990年9月12日、この来たるべきドイツ再統一を前提としたドイツ最終規定条約が、第二次世界大戦の連合国の主要4か国米英仏ソおよび東西ドイツの代表者により、連合国と本来のドイツとの停戦協定かつ平和条約として初めて署名された。条約はしばしば「2プラス4条約」(ドイツ語:Zwei-plus-Vier-Vertrag)と呼ばれ、同年10月3日発効のドイツ再統一を国際的に確実にするためのものであった。

この条約の合意により、4か国はベルリンを含めて、ドイツにおいて保持してきた全ての権利を放棄した。その結果、1991年3月15日、再統一ドイツは東西ドイツ分裂時代には持ち得なかった完全主権を回復することになった。ドイツ駐留ソ連軍は、1994年末までにドイツから撤退した。再統一ドイツは、その統合された軍事力を37万人以下(内、陸軍および空軍は34万5千人以下)に削減することに合意した。再統一ドイツはまた、核兵器・生物兵器・化学兵器の所有・管理・製造を放棄し、とりわけ核拡散防止条約が再統一ドイツにも継続して適用されることを再確認した。そして、旧東ドイツ地区における外国軍の駐留、核兵器の配備および運搬が禁じられ、非核地帯とされた。

この条約の最も重要な合意事項と考えられる点は、第二次世界大戦後にポーランド領とされた東プロイセンシュレジエンなど(東プロイセン北部はソ連がカリーニングラード州として併合)のオーデル・ナイセ線以東における領土請求権を再統一ドイツが完全放棄したことであった。再統一ドイツはこうして1945年以降に強いられていた領土変更をそのまま受け入れた(以下、オーデル・ナイセ線以東の旧ドイツ領を参照)。

この条約は、連合国の主要4か国および2つのドイツによって1990年9月12日に調印され、第9条・第10条(Article 9,10)により、再統一ドイツにより批准されたものが4か国で批准ないし受諾し終わった1991年3月15日に発効した。

なお再統一ドイツは、1990年11月14日、再統一ドイツ(1990年10月3日~)として東の国境線を再確認するためのポーランドとの国境条約にも調印し、1992年1月16日、双方の批准書交換をもって発効させている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]