欧州戦線における終戦 (第二次世界大戦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
群集にVサインを掲げるチャーチル首相(ロンドン、1945年5月8日)

この項目では第二次世界大戦欧州戦線における終戦を記述する。

イタリアの終戦[編集]

ドイツの降伏を発表モントリオールデイリースターのフロントページ。 1945年5月7日

1945年4月にイタリアの戦いは最終局面を迎え、各地にパルチザンが蜂起するなど、ドイツ傀儡政権イタリア社会共和国はほぼ崩壊状態にあった。共和ファシスト党総書記長アレッサンドロ・パボリーニ(en)はテリナ渓谷北側のソンドリオに拠点を移して要塞線を築き(バルテル・ライン)、あくまで抵抗する事を提案したが、すでにテリナ渓谷はパルチザンの手に落ちていた上に、軍も消極的であった[1]ベニト・ムッソリーニはイタリア本位の解決を目指すとして、4月16日に政府機能をサロからミラノに移すと発表した。ドイツの大使ルドルフ・ラーンde)は制止したが、ドイツの影響下から逃れようとするムッソリーニは聞き入れず、4月18日にミラノに移った[2]。一方でドイツの親衛隊及び警察高級指導者カール・ヴォルフ親衛隊大将は、駐イタリアドイツ軍、すなわちC軍集団を降伏させるべくアメリカの情報機関OSSスイス支局長アレン・ウェルシュ・ダレスと連絡を取っていたが、交渉は停滞していた(クロスワード作戦またはサンライズ作戦(en))。

4月23日に連合軍がポー川を突破し、勢いづいたパルチザン組織北イタリア国民解放委員会(CLANI)は、ミラノのアルフレード・シュスターen枢機卿に、4月25日までにドイツ軍の降伏がない限り全土で武装蜂起を行うと通告した[3]。4月25日にはCLANIの代表とムッソリーニら政府の代表が枢機卿館で会談し、CLANI側は2時間後の即時降伏を要求した。連合軍もミラノに迫っていたため、ムッソリーニらは回答期限を迎える前にスイス国境に近いコモを目指して逃走した[4]。コモに到着したムッソリーニはスイスへの亡命を希望し町長を通じて連合軍に伝えたが、ダレスはヴォルフ親衛隊大将のみ連行するよう伝えた[5]。コモからスイスへの道もすでにパルチザンの手に落ちており、進退窮まったムッソリーニは4月27日にドイツ大使ラーンがいるメラーノに向かって出発したが、パルチザンによってコモ湖付近で捕らえられた。ムッソリーニらは4月28日に即決裁判によって処刑され、国防相ロドルフォ・グラッツィアーニ元帥と空軍総司令官ボノミ大将もコモで降伏し、社会共和国は消滅した。

ミラノのC軍集団司令部は連合軍との降伏交渉を再開し、4月29日に5月2日正午(グリニッジ標準時)を期限とする降伏が合意された[6]西部軍集団司令官アルベルト・ケッセルリンク元帥は独断で降伏を決めたとしてC軍集団司令官ハインリヒ・フォン・フィーティングホフ大将を罷免し、G軍集団司令官フリードリヒ・シュルツen)大将を新司令官に任命した。しかしC軍集団参謀長ハンス・レッティガー大将はシュルツ大将を軟禁し、C軍集団指揮下の第10軍第14軍に停戦を命令した。しかし両軍司令官が強硬手段に反対したため、レッティガー大将はシュルツ大将を解放して説得する方針に切り替えた。シュルツ大将はドイツ新政府の抗戦方針を聞いていたため降伏に慎重であったが、 連合軍本部en)のハロルド・アレクサンダーen)元帥から、C軍集団が合意どおり降伏するか、一時間以内に回答を求める通告が行われた。これを受けて第10軍と第14軍は独断で降伏し、5月2日午前4時30分にはヴォルフ親衛隊大将の説得を受けたケッセルリンク元帥もC軍集団の降伏に同意した[7]。5月4日には正式にC軍集団の降伏が行われ、イタリアの戦いは終結した。

ドイツの降伏[編集]

カルルスホルストで調印されたドイツ軍の降伏文書。
カルルスホルストの調印式に参加したドイツ軍の司令官。

ベルリンの戦いの末期に当たる、1945年4月30日ナチス・ドイツ総統アドルフ・ヒトラー総統地下壕で自殺した(アドルフ・ヒトラーの死)。海軍総司令官カール・デーニッツ元帥が大統領に指名され、新たな政府を組織した(フレンスブルク政府)。デーニッツは連合軍への降伏は不可避であると考えていたが、できるだけソ連軍ではなく米英軍に将兵を降伏させたいと考えていた。このためデーニッツは各軍の降伏タイミングを熟考していた。5月2日にはC軍集団の降伏を決断したケッセルリンク元帥が、E軍集団とG軍集団の降伏をデーニッツに求めたが、ソ連軍に近いとして降伏を拒絶している[7]

一方で各軍の降伏は相次ぎ、5月2日にはヴァイクセル軍集団指揮下の第3装甲軍第21軍、5月3日には第12軍が降伏した。これを受けてデーニッツもG軍集団を降伏させるようケッセルリンクに伝えた。

5月4日は「西部戦線降伏の日」となり、ハンス=ゲオルク・フォン・フリーデブルク海軍大将がオランダデンマーク・北ドイツの全艦艇が無条件降伏し、5月5日午前8時(英国夏時間)に停戦する文書に調印した。この際フリーデブルク大将と会見した連合軍のバーナード・モントゴメリー元帥はソ連軍戦線内のドイツ軍将兵が米英軍に投降する事は認めないが、投降してきた捕虜をソ連に引き渡す事はないと告げた。デーニッツはこれを米英軍が対ソ連のためにドイツ軍を必要としている証拠だと考えた[8]。そして米英軍に対し、ドイツ軍の全面降伏が困難なので個別降伏が可能になるよう交渉した。

5月5日にはG軍集団が正式に降伏したが、連合軍参謀長ウォルター・ベデル・スミス中将は個別降伏を拒否し、一括降伏を求めた。5月6日、デーニッツはドイツ国防軍最高司令部作戦部長アルフレート・ヨードル大将をフランスシャンパーニュ地方のランスにあった連合国遠征軍総司令部  (Supreme Headquarters Allied Expeditionary Force, SHAEFに派遣し、ドイツ軍将兵を米英軍戦線に降伏させるための交渉に当たらせた。「もっともタフな折衝家」と論評されるヨードルの交渉の結果、スミスはドイツ側へ48時間の猶予を与えることに合意した[9]

降伏[編集]

5月7日0時15分、ヨードルの連絡を受けたデーニッツはドイツ軍全軍の降伏を決意し、ドイツ国防軍最高司令部長官ヴィルヘルム・カイテル元帥名でヨードルに降伏文書調印の権限を与えた。また同時に西部軍集団とその指揮下にある中部軍集団南部軍集団、E軍集団に対して西への脱出を命令した[10]

中央ヨーロッパ時間午前1時41分(英国夏時間午前2時41分)、連合国軍司令官ドワイト・D・アイゼンハワー元帥とヨードル大将は無条件降伏文書に調印した。文書での停戦発効時間は中央ヨーロッパ時間5月8日23時01分となっていた。文書にはソ連軍代表のイワン・ススロパロフen:Ivan Susloparov)大将が証人として署名している。正式な降伏文書調印はここで成立した[11]イギリスは当時英国夏時間をとっていたため、停戦時間は5月9日0時01分にあたる。

しかし連合国側は第一次世界大戦の講和がドイツ国民に受け入れられず、「背後の一突き」伝説を生み出してナチ党の台頭を招いたことを繰り返す可能性を感じていた。このため連合国は戦場での降伏文書だけでは足らず、批准文書が必要であると考えた。この調印を行う人物は陸海空軍三軍の最高指揮権を持つ人物、ドイツ国防軍最高司令部長官カイテル元帥でなければならないと考えられていた[12]。ソ連側は調印式にアイゼンハワー元帥の参加を要請したが、アイゼンハワーは代理として副司令官でイギリスのアーサー・テッダーen)元帥を派遣した。

降伏文書の批准[編集]

5月8日ベルリン市内のカルルスホルスト (Karlshorstにおかれた赤軍司令部(ドイツの工兵学校兵舎を利用した)に、カイテル元帥らドイツ代表が到着した。調印式は同日正午すぎに予定されていたが、夜半までずれ込んだ。これは調印文書をロシア語訳するのに時間がかかったという技術的理由があったからという説[13]と、連合軍側証人として参加する予定だったフランスジャン・ド・ラトルen:Jean de Lattre de Tassigny)大将が、正式代表として調印に参加する事を要求したためであったという説[14]がある。後者の説では証人の署名欄を代表のすぐ下にして準代表としての形を整える事でド・ラトルも承諾したとされる。

停戦時間を過ぎた午後11時から、赤軍ゲオルギー・ジューコフ元帥とテッダー元帥、そしてドイツ国防軍のヴィルヘルム・カイテル元帥が降伏文書に調印した。連合軍側証人としてはド・ラトル将軍のほか、アメリカのカール・スパーツ准将が副署している。調印時間はベルリン時間5月9日午前0時15分、西ヨーロッパ夏時間では5月8日午後11時15分、モスクワ夏時間では5月9日午前2時15分であった[15]ロシアをはじめウクライナベラルーシなど旧ソ連諸国では5月9日が対独戦勝記念日となっている。(詳細は戦勝記念日 (ソビエト連邦) (ru:День ПобедыVictory Day (9 May)を参照)。

戦争状態の終結[編集]

6月5日には連合国軍によってベルリン宣言が発令され、ドイツの中央政府消滅と米英仏ソ四国による主権掌握が発表された。しかし1948年に西側連合国占領区域ではドイツ連邦共和国(西ドイツ)ソ連占領地域ではドイツ民主共和国(東ドイツ)が発足した。その後1951年7月9日と7月13日にはイギリスとフランスが、10月24日にはアメリカがドイツとの戦争状態終結を宣言した[16]。1955年1月25日にはソ連がドイツとの戦争状態終結を宣言している。また1955年5月5日のパリ条約発効により、西ドイツは主権を回復した。

その他各地の終戦[編集]

5月4日にはフリーデブルク大将の降伏交渉後に、オランダベルギーに展開していたヨハネス・ブラスコヴィッツH軍集団司令官が降伏した[17]

5月7日にはノルウェー駐留の第20山岳軍司令官フランツ・ベーメ大将が降伏した。5月8日、ドイツの降伏が批准されると、チャンネル諸島など各地のドイツ軍も降伏した。5月13日、ソ連軍はすべての進撃を停止した。5月23日にはデーニッツらフレンスブルク政府の閣僚が逮捕され、政府は消滅した。

チェコ[編集]

5月5日にはプラハプラハ蜂起en:Prague uprising)が発生し、ドイツ軍との間で戦闘が始まった。翌日にはソ連軍も到着しプラハの戦いが始まった。5月7日にはザクセン大管区指導者マルティン・ムッチュマンen:Martin Mutschmann)、5月9日に中央軍集団司令官フェルディナント・シェルナー元帥が逃亡し、チェコ付近の指揮系統が崩壊した[18]。同日、ソ連軍はプラハを占領したが、一部の残存兵は5月11日まで戦闘を続けた。

最後の戦闘[編集]

5月14日、スロベニアのポリャーナ(en:Poljana, Prevalje)付近でユーゴスラビアパルチザンとドイツ国防軍・クロアチア独立国軍・スロベニア郷土防衛軍en:Slovene Home Guard)・モンテネグロ人民軍en)の間で戦闘が起こった(ポリャーナの戦いen:Battle of Poljana))。5月15日にドイツ軍らは降伏し、戦闘は終結した。

4月5日、オランダのテッセル島でドイツ軍に所属していたグルジア人兵士が反乱を起こした。この島でのグルジア人とドイツ軍の戦闘はドイツ降伏後も続き、5月20日にカナダ軍が到着するまで継続した。この戦闘はしばしば「ヨーロッパの最後の戦場」と呼ばれている。

ノルウェーのスヴァールバル諸島北東島には、1944年9月のハウデーゲン作戦en:Operation Haudegen)によって複数のドイツ軍兵士が上陸し、気象観測所を運営していた。かれらが降伏したのは9月4日のことだった。ただし降伏した相手はアザラシ狩りの漁船であり、この降伏の際に戦闘は起きていない。

平和条約[編集]

ドイツ以外の枢軸国(イタリアルーマニアフィンランドブルガリアハンガリー)と連合国は、1947年2月10日に平和条約としてパリ条約を締結した。

ドイツに関しては、戦争状態の終結はなされたが、長らく平和条約は結ばれなかった。平和条約に相当するものとしてドイツ再統一に関する統一条約が調印された後の1990年9月12日にドイツ最終規定条約が調印された。1991年3月15日に発効している。

脚注[編集]

  1. ^ 児島(1993:219-220)
  2. ^ 児島(1993:222-223)
  3. ^ 児島(1993:337)
  4. ^ 児島(1993:337-340)
  5. ^ 児島(1993:369-371)
  6. ^ 児島(1993:425)
  7. ^ a b 児島(1993:486)
  8. ^ 児島(1993:489)
  9. ^ 児島(1993:493-494)
  10. ^ 児島(1993:495)
  11. ^ 児島(1993:496-497)
  12. ^ 井上(2006:241-242)
  13. ^ 井上(2006:242)
  14. ^ 児島(1993:497)
  15. ^ 井上(2006:242)。児島襄「ヒトラーの戦い」では11時30分となっている。児島(1993:499)
  16. ^ 小森義峯、2006年、142p
  17. ^ Ron Goldstein Field Marshal Keitel's surrender BBC additional comment by Peter - WW2 Site Helper
  18. ^ Page 228, "The Decline and Fall of Nazi Germany and Imperial Japan", Hans Dollinger, Library of Congress Catalogue Card Number 67-27047

参考文献[編集]

関連項目[編集]