第3装甲軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第3装甲軍
Bundesarchiv Bild 101I-268-0185-03A, Russland, Panzerkolonne.jpg
東部戦線で作戦行動中の所属部隊
創設 1942年1月1日
廃止 1945年5月8日
所属政体 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
所属組織 ドイツ国防軍陸軍
部隊編制単位
担当地域 東部戦線
主な戦歴 独ソ戦
テンプレートを表示

第3装甲軍3.Panzerarmee)は第二次世界大戦中のドイツ陸軍の装甲部隊である。

歴史[編集]

第3装甲軍の前身、第3装甲集団は1940年11月16日に編成され、1942年1月1日に第3装甲軍と改称された。第3装甲軍は編成後、1942年から1942年後半にかけて中央軍集団に所属してモスクワの戦いに参加した。ソビエト赤軍の反撃が開始されると、第3装甲軍は包囲されつつあったため、包囲を突破するために激戦を交わした。第3装甲軍はリトアニアクールラントを経由して撤退、1944年後半にはメーメル(現在のクライペダ)で戦った。

1945年2月、ヴァイクセル軍集団が編成されると、第3装甲軍はその所属となった。1945年3月10日、第3装甲軍がゼーロウ高地に布陣していたとき、ハッソ・フォン・マントイフェル装甲大将が司令官に任命され、オーデル川を防衛することとなったが、ソビエト赤軍の西ポメラニア、ベルリンへの進撃を防衛した。第3装甲軍はベルリンの戦いの間、ソビエト第2白ロシア方面軍(司令官コンスタンチン・ロコソフスキー)の直撃を受けた。4月25日、ソビエト第2白ロシア方面軍はシュテッティン橋頭堡南部で第3装甲軍の防衛線を突破、ランドウ湿地を横切った。

その後、マントイフェルはソビエト赤軍に降伏することを回避するために1945年5月3日、メクレンブルクへ撤退、連合国軍へ降伏することに成功した。

司令官[編集]

戦闘序列[編集]

第3装甲集団

  • 1941年6月27日
第57軍団
第12装甲師団
第19装甲師団
第18歩兵師団
第39軍団
第7装甲師団
第20装甲師団
第20自動車化歩兵師団
第14自動車化歩兵師団
  • 1941年10月
第39軍団
第7装甲師団
第20装甲師団
第20自動車化歩兵師団
第14自動車化歩兵師団
第57軍団
第12装甲師団
第19装甲師団
第18歩兵師団
第5軍団
第5歩兵師団
第35歩兵師団
第6軍団
第6歩兵師団
第26歩兵師団
第41軍団
第1装甲師団
第36歩兵師団
第56軍団
第6装甲師団
第7装甲師団

第3装甲軍

  • 1942年1月2日
39軍団
第2装甲師団
第1装甲師団
第36自動車化歩兵師団
第56軍団
第14自動車化歩兵師団+第900教導旅団
第7装甲師団
  • 1942年4月22日
第59軍団
第330歩兵師団
第328歩兵師団(1/3)
第205歩兵師団
第83歩兵師団(2/3)
第218歩兵師団(1/3)
軍直属
第83歩兵師団(1/3)
第218歩兵師団

文献[編集]