第19軍 (ドイツ軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第19軍
創設 1943年8月13日
廃止 1945年5月8日
所属政体 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
所属組織 ドイツ国防軍陸軍
部隊編制単位
担当地域 西部戦線
主な戦歴 西部戦線
テンプレートを表示

第19軍 (ドイツ軍)Deutsche 19. Armee)は第二次世界大戦時のドイツ軍の部隊である。

歴史[編集]

1943年、第19軍はナチス・ドイツ占領下のフランス南部でフェルバー戦闘団(Armeegruppe Felber、第LXXXIII軍団)を主幹として編成され、連合軍によるフランス南部上陸を防ぐことを主任務に、ヴォージュ山脈アルザスバーデン、ヴュルテンベルク(Württemberg)の防衛を担当した。第19軍は1945年1月から2月にかけて、コルマールの戦いで撃破された。

1945年前半、ドイツ第19軍の所属部隊は国民突撃兵と急遽仕立て上げられた部隊のみで、対する連合軍のフランス第1軍からの攻撃を防ぐのは不可能であった。フランス軍の装甲部隊の攻撃のために、第19軍はバーデン、シュヴァルツヴァルト、ヴュルテンベルクで分散され、1945年4月、シュトゥットガルト、ミュンジンゲン( Münsingen)撃破された第19軍の残存兵は1945年5月8日、降伏した。正式な降伏はアメリカ第VI軍団司令官エドワード・H・ブルックス(Edward H. Brooks)少将が受け入れた。

司令官[編集]

着任 離任 階級(当時) 氏名
1943年8月13日 1944年6月 歩兵大将 ゲオルク・フォン・ゾーデンシュテルン
de:Georg von Sodenstern
1944年6月 1944年12月 歩兵大将 フリードリッヒ・ヴィーゼ
de:Friederich Wiese
1944年12月 1945年2月 歩兵大将 ジークフリート・ラスプ
de:Siegfried Rasp
1945年2月 1945年2月 歩兵大将 ヘルマン・フェルチュ
de:Hermann Foertsch
1945年2月 1945年3月 歩兵大将 ハンス・フォン・オープストフェルダー
1945年3月 1945年5月 装甲兵大将 エーリッヒ・ブランデンベルガー

文献[編集]

  • Tessin, Georg (1976). "Verbände und Truppen der deutschen Wehrmacht und Waffen-SS im Zweiten Weltkrieg 1939-1945" (Volume IV), Biblio Verlag, Osnabrück. ISBN 3-7648-1083-1.