南方軍集団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

南方軍集団(なんぽうぐんしゅうだん、ドイツ語Heeresgruppe Süd)とは、第二次世界大戦中のナチス・ドイツ東部戦線における陸軍の一軍集団をさす名称である。

ポーランド侵攻[編集]

ドイツは1939年のポーランド侵攻に北方軍集団と南方軍集団の2つの軍集団を用いた。この戦役において南方軍集団はゲルト・フォン・ルントシュテットと参謀長エーリッヒ・フォン・マンシュタインにより指揮された。

東部戦線[編集]

南方軍集団はバルバロッサ作戦のために編成されたドイツ軍の3つの軍集団のうちの一つである。

南方軍集団の主要目的はウクライナとその首都キエフの奪取であった。ウクライナはソ連の工業と鉱業の主要な中心であり、ヒットラーの生存圏計画に必要な良質な農地を有していた。南方軍集団はボルガ河まで進出し、その後赤軍の一部を排除し北方軍集団中央軍集団レニングラードモスクワそれぞれへの進路を確保する予定であった。

これらの初期の目的を達成するために、南方軍集団の戦闘序列には第1装甲軍とドイツ第6軍第17軍そして第11軍ルーマニア第3軍および第4軍が含まれていた。

ブラウ作戦の準備としての1942年の南ロシアとコーカサスでの戦役では、南方軍集団はA軍集団とB軍集団の2つの軍集団に分割された。

  • 1943年2月14日にドン軍集団と既存のB軍集団は統合され、南方軍集団と改称された。
  • 1944年4月4日に南方軍集団は北ウクライナ軍集団と改称された。北ウクライナ軍集団は4月28日まで存在した。
  • 1944年9月に南ウクライナ軍集団が南方軍集団と改称された。

歴代司令官[編集]

構成ユニット[編集]

年月 構成ユニット
1939年9月 第8軍第10軍第14軍
1939年10月 北方・中央・南方軍集団に再編
1941年6月 第6軍第1装甲軍第17軍第11軍
1942年2月 第2軍第6軍クライスト装甲集団第11軍
1942年6月 第2軍第6軍第1装甲軍第17軍ヴィータースハイム軍集団第11軍
1942年7月 ヴァイクス装甲集団第6軍第1装甲軍第17軍ヴィータースハイム軍集団第11軍
1943年3月 ケンプ軍支隊第4装甲軍第1装甲軍ホリト軍支隊
1943年4月 ケンプ軍支隊第6軍第1装甲軍第4装甲軍
1943年9月 第4装甲軍第8軍第1装甲軍第6軍
1943年10月 第4装甲軍第8軍第1装甲軍
1943年11月 第4装甲軍第8軍第1装甲軍、Wehrmachts-Befehlshaber Ukraine
1944年1月 第4装甲軍第8軍第6軍第1装甲軍、 Wehrmachts-Befehlshaber Ukraine
1944年2月 第4装甲軍第1装甲軍第8軍第6軍
1944年10月 ヴェーラー軍集団、第6軍、第3ハンガリー軍
1944年11月 ヴェーラー軍集団、フレッター・ピコ軍支隊、第2ハンガリー軍
1944年12月 ヴェーラー軍集団、第6軍、第3ハンガリー軍
1945年1月 バルク軍集団、第8軍第2装甲軍
1945年4月 第6軍第6装甲軍第6軍第2装甲軍

関連項目[編集]