E軍集団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

E軍集団 (ドイツ語: Heeresgruppe E)は第二次世界大戦時のドイツ国防軍軍集団

1943年1月1日に第12軍から編成され、アルバニアギリシャセルビア軍政地英語版クロアチア独立国など東地中海全域に配備されていた。

戦闘序列[編集]

主要部隊[1]

活動[編集]

主にギリシャ・ユーゴスラビア地域でのパルチザン鎮圧活動に参加していた。活動の中にはカラブリタの虐殺英語版ディストモの虐殺英語版などの残虐行為が含まれているほか、1943年9月のイタリア軍武装解除時には5,000名のイタリア人捕虜を虐殺するアックイ師団虐殺英語版などが行われている。同時に、軍集団はイタリア占領下であったドデカネス諸島におけるドデカネス諸島の戦いイギリス軍を撃退している。

1945年春のドイツ軍のバルカン半島撤退時にはハンガリーに戻り、幾つかの部隊はオーストリアやドイツ南部に配置された。1945年の撤退の間、要塞にいた部隊はLXXXXI軍団に合流した。

E軍集団はマクシミリアン・フォン・ヴァイクスのF軍集団の残存部隊と合流し、F軍集団は1945年3月25日に解散した。

E軍集団の参加者では、軍政下のテッサロニキで登用され、後のオーストリア大統領国際連合事務総長となるクルト・ヴァルトハイムが有名である。

司令官[編集]

[編集]

  1. ^ p.24, Thomas
  2. ^ D 3, Hogg

出展[編集]

  • Hogg, Ian V., German Order of Battle 1944: The regiments, formations and units of the German ground forces, Arms and Armour Press, London, 1975
  • Thomas, Nigel, (Author), Andrew, Stephen, (Illustrator), The German Army 1939-45 (2) : North Africa & Balkans (Men-At-Arms Series, 316), Osprey Publishing, 1998 ISBN 978-1-85532-640-8

関連項目[編集]