北東島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北東島の位置
北東島の拡大図

北東島(ほくとうとう、ノールアウストランネ島ノルウェー語: Nordaustlandet)は、ノルウェースヴァールバル諸島で2番目に大きな。その名のとおり、スヴァールバル諸島の北東に位置する。面積14,443 km²の無人島

歴史[編集]

1617年イギリスのセイウチ猟師らが島南部の岬を観察しており、1625年のMuscovy Company's mapにSir Thomas Smyth's Ilandとして示されている。 オランダの地図では、1662年にOostlandt(「東の土地」の意)として示され、1710年の地図には正確な海岸線と共にHet Noord Ooster Land(「北東の土地」の意)という名が示されている。第二次世界大戦末期にドイツ海軍の気象観測隊が宿営し(Haudegen作戦)、連絡が取れなくなったまま観測を続け1945年9月4日になって救出された。

地理[編集]

景観

急峻な地形が特徴的なスピッツベルゲン島とは対照的に、全体的に緩やかな地形である。標高400mに満たない場所が多く、最高点はSnøtoppen(標高764m)。

島にはAustfonnaVestfonnaSørfonnaと呼ばれる3つの氷帽(50,000km³以下の氷塊)があり、島の面積の8割を覆っている。特にAustfonnaヨーロッパで2番目に大きい氷帽である(最大のものはアイスランドヴァトナヨークトル氷河)。

氷が無い一部の地域はツンドラであるが植生は非常に乏しい。岩の表面を地衣類が覆い、所々に草花が生えている。トナカイホッキョクギツネトナカイなどが生息しており、海岸にはセイウチがいる。

全島が北東スヴァールバル自然保護区(Nordaust-Svalbard naturreservat)に指定されており、立ち入りには総督府の許可が必要。建設・採掘などは禁じられている。

地域[編集]

主に学術的な目的のために、Austfonnaが覆っている南東部以外を4つの地域に分けている。

Gustav V Land
北西部。Vestfonnaがある。スウェーデン王グスタフ5世にちなむ。
Gustav Adolf Land
南西部。グスタフ6世アドルフにちなむ。
Prins Oscars Land
北部。王子オスカル、つまりのちのオスカル2世にちなむ。
Orvin Land
東部北岸。地質学者Anders Kristian Orvinにちなむ。

外部リンク[編集]

Northern-Europe-map-extended.png この「北東島」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ