コモ湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コモ湖

コモ湖

コモ湖の位置
コモ湖
コモ湖の位置(ロンバルディア州)
所在地 イタリアの旗 イタリア
ロンバルディア州
位置 北緯46度00分 東経9度16分 / 北緯46.000度 東経9.267度 / 46.000; 9.267座標: 北緯46度00分 東経9度16分 / 北緯46.000度 東経9.267度 / 46.000; 9.267
面積 146 km2
最大水深 425 m
平均水深 154 m
貯水量 22.5 km3
水面の標高 198 m
淡水・汽水 淡水
テンプレートを表示

コモ湖(コモこ、イタリア語: Lago di Como)は、イタリア北部のロンバルディア州にある

イタリアで3番目に広い湖である。逆Y字形の形状を持ち、南東端にレッコ、南西端にコモの都市がある。

名称[編集]

ラーリオ湖Lario)とも呼ばれる。湖の東南部分はレッコ湖とも呼ばれる。

地理[編集]

ヴァルテッリーナ渓谷を流れてきたアッダ川からの流れを主にしている。レッコ湖の部分から再びアッダ川が流れ出ている。

ローマ帝国の皇帝ユリウス・カエサルが保養のために訪れたと言われている。現代でもヨーロッパきっての避暑地として知られ、湖畔にはヨーロッパの各王室や富豪等が建てた豪奢な別荘が立ち並んでいる。湖のほぼ中央に位置する半島にはベッラージョと呼ばれる村があり、湖畔には多くのホテルが軒を連ねている。G.H. VILLA SERBELLONIという5つ星の最高級ホテルも存在する。

近年では、中近東からイタリアに密入国した者がスイスへ密出国するための中継地になっているようである。

周辺の地図


コモ市から見たコモ湖
バッロ山から見たレッコとコモ湖

関連項目[編集]