ナブー (スター・ウォーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
映画スター・ウォーズ エピソード2でアナキン達が惑星ナブーに着いた直後のシーンの撮影はこのスペイン広場で行われた[1]

ナブーNaboo)は、映画『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空惑星である。

概要[編集]

銀河共和国パドメ・アミダラ元老院議員や、パルパティーン元老院議長の出身惑星。また、ジャー・ジャー・ビンクスに代表されるグンガン族の故郷でもある。

気候は温暖で草原と湖沼の多い美しい惑星である。湿地帯が多く、その牧草地では巨大なカピバラを思わせる、食肉用のシャクと呼ばれる丸々と太った家畜が飼育されている。

惑星内部にマグマはなく、惑星の核は硬い冷えた岩石で構成されている。その中心部にすら水を満たしたトンネルが何本も通っており、サンド・アクア・モンスター等の巨大な水生生物の生息する場所となっている。この巨大な水生生物の中にはかなり気性の荒い危険なものも少なくない事から、グンガン族の優れた水中交通技術をもってしても調査は進んでおらず、トンネルの全容は不明である。

一つの惑星に全く異なる2つの文明が平行して存在するという珍しい社会構造であり、後から入植してきた陸棲人と先住者の水棲人は、当初特にお互いに干渉しようとはしなかった。この星の豊かな自然は、全く異なる2つの文明に恩恵を与えてなお、その姿を保っていた。

しかしナブーの戦いの際にクワイ=ガン・ジンらを仲介としてコンタクトに成功、協力して通商連合を撃退した事から交友が生まれ、平和共存の道が双方合意の上で進められていくことになる。

政治・文化[編集]

人間[編集]

国家体制としては王が政治を担う君主制だが、世襲ではなく民間から王を選出している実質共和制の民主主義国家である。王は任期を勤め上げた後に、新王のアドバイザー的な立場になるようだ。

銀河の中心から34,000光年離れたアウター・リムとの境にあり、3つの小さな衛星を持っている。この衛星にあるスパイス鉱山によって財政は潤っており、人口は少ないながらも洗練された文明で、自然との調和を図っている。また衛星の1つであるオマー=ダンにはグンガンと人間によって入植が行われたが、クローン大戦中に独立星系連合毒ガス攻撃を受け多くの住民が殺された。

首都シードTheed)にある。

グンガン族[編集]

惑星の至る所にある沼は水中のトンネルで複雑に連結しあっており、そこにはグンガン族が住んでいる。その社会体制の中心地にはオート・グンガOtoh Gunga オータ・グンガとも)などグンガン族の水中都市がある。かつてグンガン族は地上にも生活しており、その遺跡が地上にも残されている。ただナブーは手付かずの自然が多く、また調査が広範囲にわたって行われていなかったため、従来この遺跡は、既に滅んだ文明の物とみなされていたようだ。

その他[編集]

なお日本語字幕版、および日本語吹き替え版オープニングでは「the small planet of Naboo」を「小惑星ナブー」と訳しているが、これは完全に翻訳者の誤訳。正しくは「小さな惑星」。日本語での「小惑星」は英語のasteroidにあたり、惑星とはまったく別の物である。(のちにブルーレイ版で修正)

ロケーション[編集]

王宮のシーンはイタリアカゼルタ宮殿で、エピソード2に登場した湖畔のシーンはコモ湖で行われた。またエピソード2でアナキン達がナブーに着いた直後のシーンの撮影はスペイン広場 (セビリア)で行われた。

脚注[編集]

関連項目[編集]