共和ファシスト党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタリア王国の旗 イタリア王国の政党
共和ファシスト党
Partito Fascista Repubblicano
Eagle with fasces.svg
党首 ベニート・ムッソリーニ
成立年月日 1943年9月18日
解散年月日 1945年4月25日
解散理由 禁止
後継政党 なし
本部所在地 ミラノ
政治的思想・立場 ファシズム
コーポラティズム
サンディカリスム
機関紙 ポポロ・ディタリア(イタリア人民)
シンボル
テンプレートを表示

共和ファシスト党(きょうわファシストとう、イタリア語: Partito Fascista Repubblicano英語: Republican Fascist PartyPFR)は、1943年から1945年の間に存在したイタリア政党ナチス・ドイツに占領された中部および北イタリアベニート・ムッソリーニに率いられた。ファシスト党(PNF)の後継で、反王党派として設立され、連合国に降伏の署名をした以後の国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世を「不名誉な裏切り」とみなした。

概要[編集]

1943年9月12日のナチス・ドイツによるグラン・サッソ襲撃で解放されたムッソリーニは、9月18日に PNF を PFR として再生し、イタリア北部のドイツ軍支配地域のイタリア社会共和国サロ共和国)の一党制の政党とした。書記はアレッサンドロ・パヴォリーニ (en)であった。北イタリアはムッソリーニが初期に革命的サンディカリスムを推進した地域でもあり、政権獲得後にファシスト党に合流した王党派保守主義者が減少したこともあり、企業の国営化など社会主義政策が進められた。

1945年4月のムッソリーニの処刑とサロ共和国の消滅により PFR も消滅したが、そのメンバーの多くは戦後にイタリア社会運動を設立した。

党大会[編集]

関連項目[編集]