政治的スペクトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

政治的スペクトル:Political spectrum)とは、異なった政治的立場の分布をモデル化した方法の1つで、1つまたは複数の幾何学上の座標軸にそれらを配置することによって、個別の政治的な側面を明確にするものである。学者や視点によって多数の軸や分布図が存在する。

左翼と右翼[編集]

従来からの分布には左翼右翼があり、これは18世紀フランス革命後の国民議会の座席位置を由来とする。この最も単純な「左翼-右翼」の軸では、共産主義社会主義は通常は左に、ファシズム保守主義は反対に右に位置する。リベラリズムは異なった思想や内容を意味するため、時には左に、時には右に配置された。

文化と経済[編集]

政治的スペクトルを2軸で表現した例。ノーラン・チャートの1種。

しかし上記の単純な「左翼-右翼」軸だけでは、現実の多様な政治的信条を記述するには不十分なため、学者により他の軸を追加した。複数軸に使用できる一般的な対立軸の用語は色々あるが、文化的(政治的、個人的)な視点と経済的な視点が広く使われている。

左の図の例では、縦軸が個人的(政治的・文化的)な自由度で、横軸が経済的な自由度を表している。ここでは左翼(リベラル)は政治的な自由度が高いが経済的な自由度は低く、反対に右翼(保守主義、資本主義)は政治的な自由度は低いが経済的な自由度は高く、そして両方の自由度が高いのはリバタリアニズム、両方の自由度が低いのはポピュリズム全体主義)としている。

自由主義と全体主義[編集]

自由主義 アナキズム 社会自由主義 Conservative liberalism 社会民主主義 左翼 右翼 キリスト教民主主義 保守主義 ファシズム 共産主義 権威主義 Centrism
Hans Slompによるヨーロッパの政治的スペクトル[1]。各項目はクリック可能。

「左翼 - 右翼」軸に、「自由主義 - 全体主義」の軸を追加した図も、多くの学者により使われている。右の図の例では、上が自由主義(革新)、下が権威主義保守)である。

この視点では、一般には「極左と極右であり、対極の思想」とされる共産主義(特にスターリニズムマルクス・レーニン主義)とファシズムは、全体主義(政治的には中央集権国家主義、経済的には集産主義)の傾向が強いという側面では、共通している。同様に、一般には「極左」とされるアナキズムは、右翼的とも言われる新自由主義と自由主義の傾向が強いという側面では共通している。またアナキズムを社会的無政府主義個人主義的無政府主義の分類に大別した場合は、それぞれ「極左」と「右翼」に分かれる。

参照[編集]

  1. ^ Slomp, Hans (2000). European Politics Into the Twenty-First Century: Integration and Division. Westport: Praeger. ISBN 0275968146. 

関連項目[編集]