フランツ・ベーメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベーメ(1943年3月、ラップランド

フランツ・ベーメ(Franz Böhme, 1885年4月15日1947年5月29日)は、オーストリアおよびドイツ第三帝国軍人。最終階級はドイツ国防軍山岳兵大将。第二次世界大戦中はセルビア占領軍司令官などを務めた。


経歴[編集]

オーストリアのツェルトヴェク(シュタイアーマルク州)に生まれる。17歳の時に父が亡くなり、2年後に母も死去。オーストリア帝国軍の士官学校を卒業する。第一次世界大戦ではガリツィア戦線に従軍し、1917年はヴォルィーニクールラントデューナブルクを転戦。1917年から1918年はイゾンツォ戦線に従軍した。

1938年3月のナチス・ドイツによるオーストリア併合の直前、オーストリア連邦軍の少将で情報機関長を務めていたベーメは、1938年2月のベルヒテスガーデン合意ののち、抗戦を主張する参謀総長アルフレート・ヤンザde:Alfred Jansa)の後任に指名されて就任した。第二次世界大戦冒頭のポーランド侵攻にはドイツ国防軍の軍人として第32歩兵師団を率いて従軍。西方電撃戦でも同師団を率いた。

1941年9月、ドイツ軍占領下にあるセルビアの占領軍司令官に就任。アドルフ・ヒトラーはベーメに対し、厳しい手段を以てセルビアの治安を回復するよう命じた。ベーメは「全ての共産主義者、その疑いがある男性市民、全てのユダヤ人、一定数の民族主義および民主主義思想を持つ市民」を逮捕するよう指令した。またドイツ国防軍はドイツ兵の戦死者一人につき100人の、負傷者一人につき50人の市民を処刑することになっていた。この指令に基づき、国防軍はセルビア人、ユダヤ人、ロマを処刑した。クラリェヴォとクラグイェヴァツでは第717歩兵師団の兵士が対独パルチザンチェトニックとの砲撃戦ののち、数日で市民4000人を射殺した。ベーメが同年12月までセルビア占領軍司令官を務めていた数ヶ月の間に、ドイツ兵160人が死亡、278人が負傷したのに対し、パルチザン3562人が戦死、一般市民2万人から3万人が処刑された。

1944年6月、第2装甲軍司令官に就任し、ユーゴスラビアにあるドイツ軍を指揮したが、搭乗する飛行機の墜落事故で負傷して辞職した。

1945年1月8日、傷の癒えたベーメはノルウェーに駐屯する第20山岳軍の司令官に着任、終戦まで任務を務めた。

終戦後の1945年にノルウェーで捕虜となり、1947年5月13日にニュルンベルク継続裁判捕虜裁判で起訴された。同月29日、ニュルンベルク拘置所の5階から飛び降りて自殺した。グラーツの墓地に埋葬された。

文献[編集]

  • Walter Manoschek: Serbien ist judenfrei. Militärische Besatzungspolitik und Judenvernichtung in Serbien 1941/42. Schriftenreihe des Militärgeschichtliches Forschungsamt Militärgeschichtlichen Forschungsamtes, 2. Auflage, München 1995