捕虜裁判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

捕虜裁判(Hostages Trial)は、1947年7月8日から1948年2月19日にかけてアメリカ合衆国ニュルンベルクで行ったナチ戦犯法廷。被告は全員バルカン半島の戦いギリシャアルバニアユーゴスラヴィアなど南東ヨーロッパに駐留したドイツ軍の指揮官である。捕虜パルチザンの殺害、民間人を人質にとった行為についての裁判であった。ニュルンベルク継続裁判の中では6番目に行われた裁判である。

被告[編集]

名前 役職 罪状 判決
    1 2 3 4  
ヴィルヘルム・リスト Bundesarchiv Bild 183-S36487, Wilhelm List.jpg 元帥
1941年から1942年の南東方面軍司令官
1941年の第12軍司令官
G I G I 終身刑
病気を理由に1952年12月に釈放
1971年死去
マクシミリアン・フォン・ヴァイクス Bundesarchiv Bild 101I-056-1643-29A, Frankreich, Generäl v. Weichs.jpg 元帥
バルカン半島の戦いの間の第二軍司令官
I I I I 病気を理由に裁判から除かれる
1954年死去
ロタール・レンデュリック Bundesarchiv Bild 146-1995-027-32A, Lothar Rendulic.jpg 上級大将
1943年から1944年の第二装甲軍の司令官
G I G G 20年禁固刑,10年に減刑
1951年釈放。1971年死去
ヴァルター・クンツェ(de:Walter Kuntze) Walter Kuntze 1948.jpg 工兵大将
リストの後任の南東方面軍司令官、第12軍司令官
G I G G 終身刑
1953年釈放。1960年死去
ヘルマン・フェルチュ(de:Hermann Foertsch)   少将
第12軍幕僚長
I I I I 無罪。1961年死去
フランツ・ベーメ Bundesarchiv Bild 146-1979-113-02, Franz Böhme.jpg 1940年から1943年にかけてXVIII山岳軍団の大将
1944年にレンデュリックの後任
I I I I 罪状認否前の1947年5月30日に自殺
ヘルムート・フェルミー(de:Hellmuth Felmy) Hellmuth Felmy 1948.jpg 大将
南方ギリシャ軍集団司令官
G G I I 15年禁固刑
1951年に10年に減刑。1965年死去
フーベルト・ランツ(de:Hubert Lanz) Hubert Lanz 1948.jpg 1943年から1945年のXXII山岳軍団の大将 G I G I 12年禁固刑
1951年釈放。1982年死去
エルンスト・デーネル(de:Ernst Dehner) Ernst Dehner 1948.jpg 少将
レンデュリックの部下
G I I I 7年禁固刑
1951年釈放。1970年死去
エルンスト・フォン・ライザー(de:Ernst von Leyser) Bundesarchiv Bild 146-1984-019-33, Ernst v. Leyser.jpg 歩兵大将
レンデュリックやベーメの部下
I I G G 10年禁固刑
1951年釈放。1962年死去
ヴィルヘルム・シュパイデル(de:Wilhelm Speidel) Wilhelm Speidel 1948.jpg 少将
1942年から1944年のギリシャ軍事司令官
G I I I 20年禁固刑
1951年釈放。1970年死去
クルト・フォン・ガイトナー(de:Kurt Ritter von Geitner)   セルビアとギリシャの軍事司令官幕僚長 I I I I 無罪。1968年死去。

I — 起訴   G — 起訴および有罪