アンティーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Antibes
Blason Antibes.svg
Antibesbordmer.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏
(département) アルプ=マリティーム県
(arrondissement) Arrondissement of Grasse
小郡 (canton) 2
INSEEコード 06004
郵便番号 06600
市長任期 ジャン・レオネッティ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération de Sophia Antipolis
人口動態
人口 市: 75,176人
2011年
人口密度 2 839人/km²
住民の呼称 Antibois
地理
座標 北緯43度34分51秒 東経7度07分26秒 / 北緯43.580834度 東経7.123889度 / 43.580834; 7.123889座標: 北緯43度34分51秒 東経7度07分26秒 / 北緯43.580834度 東経7.123889度 / 43.580834; 7.123889
標高 平均:? m
最低:0 m
最高:163m
面積 市: 26,48km² (2 648ha)
Antibesの位置(フランス内)
Antibes
Antibes
公式サイト antibes-juanlespins.com
テンプレートを表示

アンティーブ(仏語:Antibes,古代ギリシア語:Antipolis)はフランス南部アルプ=マリティーム県にあるコミューン

概要[編集]

アンティーブはフランス南部の地中海コート・ダジュールに面した都市で、カンヌニースの間に位置している。旧市街にあるピカソ美術館 (Musée Picasso) やリヴィエラ特有の穏やかな海景が楽しめるアンティーブ岬などが観光スポットで、夏のバカンスで観光客がにぎわう区域である[1]

出身者に映画監督クリストフ・ガンズがいる。

歴史[編集]

1785年に描かれたアンティーブ

地形的に外から保護されている港のため、街は長期にわたり重要な貿易拠点であった。フランスが最終的に支配権を得るまで、様々な人によって統治されていた。 紀元前43年、アンティーブは公式にローマ帝国に併合され、支配が500年続いた。ローマ人はアンティーブをこの地域で一番大きい街に変え、ガリアへの主要な入り口とした。水道橋や要塞壁、アンフォラは今日でも見ることができる。

476年に西ローマ帝国が滅亡すると、様々な異民族がアンティーブにやって来た。その主な結果として、街の破壊と長期に渡る不安定な社会をもたらした。10世紀に領主ロドアールによって広範囲な要塞壁と城が築かれた。その後の200年、街は復興期を経験した。

アンティーブの繁栄は長続きしなかった。地域全体が数世紀に渡り、無秩序な状態に陥った。住人は、郊外で被害の多かった一連の戦いや疫病を避ける、強固な街の壁の内側で生活していた。15世紀末までに、街全体が、フランス国王ルイ11世の保護、支配下となった。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
35439 47547 55960 62859 70005 72412 75820 75176

参照元:1999年までEHESS[2]、2004年以降INSEE[3][4]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大前研一 「アンティーブ コート・ダジュール 南フランス」『旅の極意、人生の極意』 講談社(原著2006年7月6日)、初版、36 - 38頁。ISBN 406212968XNCID BA77594375OCLC 674972850ASIN 406212968X
  2. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=951
  3. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  4. ^ http://www.insee.fr

外部リンク[編集]