モゼル県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モゼル県
Moselle
Moselleの紋章
モゼル県の紋章
位置
Moselleの位置
概要
県番号 57
地域圏 ロレーヌ
県庁所在地 メス
郡庁所在地 ブレ=モゼル
シャトー=サラン
フォルバック
サルブール
サルグミーヌ
ティオンヴィル(東西2郡)
9
小郡 51
コミューン 730
知事 パトリック・ヴァイタン
独立民主同盟
統計
人口
国内20位
  (2010年)
1,045,066人
人口密度 168人/km2
面積¹ 6,216 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

モゼル県Moselle)は、フランス北東部、ロレーヌ地域圏の県である。

地理[編集]

ムルト=エ=モゼル県バ=ラン県ドイツ及びルクセンブルク大公国と国境を接する。

歴史[編集]

1790年3月4日に新設された83県のうちの1つ。県はかつてのロレーヌ州北部と、メス司教領からなっていた。1815年のパリ条約で、国境調整が行われ、サールブリュック(現在はザールルイ)と周辺の町がモゼル県から取り除かれた。1793年にはブケノンとサールウェルデンを含むアルザス・ボシュ地方、そして1833年にはオーベルスタンバックがバ=ラン県に割譲された。

フランスと第六次対仏大同盟が調印した1814年のパリ条約で、モゼル県はプロイセンに対してトレ小郡、シールク・レ・バン小郡を割譲した[1]。1815年、ルラン小郡とサールブリュックがドイツ領となった。いくつかのコミューンや集落は1829年に再びフランス領となっている。

普仏戦争で敗戦国となったフランスは、フランクフルト講和条約によってドイツにムルト県とヴォージュ県の大部分を割譲した。モゼル県の最西端、現在のブリエ小郡相当する部分がフランスに残留し、新たなムルト=エ=モゼル県に編入された。ドイツ領になった部分は、ロレーヌにおけるドイツ語圏だけではなかった。ティオンヴィル、ブレ=モゼル、サルグミーヌおよびサールブールは、ロレーヌにおけるフランス語圏であった。第一次世界大戦が勃発すると、モゼル県はドイツ軍に組み込まれた。1914年から1918年の間、アルザス人とモゼル人計約18000人がフランス軍に入った。戦争終結までドイツ帝国のために戦った徴兵者の95%以上、約38万人がアルザス・ロレーヌ人であった。こうした徴兵の戦死者の墓は、ドイツ墓地管理委員会(fr)が管理している。このことが県の戦死者追悼についての特異性を示している。多くの場合、墓碑には『我々の戦死者へ』と刻まれ、伝統的に『フランスのために命を捧げた者』と刻まれるのとは異なる。

ヴェルサイユ条約で、ロレーヌ地域圏の領土がフランスに返還されたが、この中にはモゼル県の大部分とムルト県の一部が含まれていた。これらの地域は占領下で結びつきを強めていたため、返還されたこれらの領土を新たにモゼル県とし、現在に至る。モゼル県は第二次世界大戦でも一時期ドイツに占領されていたが、戦後フランスに返還された。

人口統計[編集]

1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2007年
971 314 1 006 373 1 007 189 1 011 302 1 023 447 1 036 780 1 039 018

source:SPLAF[2]、2006年、2007はINSEE[3][4]

文化[編集]

行政上のモゼル県は、ロレーヌ地域圏を構成する2つの文化圏の上にまたがっているため、モゼル県全体は均質的な文化を持っていない。ロレーヌ・ティオワ語(fr)は、最近ではドイツ語またはドイツ語の方言とみなされており、ロレーヌ・フランス語はラテン語方言とみなされている。この2言語の言語境界(fr)は、ほぼ等しく県を二分している。西はメスを中心としたラテン語のモゼル県、東はアルザス、ドイツ、ルクセンブルクと接するドイツ語のモゼル県である。

モゼル県の言語境界 モゼル県の言語境界
モゼル県の言語境界

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Claude Philipppe de Viville - Dictionnaire du département de la Moselle : contenant une histoire abrégée
  2. ^ http://splaf.free.fr/
  3. ^ Recensement de la population au 1er janvier 2006 sur Insee
  4. ^ Évolution et structure de la population du département (de 1968 à 2007) sur Insee consulté le= 11 septembre 2010

外部リンク[編集]