ムーズ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムーズ県
Meuse
Meuseの紋章
ムーズ県の紋章
位置
Meuseの位置
概要
県番号 55
地域圏 ロレーヌ
県庁所在地 バル=ル=デュック
郡庁所在地 コメルシー
ヴェルダン
3
小郡 31
コミューン 500
知事 クリスチャン・ナミー
統計
人口
国内88位
  (2010年)
193,923人
人口密度 31人/km2
面積¹ 6,211 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

ムーズ県(Meuse)は、フランスのロレーヌ地域圏の県である。県名は県内を流れる川の名(ムーズ川)に由来する。

歴史[編集]

ムーズ県は、フランス革命1790年3月4日に83の県の1つとして、1789年12月22日制定の法律に基づいて設置され、共和国発足時の領土としてはロレーヌ地域圏のもっとも西側に位置していた。

この県は、設置以来、県内の各境界がほとんど変動しなかった。1997年アン=ドヴァン=ピエールポン(Han-devant-Pierrepont)という小さなコミューンが、ムルト・エ・モーゼル(Meurthe-et-Moselle)へと異動した例はある。 ムーズ県、とりわけ1916年のヴェルダンは、第一次世界大戦の主要な戦闘現場であった。(ヴェルダンの戦い)

地勢[編集]

県境は、アルデンヌ県マルヌ県オート=マルヌ県ヴォージュ県ムルト=エ=モゼル県、さらに、ベルギー王国にも接している。

主要都市はコメルシヴェルダンバル=ル=デュックである。主要河川はムーズ川エール川などがある。

気候[編集]

ムーズ県の気候は海洋性気候と大陸性気候の両方の影響を同時に受ける為に、平均的とされる時期を横切るように気候が変動し、暑期や雨季の間を繰り返している。

降水量は、東部地域では、多い時は900mm前後を上下することもあるが、850mmを切ることもある。中部地域のバロワでは1000mmを超える。

観光・文化[編集]

観光には2つの側面がある。グリーン・ツーリズム(アルゴンヌの森、ウォエヴルの湖沼郡)と、一方で第一次世界大戦の史跡(ヴェルダン、ドゥオモン)である。

外部リンク[編集]