コルス=デュ=シュド県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コルス=デュ=シュド県
Corse-du-Sud
Corse-du-Sudの紋章
コルス=デュ=シュド県の紋章
位置
Corse-du-Sudの位置
概要
県番号 2A
地域圏 コルス
県庁所在地 アジャクシオ(Ajaccio)
郡庁所在地 サルテーヌ
2
小郡 22
コミューン 124
知事 ジャン=ジャック・パニュンジ
国民運動連合
統計
人口
国内99位
  (2011年)
145,846人
人口密度 36人/km2
面積¹ 4,014 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。
地図

コルス=デュ=シュド県 (Corse-du-Sud) は、フランスコルシカ島(コルス島)の南半分を占める(département)である。県庁所在地は、島の西部のアジャクシオ

歴史[編集]

1976年1月1日に、かつてのコルス県の南半分が分割されて誕生した。島の北側はオート=コルス県である。

1998年2月6日、当時の県知事クロード・エリニャック(fr)が、コルス・ナショナリストによって暗殺されている。

地理[編集]

西は地中海、南東はティレニア海、南はボニファシオ海峡を挟んでサルデーニャ島と向かい合っている。

地中海性気候で、夏は暑く乾燥し、冬は温暖で雨が多い。しかし島はまた、高山性気候を冬にもたらすことが知られる。5月から6月まで、山の頂上が雪で覆われるのは珍しいことではない。

コルス=デュ=シュドは、その面積の66%までが植林されている、国内で割合の高い県である[1]。コルスの植生は本質的に以下の区分がされる。

  • マキ - 酸性土壌で育つイチゴノキ、ピスタシア・レンティスクス(fr)、コルクガシなどの低木の茂み
  • 松林
  • クリ、オーク、ユーカリの森

人口統計[編集]

1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2005年
122 000 128 634 108 604 118 174 118 466 128 018

Sources : Insee[2] · [3], IAURIF[4] · [5]

交通[編集]

空路[編集]

  • アジャクシオ・ナポレオン・ボナパルト空港
  • フィガリ・シュド・コルス空港

どちらの空港もアジャクシオ・コルス・デュ・シュド商工会議所が管理している。

水上交通[編集]

県内には4つの港があり、そのうち3つは、本土からまたはサルデーニャからの旅客の乗り降りと貨物運搬の混合利用である。

  • アジャクシオ港 - マルセイユ、トゥーロン、ニースからの定期航路発着
  • プロプリアノ港 - マルセイユおよびポルト・トッレスからの定期航路発着
  • ボニファシオ港 - サンタ・テレーザ・ガッルーラとの非定期航路発着。商業用ではないが、クルーズ船舶が入港する
  • ポルト=ヴェッキオ港 - マルセイユからの定期航路発着

鉄道[編集]

  • コルシカ鉄道のバスティア-アジャクシオ路線がグラノヴァ谷沿いに運行する。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]