タルヌ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タルヌ県
Tarn
Tarnの紋章
タルヌ県の紋章
位置
Tarnの位置
概要
県番号 81
地域圏 ミディ=ピレネー
県庁所在地 アルビ
郡庁所在地 カストル
2
小郡 46
コミューン 324
知事 ティエリー・カルスナック
フランス社会党
統計
人口
国内65位
  (2011年)
377,675人
人口密度 66人/km2
面積¹ 5,758 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

タルヌ県(Tarn)は、フランスのミディ=ピレネー地域圏の県である。タルヌ川がその語源である。

歴史[編集]

タルヌ県の地図

フランス革命後の1789年12月22日に法令が施行され、1790年3月4日にかつてのラングドック州から分割されて誕生した。県内のカトリック教会の司教座は、アルビカストルに置かれている。エロー県カントンの交換を行い、アングレ(サン=ポン司教区管内)はタルヌに、サン=ジェルヴェ=シュル=マル(カストル司教座管内)がエローに移った。

地理[編集]

アヴェロン県、エロー県、オード県オート=ガロンヌ県タルヌ=エ=ガロンヌ県と接している。

タルヌ川は、丘陵の多い県中央部を流れ、谷と平野をつくる。南部は岩がちな山地、ノワール山地(fr)である。

経済[編集]

医薬品・化粧品大手のピエール・ファーブル社fr)がカストルやアルビに工場を持つ。

ワイン[編集]

県の北西部でAOCワインガヤックが生産されている。赤・白・ロゼ・甘口の白・スパークリングワインがある。その他に、ヴァン・ド・ペイの生産も多い。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]