アンドル=エ=ロワール県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランス > サントル地域圏 > アンドル=エ=ロワール県
アンドル=エ=ロワール県
Indre-et-Loire
Indre-et-Loireの紋章
アンドル=エ=ロワール県の紋章
位置
Indre-et-Loireの位置
概要
県番号 37
地域圏 サントル
県庁所在地 トゥール
郡庁所在地 シノン
ロシュ
3
小郡 37
コミューン 277
知事 フレデリック・トマ
統計
人口
国内41位
  (2012年)
605,819人
人口密度 99人/km2
面積¹ 6,127 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

アンドル=エ=ロワール県 (Indre-et-Loire) は、フランスサントル地域圏の県である。

歴史[編集]

アンドル=エ=ロワール県は1790年、その他の82の県と同時に設置された。その名称はアンドル川ロワール川に由来する。面積は旧トゥーレーヌをほぼ引き継いだものであり、そこにブルゲイユを含む旧アンジュー州の東部が加えられ、北部のギゾーを流れるロワール川流域がシャトー=ラ=ヴァリエールまで加えられた。

県内にあるコミューンリシュリューは、ソミュール知事でもあった16世紀の枢機卿リシュリューがつくった自治体である。旧トゥーレーヌの東部はロワール=エ=シェール県に含まれている。

歴代のフランス国王が滞在した旧トゥーレーヌは、長きにわたり保守的な土地柄であった(オノレ・ド・バルザックが自身の作品の中でこのことに触れている)。第三共和政初期にまで王党派であったほどである。

にもかかわらず徐々に、農村部を中心に県は共和主義者の地盤となっていった。さらに、穏健な左派急進的な社会主義が浸透していった。

第二インターナショナルによる1920年のトゥール会議以降、アンドル=エ=ロワールはフランス共産党の強力な牙城となった。トゥールに近接するサン=ピエール=デ=コルプは鉄道施設を抱え、強固な労働者思想を持つに至った。以後コミューンは共産党への忠誠を裏切らず、共産党の国会議員であるマリー=フランス・ボーフィユがサン=ピエール=デ=コルプ市長を務めている。

地理[編集]

アンドル=エ=ロワール県の地図

県はロワール=エ=シェール県、アンドル県ヴィエンヌ県メーヌ=エ=ロワール県サルト県と接している。パリ盆地の南端に位置し、ロワール川、アンドル川、ヴィエンヌ川シェール川や多くの支流が流れる。地形学上、南へ向かうと標高が上がるが北部は平坦である。

気候[編集]

アンドル=エ=ロワール県の気候は温暖である。ロワール川は、しばしば北フランスと南フランスの境となっている。夏は全般的に暑く(年間最高気温は33℃)、1947年から2003年までの間に記録した最高気温は42℃である。対照的に気温が非常に低くなることはまれである。-10℃を記録したのは、1985年から1986年にかけての冬と、1996年から1997年にかけての冬である。ロワール川が凍り付くことがあり、1956年の冬には徒歩で川を渡れるほどの厳しい冬となった。-10℃を記録したときのロワール川は、氷の塊を上流から運んでくる。

降雨量は500mmから700mmで、1976年、2003年、2006年には洪水となった。降雪は年10日以下とまれである。

観光[編集]

外部リンク[編集]