トゥーレーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥーレーヌの旗
アンジューとトゥーレーヌの古地図

トゥーレーヌTouraine)は、フランスかつての州。州都はトゥール。1790年に再編され、アンドル=エ=ロワール県ロワール=エ=シェール県アンドル県とに分割された。これら3州は現在サントル地域圏に属する。

地理[編集]

ロワール川が州内を横切り、シェール川アンドル川ヴィエンヌ川が合流する。トゥーレーヌはパリ盆地の一部となっている。ブドウ栽培で名高い。トゥール=パリ間を走るTGVが30分以下で到着することから、トゥーレーヌ住民は首都へ仕事に行くが別の人生の価値を追求している。

歴史[編集]

トゥーレーヌという名前は、トゥロネスと呼ばれていたケルト人の一部族にちなむ。

1044年、トゥーレーヌの支配権は1154年にイングランド王家となるアンジュー家に与えられた。アンジュー家はシノン城を要塞として建てた。1205年、フィリップ2世が再びトゥーレーヌを獲得した。以後、トゥーレーヌは王家に従属する公領となる。1249年、シノン城がジャンヌ・ダルクとシャルル王太子(のちのシャルル7世となる)の面会の場となった。14世紀終わりから15世紀まで、トゥーレーヌは歴代フランス王の好む地であった。トゥーレーヌは『フランスの庭園』と謳われ、中世後期からルネサンス期にはフランス王たちの隠れ家であった。薄暗く陰鬱な城は、美しいルネサンス様式のシャトーへ生まれ変わった。現在、これらの城は非常に人気のある観光地である。公領は1584年に州となり、1790年には県に分割された。

見どころ[編集]

著名な出身者及び関係者[編集]