プランタジネット朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プランタジネット朝(プランタジネットちょう、Plantagenet dynasty, 1154年 - 1399年)は、中世イングランド王朝フランスの貴族であったアンジュー伯アンリが初代国王ヘンリー2世となり、1399年にリチャード2世が廃されるまで続いた。ただし、その後に続くランカスター朝ヨーク朝ともプランタジネット家の傍系(それも最末期になって分岐した家系)であり、広義のプランタジネット朝は1485年にヨーク朝リチャード3世ボズワースの戦いで敗死するまで続いたことになる。アンジュー伯家から興ったことからアンジュー朝とも呼ばれる。

概要[編集]

前史[編集]

プランタジネット家の前身はガティネ家といい、北フランスのガティネ (Gâtinaisの伯爵家であったが、10世紀に一族のフルク1世 (enアンジュー伯となり、その家系は以後アンジュー家とも呼ばれるようになった。「プランタジネット」とはマメ科の植物エニシダの木(planta genesta:日本名は「金雀枝」)のことで、エニシダをガティネ家の紋章としていたことから、後に家名となった。ただし、「プランタジネット」を姓として名乗ったのはヨーク家ヨーク公リチャード・プランタジネットが最初である。

12世紀にはヘンリー2世の祖父フルク5世エルサレム王となった。フルク5世はアンジュー伯を長男ジョフロワ4世(または5世)に譲り、エルサレム王位は女王メリザンド (enとの間に生まれたジョフロワの異母弟ボードゥアン3世 (en、その弟アモーリー1世へと継承されたが、アモーリーの子の代で断絶した。その後、第3回十字軍に出征したリチャード1世(ジョフロワの孫)はエルサレム王即位を要請されたが、これを断わっている。

王朝の成立まで[編集]

ノルマン朝最後のイングランド王となったヘンリー1世は、1120年に嫡男ウィリアムをホワイトシップの遭難で失った。他に正嫡の男子を持たなかったヘンリー1世は、ウィリアムの姉マティルダを後継者に指名し、アンジュー伯ジョフロワ4世と結婚させた。しかしヘンリー1世の死後、その姉アデルを母とするエティエンヌ・ド・ブロワがロンドンを押さえ、イングランド王スティーヴンとして戴冠した。その後、スティーヴンとマティルダおよびそれぞれの支持勢力の間で20年近くにわたり内戦状態が続いた(無政府時代と呼ばれる)。スティーヴンが継承者としていた息子ウスタシュが1153年に急死すると、マティルダの息子アンジュー伯アンリとの間で和平協定を結び、自身の王位の承認と引き換えにアンリを王位継承者とすること、またウスタシュの弟ギヨームは王位請求権を放棄することとした。1154年にスティーヴンが死去すると、協定通りアンリがヘンリー2世としてイングランド王に即位し、プランタジネット朝が成立した。

アンジュー帝国[編集]

1154年のフランスにおけるプランタジネット家の版図(茶、褐色の部分)

ヘンリー2世はフランスに広大な所領を持ったままイングランド国王に即位し、アンジュー帝国と呼ばれる一大領邦群を形成した。プランタジネット家はまた、フランス王侯諸家との血縁関係も強かった。そのため、フランス王室(カペー朝ヴァロワ朝)との領地・王位を巡る争いが絶えることなく、百年戦争を招く結果となった。

歴代国王に失政が多かったと言われるのも、こうした「対フランス政策」に忙殺されざるを得ないという、同王朝特有の事情が引き起こした現象であるといわれている。ヘンリー2世以外の歴代の国王はフランス人としての意識も強く、特にヘンリーの息子であるリチャード1世は、本来は兄若ヘンリーが王位を継ぐべき身で自身は母方のアキテーヌに最も執着したこともあり、イングランド統治への関心が低かったともいわれている。

アイルランド統治[編集]

ヘンリー2世はまたアイルランド卿の称号を有し、1171年にイングランド王として初めてアイルランド島へ上陸して、アイルランドの諸王に服属を誓わせた。この称号は末子ジョンに与えられ、ジョンの王位継承後は歴代イングランド王の称号の一つとなった。ただし、プランタジネット朝(またランカスター朝ヨーク朝)期を通じて、アイルランドの支配は限定的なものであった。

国王一覧[編集]

系図[編集]

ウィリアム1世
イングランド王
 
マティルダ・オブ・フランダース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フルク4世
アンジュー伯
 
ベルトラード・ド・モンフォール
 
フィリップ1世
フランス王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィリアム2世
イングランド王
 
アデル
 
エティエンヌ2世
ブロワ伯
 
ヘンリー1世
イングランド王
 
マティルダ・オブ・スコットランド
 
エランブール・デュ・メーヌ
 
フルク5世
アンジュー伯
エルサレム王
 
メリザンド
エルサレム女王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティボー2世
シャンパーニュ伯
 
 
 
スティーヴン
イングランド王
 
ハインリヒ5世
神聖ローマ皇帝
 
マティルダ
 
ジョフロワ5世(4世)
アンジュー伯
 
エリー2世
メーヌ伯
 
ボードゥアン3世
エルサレム王
 
アモーリー
エルサレム王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アデル・ド・シャンパーニュ
 
ルイ7世
フランス王
 
 
 
 
 
アリエノール・ダキテーヌ
 
ヘンリー2世
イングランド王
 
 
 
 
 
 
 
シビーユ
エルサレム女王
 
ボードゥアン4世
エルサレム王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マルグリット・ド・フランス
 
若ヘンリー
イングランド王
 
リチャード1世
イングランド王
 
ジョフロワ2世
ブルターニュ公
 
コンスタンス・ド・ブルターニュ
 
ジョン
イングランド王
 
イザベラ・オブ・アングレーム
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルテュール1世
ブルターニュ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ3世
フランス王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー3世
イングランド王
 
エリナー・オブ・プロヴァンス
 
リチャード
コーンウォール伯
 
ジョーン
 
アレグザンダー2世
スコットランド王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ4世
フランス王
 
エリナー・オブ・カスティル
 
エドワード1世
イングランド王
 
マーガレット・オブ・フランス
 
エドマンド・クラウチバック
 
ブランシュ・ダルトワ
 
マーガレット
 
アレグザンダー3世
スコットランド王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イザベラ・オブ・フランス
 
エドワード2世
イングランド王
 
トマス・オブ・ブラザートン
 
エドマンド・オブ・ウッドストック
 
マーガレット・ウェイク
 
トマス
 
ヘンリー
 
モード・ドゥ・チャワース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード3世
イングランド王
 
フィリッパ・オブ・エノー
 
ジョン・オブ・エルサム
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イザベル・ドゥ・ボーモント
 
ヘンリー・オブ・グロスモント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード黒太子
 
ジョーン・オブ・ケント
 
ライオネル・オブ・アントワープ
 
ジョン・オブ・ゴーント
ランカスター家
 
ブランシュ・オブ・ランカスター
 
エドマンド・オブ・ラングリー
ヨーク家
 
トマス・オブ・ウッドストック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リチャード2世
イングランド王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連項目[編集]