英愛条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
代表によるサイン

英愛条約英語Anglo-Irish Treaty, アイルランド語An Conradh Angla-Éireannach)は、アイルランド独立戦争の休戦条約としてイギリス政府とアイルランド共和国暫定政府との間に結ばれた条約をさす。大英帝国内の自治国としてのアイルランド自由国の建国が取り決められた。1920年に制定されたアイルランド統治法により成立していた北アイルランドの帰属については北アイルランド自身の決定にゆだねられた。

条約は1921年12月6日ロンドンにおいてイギリス政府の代表と超法規的なアイルランド共和国暫定政府の代表により調印された。条約の履行にはアイルランド独立派の設立した議会とイギリス政府が設立した南アイルランド議会イギリス議会の批准が必要とされた。アイルランド国内では条約の賛否を巡り激論が起き、議会では小差で批准された。条約は正式に履行されることになったものの、アイルランド国内の対立はアイルランド内戦の原因となった。

アイルランド自由国はドイル・エアランと英国議会において起草された自由国憲法を基に、1922年12月6日イギリス国王の勅書により建国された。

条文[編集]

主要な条文は:

  • イギリス陸軍アイルランド島から撤退する
  • アイルランド島にはカナダニューファンドランドオーストラリアニュージーランド南アフリカ連邦と同様の大英帝国統治下の自治国が建国される
  • 他の自治国と同様に自由国の元首 (Saorstát Éireann) にはイギリスの元首をあて、総督により代表される
  • 自由国の国会議員は自由国およびイギリス国王ジョージ5世および彼の後継者に忠誠を誓う
  • 1920年のアイルランド統治法により設立された北アイルランドには条約が発効した後1ヶ月内であれは自由国から脱する権利を与える
  • 北アイルランドが自由国への統合を望まない場合はアイルランド国境制定委員会が自由国と北アイルランドの国境を策定する
  • イギリスはその安全保障の一環としてアイルランドの幾つかの港をイギリス海軍統治下におく
  • アイルランド自由国は大英帝国の一員としての責務を負う
  • この条約はアイルランドの法に超越する : 1922年アイルランド自由国憲法との整合性については前者を優先する
アーサー・グリフィスにより注釈が付された条約の草稿

会議参加者[編集]

条約の作成に関与したのは次の人物

参考[編集]

イギリス、アイルランド間に結ばれた条約としては

外部リンク[編集]