リチャード3世 (イングランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード3世
Richard III
イングランド王
King Richard III.jpg
リチャード3世
在位 1483年6月26日 - 1485年8月22日
戴冠 1483年7月6日
出生 1452年10月2日
イングランド王国の旗 イングランド王国ノーサンプトンシャー、フォザリングヘイ城
死去 1485年8月22日(満32歳没)
イングランド王国の旗 イングランド王国レスターシャーボズワース
埋葬 イングランド王国の旗 イングランド王国レスター、グレイフライヤーズ
配偶者 アン・ネヴィル
子女 エドワード
王朝 ヨーク朝
父親 ヨーク公リチャード・プランタジネット
母親 セシリー・ネヴィル
宗教 キリスト教カトリック教会
サイン Richard III signature 1.svg
テンプレートを表示

リチャード3世英語: Richard III, 1452年10月2日 - 1485年8月22日)は、ヨーク朝最後のイングランド王(在位:1483年 - 1485年)。薔薇戦争の最後を飾る王である。エドワード3世の曾孫ヨーク公リチャード・プランタジネットセシリー・ネヴィルの八男で、即位前はグロスター公に叙されていた。戦死した最後のイングランド王であるが、他に戦死した王は1066年にヘイスティングズの戦いで敗死したハロルド2世と、1199年に矢傷がもとで死亡したリチャード1世がいるのみである。1484年1月に王直属の機関として紋章院を創設したことでも知られる。

生涯[編集]

幼くして父を失ったリチャードは、兄エドワードや母方の従兄にあたる実力者ウォリック伯リチャード・ネヴィルの庇護をうけて成長した。ウォリック伯の元で少年期を過ごし、騎士としての修業を積み、1461年に兄がエドワード4世を称してイングランド王に即位するとグロスター公に叙位された。

政権内の争いから、1470年にエドワード4世がランカスター派に寝返ったウォリック伯によって追放されたとき、ウォリック伯の誘いを拒否して一貫してエドワード4世に忠誠を誓い、翌年の兄王の復位に貢献した。1472年ヘンリー6世の継嗣エドワード・オブ・ウェストミンスターの寡婦であったウォリック伯の娘アン・ネヴィルと結婚した。アンの姉イザベル・ネヴィルの寡夫であったリチャードの兄クラレンス公ジョージ1478年に処刑されると、リチャードは広大なウォリック伯領を独占相続して、名実ともに実力者としての地位を確立した。

その後、王妃エリザベス・ウッドヴィル一族が政権内で勢力を伸ばすと、これと対立するようになる。1483年、病死したエドワード4世の跡目を襲ったエドワード5世摂政に就任するや、リチャードはリヴァース伯アンソニー・ウッドヴィル英語版らの王妃一派を捕らえて粛清した。エドワード5世とその弟リチャード・オブ・シュルーズベリーロンドン塔に幽閉すると、3ヵ月後の同年6月26日、エドワード5世の正統性を否定した議会に推挙されて(エドワード4世とエリザベス・ウッドヴィルの結婚は無効、2人の間の子供は庶子とされた)、イングランド王リチャード3世として即位した。同年、支持者の一人ジョン・ハワードノーフォーク公爵位(ロンドン塔に幽閉された甥リチャードから剥奪された)を与える。

1483年10月、リチャード3世政権の樹立に貢献のあったバッキンガム公ヘンリーが反乱を起こすとこれを鎮圧したが、反乱の噂は絶えず、政情は不安定なままに置かれた。1484年4月には一人息子のエドワード・オブ・ミドルハムが夭折し、1485年3月には王妃アン・ネヴィルも病死する。唯一の子供であったエドワードの死後、リチャード3世は一時、自身と王妃の甥であるクラレンス公の幼い遺児ウォリック伯エドワードを王位継承者に指名したが、王妃の死後にそれを取り消し、代わって別の甥(姉エリザベス・オブ・ヨーク (enの息子)であるリンカーン伯ジョン・ドゥ・ラ・ポールを王位継承者に指名した。

1485年8月、ランカスター派のリッチモンド伯ヘンリー・テューダー(後のヘンリー7世)がフランスから侵入し、ボズワースの戦いで国王自ら軍を率いて決戦する。この戦いでリチャード3世は味方の裏切りに遭い、自ら斧を振るって奮戦したが戦死した。遺体は、当時の習慣に従って、丸裸にされ晒された。

死後[編集]

評価[編集]

リチャード3世はウィリアム・シェイクスピアによって、ヨーク朝の後継王朝であるテューダー朝の敵役として稀代の奸物に描かれ、その人物像が後世に広く伝わった。

リチャード3世の悪名はチューダー朝によって着せられたものであるとして、汚名を雪ぎ「名誉回復」を図ろうとするリカーディアン (Ricardian と呼ばれる歴史愛好家たちもおり、欧米には彼らの交流団体も存在する。リチャード3世を兄(エドワード4世)思いで甥殺しなどしない正義感の強い人物として描くベストセラー小説も、ジョセフィン・テイ時の娘』(1951年)以来数多くある。1980年代以降には以下のような作品がある。

ただし、デイヴィッド・スターキー英語版のように著名な歴史家が「甥殺しのあの悪人」と書くなど、評価はいまだ分かれている。2002年、BBCが発表した「100名の最も偉大な英国人」では82位に選出された。

遺体[編集]

2012年8月、リチャード3世の遺骨が、記録された埋葬場所と一致するレスター市中心部の駐車場の地下から発見された。遺骨は頭蓋骨にひびが入り、背骨には矢尻が刺さっていた。また脊柱に強い脊椎側彎症が確認された。レスター大学の考古学調査チームは、リチャード3世の姉アン・オブ・ヨーク(en, 1439年 - 1476年)の女系の子孫(カナダ人マイケル・イブセン)を探し出してミトコンドリアDNA鑑定を行い、2013年2月に遺骨をリチャード3世のものと断定した[1]
また、同チームは遺骨からDNAを採取し、ゲノム解析のうえ髪や瞳の色などの容姿の特定、ならびに健康状態の調査をする方針を2014年2月に発表している[2]
その後、遺骨を法医学的に分析し、ボズワースの戦いでは11カ所の傷を負っていたことが明らかになった。そのうち9カ所は兜によって防護されていなかった頭部にあり、頭蓋骨にはのこぎりのような武器で削いだ傷や、骨を貫き脳にまで達した刺し傷もあった。 致命傷になったとみられる2カ所の傷は、脳内に数~10cm程度入り込む頭蓋骨への刺し傷であり、この傷によって一瞬にして意識を失い、その後心肺が停止したと考えられる[3][4][5]

登場作品[編集]

シェイクスピアの史劇
小説
漫画

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]