フルク5世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フルクの死

フルク5世・ダンジュー(Foulque V d'Anjou, 1089年または1092年 - 1143年11月13日)は、フランスの貴族で、アンジュー(在位:1109年 - 1129年)、のちエルサレム(フルク1世、在位:1131年 - 1143年)。先代のアンジュー伯フルク4世ベルトラード・ド・モンフォールの息子。

アンジュー伯時代[編集]

1109年の父の死後、フルク5世は20歳前後で、アンジュー位を継承した。アンジュー伯は代々ノルマンディー公と対立していたため、当初はフランスルイ6世と同盟し、イングランドヘンリー1世と敵対した。後にヘンリーと同盟し、1113年に王太子ウィリアムと娘を婚約(1119年結婚)させたが、1120年ウィリアムが船(ホワイトシップ)の遭難により死亡した後、1127年に嫡子のジョフロワをヘンリーの娘で後継者に指名されたマティルダ(モード)と婚約させた。ジョフロワとマティルダの子が後にイングランド王ヘンリー2世としてプランタジネット朝を創始する。

十字軍及びエルサレム国王時代[編集]

1120年頃、十字軍に参加したフルク5世はテンプル騎士団と共に聖地の守備に当たった。1129年にアンジュー伯をジョフロワに譲り、エルサレム国王ボードゥアン2世の娘メリザンドと結婚した。1131年にボードゥアン2世が亡くなった後、夫婦両王として共同統治したが、当初はフルクが実権を握り、フランス貴族を側近として登用した。このため現地の他の諸侯と不仲になり、1136年頃からメリザンドの影響力が強くなった。

ダマスクススルターンと同盟し、北はザンギー、南はエジプト(ファーティマ朝)と抗争しながら領土をよく維持したが、1143年狩猟中に落馬し、亡くなった。

幼い息子のボードゥアン3世が王位を継いだが、翌1144年ザンギーにエデッサ伯領を奪われ、まだ幼君の下、安定していなかったエルサレム王国を支えるメリザンドは欧州に特使を送り、第2回十字軍を要請することになる。

子女[編集]

1109年、メーヌ伯エリー1世の娘エランビュルジュと結婚した。翌1110年メーヌ伯エリー1世が死去、フルク5世はメーヌ伯領を併合した。

1129年、ボードゥアン2世の娘メリザンドと結婚。2男をもうけた。

参考文献[編集]

  • アンリ・ルゴエレル『プランタジネット家の人びと』白水社、2000年
  • 朝治啓三 他 編『中世英仏関係史 1066-1500』創元社、2012年


先代:
フルク4世
アンジュー伯
1106年 – 1129年
次代:
ジョフロワ4世
先代:
エリー1世
メーヌ伯
1110年 – 1126年
次代:
ジョフロワ4世
先代:
ボードゥアン2世
エルサレム王
1131年 – 1143年
次代:
メリザンドボードゥアン3世