ゴドフロワ・ド・ブイヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴドフロワ、15世紀のフレスコ画
インスブルックにあるブロンズ像

ゴドフロワ・ド・ブイヨンGodefroy de Bouillon, 1060年頃 – 1100年7月18日)は、第1回十字軍の指導者の一人。エルサレムの初代聖墓守護者となる。下ロートリンゲン

ゴドフロワはブローニュ伯ウスタシュ2世と妃イド・ド・ブローニュの次男として生まれ、母方の伯父の下ロートリンゲン公ゴドフロワ3世の跡継ぎとされた。1076年にゴドフロワ3世は亡くなったが、神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世は、当初ゴドフロワ・ド・ブイヨンの相続を認めなかった。叙任権闘争の過程で、ゴドフロワは皇帝の側に立って戦ったり、1081年から1084年のイタリア遠征に参加したこともあり、1087年になってようやく承認され、下ロートリンゲン公に授封された。

1096年第1回十字軍の勧誘に応じ、兄のウスタシュ3世・ド・ブローニュ、弟のボードゥアン・ド・ブローニュと共に参加した。

アンティオキア攻略後にボエモンが現地に残留した後は、トゥールーズレーモンと共に1099年エルサレムの攻略に成功する。レーモンがトリポリを得ることを望んだため、ゴドフロワが王に選出されたが、キリストが命を落とした場所の王と呼ばれることを嫌い、聖墓守護者を名乗った。

同年、エルサレム奪回にやってきたエジプトのファーティマ朝軍をアスカロンで破ったが(アスカロンの戦い)、レーモンとの仲違いのためアスカロンを奪取することはできなかった。また、エルサレム総大司教となったダゴベルトは、エルサレムを教皇領とすることを望んでおり対立した。結局、ゴドフロワがエジプトを奪って王国を作った後にエルサレムを教皇領とすることで話はついたが、エジプト侵攻を計画中の1100年12月に亡くなった。弟でエデッサ伯になっていたボードゥアンが跡を継ぎ、エルサレム王を名乗った。

ゴドフロワは死後に英雄化され、十字軍の最高指導者、最も優れた戦士として武勲詩の主人公となり吟遊詩人らにうたわれ、ワーグナーの歌劇『ローエングリン』で知られる白鳥の騎士の子孫とされたりしたが、実像は十字軍の指導者の一人に過ぎず、ボエモン、トゥールーズ伯レーモン、教皇使節アデマールが中心人物だったといって良い。また、中世においては九大英雄の一人として数えられている。

関連項目[編集]

先代:
コンラッド
下ロートリンゲン公
1087年 - 1100年
次代:
アンリ