ルネ・グルッセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルネ・グルッセ

ルネ・グルッセ(René Grousset、1885年9月5日 - 1952年9月12日)は、フランス歴史家東洋学者

生涯[編集]

南仏ガール県のオーベ村で生まれた。父は地方の大学講師で、息子が生まれる少し前に亡くなっている。グルッセはモンペリエ大学で、歴史と地理の学位を取ったが教職にはつかず、1912年に芸術省にはいった。1914年世界大戦に従軍して戦傷を負い、戦後は芸術省にもどって、最初の著書を発表した。1925年ギメ東洋美術館の副館長となり、その後『ジュルナル・アジアティックJournal asiatique』という定期刊行物の編集長として東洋学のあらゆる専門分野、あらゆる専門家に接しながら、研究の成果を発表する。1928年にルーヴル学校(Ecole du Louvre)のインド学教授。1929年から翌年にかけて、シリアイランを旅行。1932年、やはり東洋関係のチェルヌスキ博物館(Cernuschi-musée des arts de l'Asie)の館長を兼任。第二次世界大戦後の1946年アンドレ・ベルソールの後任としてアカデミー・フランセーズの会員に選ばれた。1946年日仏会館の再開にあたり、フランス政府の文化使節として来日し、各地で講演会を催し、学士院の名誉会員に推される。翌年はカナダ各地をめぐるが、旅行中の無理を重ねたことが禍して、67歳の生涯を閉じた。その死にあたっては、アフガニスタンの国王ザーヒル・シャーをはじめ、哀悼の辞が寄せられた。

著書[編集]

  • "Histoire de l'Asie" (3巻、1921-1922年)
  • "Histoire de la philosophie orientale. Inde, Chine, Japon" (1923年)
  • "Le Réveil de l'Asie. L'impérialisme britannique et la révolte des peuples" (1924年)
  • "Histoire de l'Extrême-Orient" (1929年)
  • 『仏陀の足跡を逐って Sur les traces du Bouddha』(1929年、金花舎)
  • "Les Civilisations de l'Orient" (1929-1930年)
  • "S. M. Nādir Shāh" (1930年)
  • "Philosophies indiennes" (1931年)
  • "Histoire des croisades et du royaume franc de Jérusalem"(3巻、1934-1936 年、ゴベール大賞)
  • "L'Art de l'Extrême-Orient" (1936年)
  • 『アジア遊牧民族史 L'Empire des steppes, Attila, Gengis-Khan, Tamerlan』(1938年)
  • "L'Épopée des Croisades" (1939年)
  • "Les Sculptures des Indes et de la Chine" (1939年)
  • "L'Empire mongol" (1941年)
  • "Histoire de la Chine" (1942年)
  • 『ジンギス汗 Le Conquérant du monde, Vie de Gengis-Khan』(1944年)
  • "Bilan de l'Histoire" (1946年)
  • 『十字軍 Les Croisades』(1948年)
  • "L'Empire du Levant" (1949年)
  • "La Chine et son art" (1951年)
  • "L'Homme et son histoire "
  • "Histoire de l'Arménie des origines à 1071" (1973年)
  • "Figures de Proue" 1949年

参考文献[編集]

  • ルネ・グルッセ『十字軍』(1954年、橋口倫介・訳、白水社・クセジュ文庫)
  • ルネ・グルッセ『アジア史』(1955年、前嶋信次・訳、白水社・クセジュ文庫)
  • ルネ・グルッセ『ジンギス汗』(1967年、橘西路・訳、角川文庫


前任:
アンドレ・ベルソール
アカデミー・フランセーズ
席次36

第18代:1946年 - 1952年
後任:
ピエール・ガゾット