マリー・ド・モンフェラート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戴冠するマリーとジャン・ド・ブリエンヌ

マリー・ド・モンフェラート(Marie de Montferrat, 1192年 - 1212年)はエルサレム王国女王。マリーはフランス語名で、イタリア語名はマリーア・ディ・モンフェッラート(Maria di Monferrato)またはマリーア・ディ・ジェルサレンメ(Maria di Gerusalemme)。

イタリアモンフェッラート侯コンラート1世とエルサレム女王イザベル1世の長女。

父が1192年4月にティール暗殺教団によって殺されると、母イザベルは身重の身で5月にシャンパーニュ伯アンリ2世と再婚した(ギヨーム・ド・ティールとイマード・アッディン・アル・イスファハニ、東西の歴史家が同じ記述を残す)。その後生まれたのがマリーであった。

1205年、母の死にともない13歳で即位。母の異母弟ベイルート卿ジャンが摂政をつとめた。

1210年9月14日、ジャン・ド・ブリエンヌアクラで政略結婚。長女ヨランダ(イザベルの名で知られる)を1212年に出産後、産褥熱でマリーは死亡した。ヨランダはただちに即位し、ジャンがヨランダの摂政となった。

マリーの直系の子孫は、1268年にコンラート3世が南イタリアで処刑されたことで絶えた。その後、マリーの異父妹アリス・ド・シャンパーニュの血統が、エルサレム王位を継いだ。