アンジューの領主一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンジューの領主一覧では、アンジューの統治者並びに名目上の称号保持者を列挙する。

アンジュー伯の称号は9世紀西フランク国王シャルル2世禿頭王からロベール豪胆公へ初めて授けられた。インゲルゲリウス(アンジュジェ)及びその息子達は、インゲルゲリウスの息子であるフルク1世赤顔伯 がアンジュー伯の称号を奪取するまでアンジェの子爵であった。ロベール家及びその後身であるカペー家ヴァイキングとの争いや他の関心ごとにそらしていたことから、270年以上後のフランス国王フィリップ2世の統治まではアンジュー伯領を回復することは出来なかった。

インゲルゲリウス家の男系はジョフロワ2世鎚伯の代で絶えた。 それ以後のアンジュー伯はジョフロワ2世の姉妹であるエルマンガルドガティネ伯ジョフロワ2世夫妻の子孫である。イングランドプランタジネット家をも含む夫妻の男系子孫はフランス国王によって支配されるまでこれらの称号と財産を掌握し続けた。その後、アンジュー伯の称号は1360年以降になるとアンジュー公 の称号が何回か、大概、ヴァロワ家及びブルボン家のフランス王族に授けられた。

イングランドにおけるヨーク公の称号と同じく、初期における創設時を除いてアンジュー公の称号を受け取った者は皆それを伝え残すことが出来なかった。男子の後継者を残すことなく死ぬと、アンジュー公はフランス国王ないしその相続人のもとに返還されたのである。

アンジュー公の称号はルイ14世の孫フィリップがスペイン国王フェリペ5世として即位するまで有していた。それ以来、スペイン・ブルボン家レジティミスト王位請求者は生まれながらのアンジュー公の称号を今日に至るまでなお有しているが、これはオルレアニスト王位請求者の甥もまた同じである。

アンジュー伯[編集]

ロベール家[編集]

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
ロベルト豪胆公
861年–866年
兼ネウストリア辺境伯、トゥール伯
820年
?
ロベール3世・ド・ヘスバイユとワルドラデの息子
 ?
2人の息子を儲ける
866年
45歳没
ウード
866年-898年
兼西フランク国王、ネウストリア辺境伯、パリ伯
Odo of France.PNG 852年
ラ・フェーレ
ロベルト豪胆公アデレイド・ド・トゥールの息子
テオデラデ・ド・トロワ
2人の息子を儲ける
898年
46歳没

インゲルゲリウス(アンジュジェ)家[編集]

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
インゲルゲリウス(アンジュジェ)
(アンジェ子爵)
845年
レンヌ
テルチェル(トルチェルフ)とペトロニアの息子
アデライス
1人息子を儲ける
888年
42歳没
フルク1世赤顔伯
929年–942年
870年
インゲルゲリウス(アンジュジェ)とアデライス・デ・アンボイスの息子
ロザリー・ド・ローズ
1人息子を儲ける
942年
72歳没
フルク2世善良伯
942年–958年
フルク1世赤顔伯の息子 ゲルベルゲ
2人の息子を儲ける
958年11月11日
トゥール
ジョフロワ1世灰衣伯
960年–987年
フルク2世善良伯の息子 (1) アデレ・ド・モー
4人の子を儲ける
(2) アデライズ・ド・シャロン
979年5月
1人息子を儲ける
987年7月21日
フルク3世黒顔伯
987年–1040年
Nerra.jpg 972年
ジョフロワ1世灰衣伯アデレ・ド・モーの息子
(1)エリザベト・ド・ヴァンドーム
1人娘を儲ける
(2) ヒルデガルデ・ド・サンドガウ
1001年
2人息子を儲ける
1040年6月21日
メス
68歳没
ジョフロワ2世鎚伯
1040年–1060年
フルク3世黒顔伯 とヒルデガルデ・ド・サンドガウの息子 (1) アニェス・ド・ブルゴーニュ
1032年
子を儲けず
(2) グレツィア・ド・ランゲアイズ
子を儲けず
(3) アデレ
子を儲けず
(4) グレツィア・ド・ランゲアイズ
子を儲けず
(5) アーデライト
子を儲けず

ガティネ家及びプランタジネット家[編集]

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
ジョフロワ3世髭伯
1060年–1067年
Geoffrey3Anjou.jpg 1040年
ガティネ伯ジョフロワ2世エルマンガルド・ド・アンジューの長子
(1) ユリアンヌ・ド・ランゲアイズ
子を儲けず
1096年
56歳没
フルク4世病気質伯
1067年–1109年
Fulko4Anjou.jpg 1043年
ガティネ伯ジョフロワ2世エルマンガルド・ド・アンジューの次男
(1) ヒルデガルデ・ド・ボージェンシー
1人娘を儲ける
(2)エルマンガルド・ド・ブルボン
1070年
1人息子を儲ける
(3)オレンガルデ・ド・シャテライロン
1076年
子を儲けず
(4) マンティエ・ド・ブリエンヌ
1080年
子を儲けず
(5) ベルトラード・ド・モンフォール
1089年
1人息子を儲ける
1109年4月14日
66歳没
ジョフロワ4世鎚若伯
1103年–1106年
1070年
フルク4世病気質伯とエルマンガルド・ド・ブルボンの息子
未婚
子を儲けず
1106年5月19日
カンデ
36歳没
フルク5世若伯
1106年–1129年
エルサレム国王
Foulque5.jpg 1089年
アンジェ
フルク4世病気質伯ベルトラード・ド・モンフォールの息子
(1) エルマンガルド・ド・メーヌ
1110年
4人の子を儲ける
(2) メリザンド
1129年6月2日
エルサレム
2人子を儲ける
1143年11月1日
アッコ
54歳没
ジョフロワ5世・ド・プランタジネット
1129年–1151年
トゥール伯メーヌ伯ノルマンディー
Geoffrey of Anjou Monument.jpg 1113年8月24日
フルク5世若伯エルマンガルド・ド・メーヌの息子
マティルダ
1128年6月17日
3人の子を儲ける
1151年9月7日
シャトノワ・ド・ロイル
38歳没
アンリ1世
1151年–1189年
イングランド国王メーヌ伯ノルマンディーアキテーヌ公ガスコーニュ公アイルランド卿
Henry II.jpg 1133年3月5日
ル・マン
ジョフロワ5世・ド・プランタジネットマティルダの息子
アリエノール・ダキテーヌ
1152年5月18日
ポワチエ
8人子を儲ける
1189年7月6日
シノン城
56歳没
リシャール1世
1189年–1199年
イングランド国王メーヌ伯ナント伯、ノルマンディーアキテーヌ公ガスコーニュ公アイルランド卿
Richard coeurdelion g.jpg 1157年9月8日
ボーモント宮殿
アンリ1世アリエノール・ダキテーヌの息子
ベレンガリア・オブ・ナヴァール
1191年5月12日
リマソール
嫡子を儲けず
1199年4月6日
シャールース
41歳没
アルテュール1世
1199年–1203年
ブルターニュ公
Artur of Brittany.jpg 1187年3月29日
ブルターニュ公ジョフロワ2世コンスタンスの息子。
未婚
子を儲けず
1203年4月
ルーアン
16歳没

1204年にアンジューはフランス国王フィリップ2世の手によって失われた。アンジューは扶持として改めてルイ8世の三男で 1232年に13歳で死んだジャンに、それから同じく末子で後のカペー系アンジュー朝初代シチリア国王となるシャルル に与えられた。

カペー家[編集]

アンジュー=シチリア家[編集]

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
ジャン1世トリスタン
1219年–1232年
シャルル1世
1246年–1285年
シチリア国王アルバニア国王エルサレム国王メーヌ伯プロヴァンス伯フォルカルキエ
Palazzo Reale di Napoli - Carlo I d'Angiò.jpg 1226年3月21日
ルイ8世ブランシュ・ド・カスティーユの末子
(1) ベアトリス・ド・プロヴァンス
1246年1月31日
エクス=アン=プロヴァンス
7人子を儲ける
(2) マルグリット・ド・ブルゴーニュ
1268年
1人娘を儲ける
1285年1月7日
フォッジャ
58歳没
シャルル2世
1285年–1290年
ナポリ国王アルバニア国王サレルノ公アカイア公
Charles 2 of Naples.jpg 1254年
シャルル1世ベアトリス・ド・プロヴァンスの息子
マリア・ドゥンゲリア
1270年
14 人子を儲ける
1309年5月5日
ナポリ
55歳没
マルグリット1世
1285年–1299年
1273年
シャルル2世マリア・ドゥンゲリアの娘
ヴァロワ伯シャルル
1290年8月16日
コルベイル[要曖昧さ回避]
6人子を儲ける
1299年12月31日
26歳

1290年にマルグッドがフランス国王フィリップ4世の弟ヴァロワ伯シャルルと結婚したことで、彼がマルグリッドの後継者としてアンジュー伯となった。

ヴァロワ家[編集]

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
シャルル3世
1270年–1325年
ヴァロワ伯
Karel Valois.jpg 1270年3月12日
フランス国王フィリップ3世イザベル・ダラゴンの四男
(1) マルグリット1世
1290年
6人子を儲ける
(2) カトリーヌ・ド・クルトネー
1302年
4人子を儲ける
(3) マオー・ド・シャティヨン
1308年
4人子を儲ける
1325年12月16日
ノゲント=レ=ロイ
55歳没
フィリップ1世
1293年–1350年
フランス国王メーヌ伯ヴァロワ伯
Phil6france.jpg 1293年
シャルル3世マルグリット1世の息子
(1) ジャンヌ・ド・ブルゴーニュ
1313年7月
7人子を儲ける
(2) ブランシュ・デヴルー
1350年1月11日
1人娘を儲ける
1350年8月22日
ノゲント=レ=ロイ
57歳没
ジャン2世
1319年–1364年
フランス国王メーヌ伯ポワチエ伯オーヴェルニュ伯ブルゴーニュ伯ノルマンディーアキテーヌ公ブルゴーニュ
JeanIIdFrance.jpg 1319年4月6日
フィリップ1世ジャンヌ・ド・ブルゴーニュの息子
(1) ボンヌ・ド・リュクサンブール
1332年7月28日
ムランのノートルダム教会
9人子を儲ける
(2) ジャンヌ・ドーヴェルニュ
1350年2月19日
ナンテール
2人子を儲ける
1364年4月8日
サヴォイ
44歳没
ルイ1世
1339年–1383年
メーヌ伯プロヴァンス伯トゥーレーヌ公ナポリ国王エルサレム国王
1339年7月23日
シャトノワ・ド・ヴィンセンス
ジャン2世ボンヌ・ド・リュクサンブールの次男
マリー・ド・ブロワ
1360年
3人子を儲ける
1384年9月20日
ビシェーリエ
45歳没

アンジュー公[編集]

1次創設 1360年–1481年 : ヴァロワ=アンジュー家[編集]

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
ルイ1世
1339年–1383年
メーヌ伯プロヴァンス伯トゥーレーヌ公ナポリ国王
1339年7月23日
シャトノワ・ド・ヴィンセンス
ジャン2世ボンヌ・ド・リュクサンブールの次男
マリー・ド・ブロワ
1360年
3人子を儲ける
1384年9月20日
ビシェーリエ
45歳没
ルイ2世
1377年–1417年
ナポリ国王
Luigi II d'Angiò.jpg 1377年
トゥールーズ
ルイ1世マリー・ド・ブロワの息子
ヨランド・ダラゴン
アルル
1400年
5人子を儲ける
1417年4月29日
アンジェ
40歳没
ルイ3世
1403–1434
プロヴァンス伯フォルカルキエ伯、ピエモンテ伯、メーヌ伯カラブリア公ナポリ国王
CoA Louis II and Louis III of Anjou.svg 1403年9月25日
ルイ2世ヨランド・ダラゴンの長男
マルグリッド・ド・サヴォワ
コゼンツァ
1432年
子を儲けず
1434年11月12日
コゼンツァ
31歳没
ルネ1世
1409年–1480年
プロヴァンス伯ピエモンテ伯、バル公ロレーヌナポリ国王
1409年1月16日
アンジェ城
ルイ2世ヨランド・ダラゴンの次男
(1) イザベル・ド・ロレーヌ
1420年
10人子を儲ける
(2) ジャンヌ・ド・ラヴァル
1454年9月10日
アンジェ、聖ニコラ修道院
no issue
1480年7月10日
エクス=アン=プロヴァンス
71歳没
シャルル4世
1446年–1481年
メーヌ伯ギース伯プロヴァンス伯
CoA Charles V of Anjou.svg 1446年
シャルル・デュ・メーヌとコベッラ・ルッフォの息子
ジャンヌ・ド・ロレーヌ
1474年
子を儲けず
1481年
35歳

シャルル4世の死によってアンジュー公領王領へ返還された。

2次創設 1515年–1531年 : サヴォイア=ブレッセ家[編集]

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
ルイーズ・ド・サヴォワ
1476–1531
オーヴェルニュ公ブルボン公ヌムール公
LouisedeSavoie1.jpg 1476年9月11日
ポント=ドゥアイン
サヴォイアフィリッポ2世マルグリット・ド・ブルボンの長女
アングレーム伯シャルル・ドルレアン
1488年2月16日
パリ
1人娘、1人息子を儲ける
1531年9月22日
グレ=シュル=ロワン
55歳没

3次創設 1566年–1576年 : ヴァロワ=アングレーム家[編集]

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
アンリ2世
1566年–1576年
フランス王太子アングレーム公オルレアン公
Anjou 1570louvre.jpg
1551年9月19日
フォンテーヌブロー宮殿
フランス国王アンリ2世カトリーヌ・ド・メディシスの四男
ルイーズ・ド・ロレーヌ=ヴォーデモン
1575年2月13日
ノートルダム大聖堂
子を儲けず
1589年8月2日
サン=クルー
37歳没

4次創設 1576年–1584年 : ヴァロワ=アングレーム家[編集]

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
フランソワ1世
1576年–1584年
ベリー公トゥーレーヌ公、アランソン公シャトー=ティエリ公、エヴルー公ペルチェ伯ムラン伯マント
Nicholas Hilliard 002.jpg
1555年3月18日
フォンテーヌブロー宮殿
フランス国王アンリ2世カトリーヌ・ド・メディシスの五男
未婚 1584年6月19日
シャトー=ティエリ
29歳没

5次創設 : 1608年–1626年 : 古ブルボン=オルレアン家[編集]

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
ガストン1世
1608年–1626年
オルレアン公シャルトル公ブロワ伯アランソン公
1608 Gaston.jpg
1608年4月25日
>フォンテーヌブロー宮殿
フランス国王アンリ4世マリー・ド・メディシスの三男
(1) マリー・ド・ブルボン=モンパンシエ
1626年8月6日
ナント
1人娘を儲ける
(2) マルグリット・ド・ロレーヌ
1632年1月31日
ナンシー
5人子を儲ける
1660年2月2日
ブロワ城
51歳没

6次創設 : 1640年–1660年 : ブルボン=オルレアン家[編集]

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
フィリップ1世
1640年–1660年
オルレアン公シャルトル公アランソン公, ヌムール公モントペンシル公シャテルロー公サイント=ファルゲアウ公、ベアウプレアウ公、ジョアンヴィル公ドゥロゥダン伯、ロモランティン伯、モルティン伯バル=サル=セーヌ伯、 アウゲー子爵、ドムフロント子爵[要曖昧さ回避]コウシー[要曖昧さ回避]フォレムブライメジエール[要曖昧さ回避]ベアウヨライス男爵、モンタルジ領主
Philippe de France wearing coronation clothes for his brother, Ecole française.jpg
1640年9月21日
シャトノワ・ド・サイント=ゲルマイン=エン=ライエ
フランス国王ルイ13世アンヌ・ドートリッシュの次男
(1) ヘンリエッタ・アン・ステュアート
1661年3月31日
パレ・ロワイヤル
3人子を儲ける
(2) エリザベート・シャルロット・ド・バヴィエール
1671年11月16日
シャロン=アン=シャンパーニュ
3人子を儲ける
1701年6月9日
シャトノワ・ド・サント・クロウド
60歳没

7次創設 : 1668年–1671年 : フランス・ブルボン家[編集]

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
フィリップ・シャルル1世
1668年–1671年
Filip Karol Burbon.jpg
1668年8月5日
シャトノワ・ド・サイント=ゲルマイン=エン=ライエ
フランス国王ルイ14世マリー・テレーズ・ドートリッシュの次男
未婚 1671年7月10日
シャトノワ・ド・サイント=ゲルマイン=エン=ライエ
2歳没

8次創設 : 1672年 : フランス・ブルボン家[編集]

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
ルイ・フランソワ1世
1672年
Grand Royal Coat of Arms of France.svg
1672年6月14日
シャトノワ・ド・サイント=ゲルマイン=エン=ライエ
フランス国王ルイ14世マリー・テレーズ・ドートリッシュの三男
未婚 1672年11月4日
シャトノワ・ド・サイント=ゲルマイン=エン=ライエ

9次創設 : 1683年–1700年 : スペイン・ブルボン家[編集]

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
フィリップ2世
1683年–1700年
Felipe V, duque de Anjou.jpg
1683年12月19日
ヴェルサイユ宮殿
フランス王太子ルイマリー・アンヌ・ド・バヴィエールの次男
(1) マリア・ルイーザ・ディ・サヴォイア
1701年11月2日
フィゲラス
4人子を儲ける
(2) エリザベッタ・ファルネーゼ
1714年12月24日
グアダラハラ
7人子を儲ける
1746年7月9日
マドリッド
62歳没

10次創設 : 1710年–1715年 : フランス・ブルボン家[編集]

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
ルイ4世
1710年–1715年
フランス王太子
LouisXVchild.jpg
1710年2月15日
ヴェルサイユ宮殿
ブルゴーニュ公ルイマリー・アデライード・ド・サヴォワの三男
マリー・レクザンスカ
1725年9月4日
フォンテーヌブロー宮殿
11人子を儲ける
1774年5月10日
ヴェルサイユ宮殿
64歳没

11次創設 : 1730年–1733年 : フランス・ブルボン家[編集]

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
フィリップ3世
1730年–1733年
Philippe de France by Barrière.jpg
1730年8月30日
ヴェルサイユ宮殿
フランス国王ルイ15世マリー・レクザンスカの四男
未婚 1733年4月17日
ヴェルサイユ宮殿
2歳没

12次創設 : 1755年–1795年: フランス・ブルボン家[編集]

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
ルイ5世
1755年–1795年
プロヴァンス伯メーヌ伯ペルチェ伯 、セノチェス伯
Louis Stanislas Young.jpg
1755年11月17日
ヴェルサイユ宮殿
フランス王太子ルイ・フェルディナンマリー=ジョゼフ・ド・サクスの四男
マリー・ジョゼフィーヌ・ド・サヴォワ
1771年5月14日
ヴェルサイユ宮殿
子を儲けず
1824年9月16日
パリ
68歳没

名目上のアンジュー公[編集]

1883年–現在 : スペイン・ブルボン家[編集]

シャンボール伯アンリ没後、スペイン国王フェリペ5世の子孫が生き残ったルイ14世の唯一の者となった。その中でスペイン王位請求者であるカルリスタの年長者がカペー家の長老となった。彼等の内、何人かが儀礼称号(名目上の称号)である アンジュー公を有していた。

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
ジャック1世
1883年–1931年
兼マドリッド公
Don Jaime de Borbón.jpg
1870年6月27日
ヴェヴェイ
マドリード公カルロス・マリア・デ・ボルボーンマルゲリータ・ディ・ボルボーネ=パルマの三男
未婚 1931年10月2日
パリ
60歳没
シャルル5世
1931年–1936年
兼サン・ハイメ公
AlfonsoCarlos.jpg
1849年9月2日
ロンドン
モンティソン伯フアン・カルロスマリーア・ベアトリーチェ・ダズブルゴ=エステの次男
マリア・ダス・ネヴェス・デ・ブラガンサ
1871年4月26日
クラインホイバッハ
子を儲けず
1936年9月29日
ヴィーン
87歳没

1936年にアルフォンソ・カルロス(シャルル5世)が死ぬとカペー家長老の地位はスペインの廃王アルフォンソ13世に渡った。 1941年セゴビア公ハイメは父アルフォンソ13世(レジティミスト王位請求者としてはアルフォンス1世)からルイ14世の男系相続人を継承したことでレジティミストのフランス王位請求者となり、アンジュー公の称号を採用した。

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
ジャック2世
1941年–1975年
兼セゴビア公、マドリード公
Jaime Enrique de Borbón.jpg
1908年6月2日
ラ・グランハ宮殿
スペイン国王アルフォンソ13世ヴィクトリア・ユージェニー・オブ・バッテンバーグの次男
(1) エマニュエル・ド・ダンピエール
1935年3月4日
ローマ、サン・イグナシオ・ディ・ロヨラ教会
2人子を儲ける
(2) シャルロッテ・ティーデマン
1949年8月3日
インスブルック
子を儲けず
1975年3月20日
ザンクト・ガレン
66歳没
アルフォンス1世
1975年–1989年
カディス公、ブルボン公ブルゴーニュ公
1936年4月20日
ローマ
ジャック2世とエマニュエル・ド・ダンピエールの長男
マリア・デル・カルメン・マルチネス=ボルディウ・イ・フランコ
1972年3月8日
エル・プラド宮殿
2人息子を儲ける
1989年1月30日
ビーヴァー・クリーク
52歳
ルイ6世
1989年–現在
トゥーレーヌ公、ブルボン公
Louis de Bourbon.jpg
1974年4月5日
マドリッド
アルフォンス1世マリア・デル・カルメン・マルチネス=ボルディウ・イ・フランコの次男
マリア・マルガリータ・バルガス・イ・サンタエージャ
2004年11月6日
ラ・ロマーナ
3人子を儲ける
生存

2004–現在 : ブルボン=オルレアン家[編集]

2004年12月8日オルレアニストのフランス王位請求者フランス公アンリは甥シャルル=フィリップ・ドルレアン にアンジュー公の称号を授けた。アンリにとってはアンジュー公の称号はルイ5世(フランス王ルイ18世)が死去した1824年以降は使用可能であった。何故ならばアンリはスペイン・ブルボン家の儀礼称号を認めていなかったからである。

名前 肖像画 生誕 結婚 死去
シャルル=フィリップ1世
2004年–現在
Prince d'Orléans.png
1973年3月3日
パリ
エヴルー伯ミシェルベアトリス・パスキエ・ド・フランリューの長男
ディアナ・アルヴァレス・ペレイラ・デ・メロ
2008年6月21日
エヴォラ大聖堂
1人娘を儲ける
生存

関連項目[編集]

外部リンク[編集]