ギー・ド・リュジニャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギー・ド・リュジニャン
Guy de Lusignan
エルサレム王・キプロス王
Guido di Lusignano.jpg
ギー・ド・リュジニャン(ピコ画)
在位 エルサレム王:1186年 - 1192年
キプロス王:1192年 - 1194年
出生 1159年
Flag of France (XII-XIII).svg フランスアキテーヌポワトゥー
死去 1194年7月18日
Armoiries Chypre.svg キプロスニコシア
埋葬  
キプロスの旗 キプロスニコシア
配偶者 エルサレム女王シビーユ
王家 リュジニャン家
父親 ユーグ8世
テンプレートを表示

ギー・ド・リュジニャン(Guy de Lusignan、1159年 - 1194年)は、フランス騎士。エルサレム女王シビーユと結婚し、エルサレム国王となるが、ハッティンの戦いサラディンに敗れ、エルサレム陥落を導くことになる。

ギーはポワティエリュジニャン伯の息子だったが、1168年に彼ら兄弟はソールズベリー伯と争い、当時アキテーヌ公代理だったリシャール(後のリチャード獅子心王)に追放された。ギーは兄のエメリーと共に1170年代にエルサレムへ行き、ボードゥアン4世とシビーユの母アニェス(ヤッファ伯)の元へ身を寄せた。アニェスはトリポリ伯レーモン3世との勢力争いにおいて、最初の夫を亡くしているシビーユの後ろ盾を必要としており、1180年にギーとシビーユは結婚した。1182年にボードゥアン4世の摂政となるが、イスラム勢力との勢力均衡を望む貴族たちと対立し、同様の境遇である元アンティオキアルノー・ド・シャティヨンや新着の十字軍士と組んで、サラディンとの対立を強めた。

このため、ボードゥアン4世と貴族たちはシビーユとギーを離婚させようとしたが、シビーユは離婚を望まなかった。 1185年にボードゥアン4世が亡くなると、ボードゥアン5世が王位を継ぐが、まもなく亡くなった。シビーユは女王になるに及んでギーとの離婚を要求されるが、これを拒否し、ギーは共同統治王となる。 トリポリ伯レーモン3世の反対を押し切り、サラディンとの戦いを始め、1187年のハッティンの戦いで大敗し、自らも捕虜となった。共に捕らえられたルノー・ド・シャティヨンは殺されたが、ギーの命は助けられ、1188年に解放された。しかし、すでにエルサレムは陥落し、モンフェラート侯コンラードの守るティール等のわずかな地域を残すのみであった。

1190年にシビーユが亡くなると、エルサレム王国貴族はイザベルを女王にするが、ギーは王位の放棄を承知しなかった。 エルサレム陥落に衝撃を受け、第3回十字軍がやってくると、ギーは旧主であるリチャード1世の旗下に参じた。フランス王フィリップ2世はイザベルとその夫モンフェラート侯コンラードの王位を支持したが、ギーはリチャードの支持を受けて1192年まで王位を主張する。1192年にコンラードは暗殺されたが、これはリチャードかギーが暗殺教団に依頼したものだと噂が立った。しかし、シャンパーニュ伯アンリ(リチャードの甥)がイザベルの夫となると、リチャードもこれを支持したため、ギーはキプロスを受け取り、王位を放棄した。

1194年にギーは亡くなった。兄のエメリーがキプロスを受け継ぎ、以降リュジニャン王家によるキプロス王国が続くことになる。

ギー・ド・リュジニャンが登場する映画[編集]

先代:
ボードゥアン5世
エルサレム国王
シビーユと共同統治
1186年 - 1192年
次代:
コンラート1世イザベル1世