ルノー・ド・シャティヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルノー・ド・シャティヨン
Renaud de Châtillon
アンティオキア公
在位 1153年 - 1160年
出生 1125年
シャンパーニュ
死去 1187年7月4日
ヒッティーン
配偶者 コンスタンス女公
  エティエネット・ド・ミリー
王家 シャティヨン家
テンプレートを表示

ルノー・ド・シャティヨン(Renaud de Châtillon、1125年頃 - 1187年7月4日)は、フランス騎士。1147年に第2回十字軍に参加し、1153年にアンティオキア公国コンスタンス女公と結婚し、アンティオキア公となる。ヒッティーンの戦いで捕らえられ、サラーフッディーン自ら彼を処刑したといわれる。対イスラム強硬派としてキリスト教穏健派、イスラム教徒両方から嫌われた。

生涯[編集]

ルノーはシャンパーニュの中流の貴族シャティヨン家(一族には第1回十字軍の呼びかけを行った教皇ウルバヌス2世がいる)に生まれる。武装巡礼として中東を訪れてエルサレム王ボードゥアン3世に仕官し[1]、1147年に第2回十字軍に参加した。ルノーは前夫を亡くしていたアンティオキア公国のコンスタンスと1153年に結婚してアンティオキア公となる。良家の出身で軍事経験があり、国政に関与しない取り巻きを持たないルノーの婿入りは当初アンティオキア側から歓迎された[1]。しかし、強引な手法はアンティオキアの家臣から不満を持たれ、アレッポを支配するザンギー朝からも嫌悪された[2]

アンティオキア公となったルノーは1156年にビザンツ帝国(東ローマ帝国)の支配下にあるキプロス島での略奪を企て、アンティオキア総大司教エムリー・ド・リモージュに軍費の負担を要求した。要求を拒んだエムリーを監禁して拷問にかけた末に軍費を獲得し、1156年春にルノーの部隊がキプロス島を襲撃した[2]。田畑と建物は破壊され、島の住民は暴行、誘拐、あるいは殺害された[2]。さらにルノーは島の正教会の聖職者をすべて集めて彼らの鼻を削ぎ落とし、コンスタンティノープルに送り返した[2]1157年にボードゥアン3世の支援を受けてアルター要塞を奪回したが、ビザンツ帝国とザンギー朝から圧力を受ける。ビザンツとの友好関係の確立を図るボードゥアン3世の説得を受け、ルノーはビザンツに屈服する[3]。また、1157年から1160年にかけての時期には君主のヌールッディーンが病に罹ったザンギー朝の拡大が停滞し、ルノーはこの機会に乗じて領地を拡大する[4]。1160年[5]/61年[6]にルノーはヌールッディーンの捕虜となり、15年間アレッポに幽閉される[6]

1176年に多額の身代金で解放された後、エルサレム王国に現れたルノーは、エティエネット・ド・ミリー(Etienette de Milly / Stephanie de Milly)と結婚してその所領であったヨルダン川東岸のカラクの城を手に入れ、カラクを拠点とするトランスヨルダン領の領主となった。エルサレム王の軍の指揮官ともなったルノーは、ボードゥアン4世が1177年にサラーフッディーンを破ったモンジザールの戦いに参加した。その後、ルノーはボードゥアン4世とサラーフッディーンの間に和平が結ばれたにもかかわらず、1181年メディナを襲う姿勢を見せた。進軍中に牽制を受けて退却したが、隊商から200,000枚の金貨を略奪し、ボードゥアン4世の返還命令を拒絶した[7]1182年[8]/1183年1月[9]メッカ・メディナに向けて進軍し、紅海貿易を掌握するために艦隊を出動させる[9]。しかし、ルノーの艦隊はアイザーブ沖でエジプト軍に撃破され、生き残った170人の捕虜はカイロで処刑された[10]

これに怒ったサラーフッディーンは、1183年にカラク城で行われていたルノーの義理の息子であるオンフロワとエルサレム王女イザベルとの結婚式を襲撃した。カラクはサラーフッディーンの弟アル=アーディルの包囲を受けたが、天然の要害であるカラクは1か月を越える包囲に持ちこたえた[11]。1184年7月にカラクはサラディン、アーディルによって再び包囲を受けたが、援軍の到着によって窮地を脱した[11]。エルサレム王ボードゥアン4世の救援でカラク城は救われたものの、立場が弱くなったルノーはギー・ド・リュジニャンと連携し、トリポリ伯レイモンと対抗した。

1187年にルノーはイスラム教徒の商人への襲撃を再開し、多くの捕虜をカラクに連行する。サラーフッディーンはルノーの行為を非難し、捕虜の釈放と戦利品の返還を要求したが、ルノーは使者との面会を拒絶した[12]。1187年3月にジハード(聖戦)を宣告したサラーフッディーンがパレスチナに進軍した後、ルノーはギー、レイモンらと合流する。7月4日のヒッティーンの戦いでギーが率いる十字軍は大敗し、ルノーはギーとともに捕らわれた。ルノーとギーはサラーフッディーンの前に引き出され、ギーは生命の安全を保障されたが、ルノーは以前からの数々の背信行為を非難された後、サラーフッディーンの手によって断首された[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b ジョティシュキー『十字軍の歴史』、145頁
  2. ^ a b c d マアルーフ『アラブが見た十字軍』、237頁
  3. ^ ジョティシュキー『十字軍の歴史』、146頁
  4. ^ タート『十字軍』、88頁
  5. ^ タート『十字軍』、90頁
  6. ^ a b ジョティシュキー『十字軍の歴史』、147頁
  7. ^ タート『十字軍』、103頁
  8. ^ タート『十字軍』、104頁
  9. ^ a b 佐藤『イスラームの「英雄」サラディン』、156頁
  10. ^ 佐藤『イスラームの「英雄」サラディン』、136頁
  11. ^ a b 佐藤『イスラームの「英雄」サラディン』、157頁
  12. ^ 佐藤『イスラームの「英雄」サラディン』、167頁
  13. ^ 佐藤『イスラームの「英雄」サラディン』、171頁

参考文献[編集]

  • 佐藤次高『イスラームの「英雄」サラディン』(講談社選書メチエ, 講談社, 1996年5月)
  • アンドリュー・ジョティシュキー『十字軍の歴史』(森田安一訳, 刀水歴史全書, 刀水書房, 2013年12月)
  • アミン・マアルーフ『アラブが見た十字軍』(牟田口義郎、新川雅子訳, リブロポート, 1986年4月)
  • ジョルジュ・タート『十字軍』(南条郁子、松田廸子訳, 「知の再発見」双書, 創元社, 1993年9月)
先代:
レーモンコンスタンス
アンティオキア公
1153年 - 1160年
次代:
コンスタンス