ルノー・ド・シャティヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルノー・ド・シャティヨン
Renaud de Châtillon
アンティオキア公
在位 1153年 - 1160年
出生 1125年
シャンパーニュ
死去 1187年7月4日
ヒッティーン
配偶者 コンスタンス女公
  エティエネット・ド・ミリー
王家 シャティヨン家
テンプレートを表示

ルノー・ド・シャティヨン(Renaud de Châtillon、1125年頃 - 1187年7月4日)は、フランス騎士。1147年に第2回十字軍に参加し、1153年にアンティオキア公国コンスタンス女公と結婚し、アンティオキア公となる。ハッティンの戦いで捕らえられ、サラーフッディーン自ら彼を処刑したといわれる。対イスラム強硬派としてキリスト教穏健派、イスラム教徒両方から嫌われた。

ルノーはシャンパーニュの中流の貴族シャティヨン家(一族には第1回十字軍の呼びかけを行った教皇ウルバヌス2世がいる)に生まれ、一旗あげるために、1147年に第2回十字軍に参加した。前夫を亡くしていたアンティオキア公国のコンスタンスと1153年に結婚し、アンティオキア公となる。1160年にヌールッディーンの捕虜となり、アンティオキア公位を失った。アンティオキア公時代についてはアンティオキア公国#強盗騎士ルノー・ド・シャティヨンを参照。

1176年に多額の身代金で解放された後、エルサレム王国に現れたルノーは、エティエネット・ド・ミリー(Etienette de Milly / Stephanie de Milly)と結婚してその所領であったヨルダン川東岸のケラクの城を手に入れ、ケラクを拠点とするトランスヨルダン領の領主となった。エルサレム王の軍の指揮官ともなったルノーは、ボードゥアン4世が1177年にサラーフッディーンを破ったモンジザールの戦いに参加した。その後、ルノーはボードゥアン4世とサラーフッディーンの間に和平が結ばれたにもかかわらず、1181年にイスラム教徒の商人や巡礼者を襲撃し、さらに紅海に船団を出して海賊行為を行い、イスラムの聖都メッカメジナを襲う姿勢を見せた。

これに怒ったサラーフッディーンは、1183年にケラク城で行われていたルノーの義理の息子であるオンフロワとエルサレム王女イザベルとの結婚式を襲撃した。エルサレム王ボードゥアン4世の救援でケラク城は救われたものの、立場が弱くなったルノーはギー・ド・リュジニャンと連携し、トリポリ伯レイモンと対抗した。

1186年にイスラム教徒の商人への襲撃を再開したことにより、サラーフッディーンとの和平が破れ、ハッティンの戦いとなる。大敗の中で捕らえられ、サラーフッディーンの手により断首された。

ルノー・ド・シャティヨンが登場する映画[編集]

先代:
レーモンコンスタンス
アンティオキア公
1153年 - 1160年
次代:
コンスタンス