リュジニャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Lusignan
Armoiries Lusignan Chypre.svg
Village of Lusignan.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ポワトゥー=シャラント地域圏
(département) ヴィエンヌ県
(arrondissement) ポワティエ郡
小郡 (canton) リュジニャン小郡
INSEEコード 86139
郵便番号 86600
市長任期 ルネ・ジボー
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) Communauté de communes du Pays Mélusin
人口動態
人口 2 565人
2006年
人口密度 68人/km²
地理
座標 北緯46度26分08秒 東経0度07分25秒 / 北緯46.435556度 東経0.123611度 / 46.435556; 0.123611座標: 北緯46度26分08秒 東経0度07分25秒 / 北緯46.435556度 東経0.123611度 / 46.435556; 0.123611
標高 平均:?m
最低:99m
最高:159m
面積 37 82km² (3 782ha)
Lusignanの位置(フランス内)
Lusignan
Lusignan
テンプレートを表示

リュジニャンLusignan)は、フランスポワトゥー=シャラント地域圏ヴィエンヌ県コミューンポワティエの南西約25kmのところにある。

歴史[編集]

フランス王国がサン=ジャン=ダンジェリとリュジニャンを領土に組み入れた。

ユグノー戦争中、ロアン子爵ルイ2世がリュジニャンを掌握していたにもかかわらず、1575年にモンパンシエ公ルイ3世(オラニエ公妃シャルロットの父)が都市を包囲し飢餓に追い込み、陥落させた[1]

中世の砦であったリュジニャン城は、リュジニャン伯の妻メリュジーヌが建てたという伝説が残る、リュジニャン家(のちにキプロス王国エルサレム王国の支配者となる)の本拠地であった。この城はベリー公のいとも豪華なる時祷書に登場する。1574年、城は砲撃を受け破壊された。原型のスケッチ画が、ビブリオテーク・ナショナルに保管されている。

リュジニャン住民が自らを『メリュザン』(Mélusins、男性形)または『メリュジーヌ』(Mélusines、女性形)と呼ぶのは、リュジニャン家の祖メリュジーヌに関連している[2]

参照[編集]

  1. ^ Guerres de religion-Miquel p 308
  2. ^ Gentilé sur le site habitants.fr Consulté le 27/09/2008.

外部リンク[編集]