シャルロット・ド・ブルボン=ヴァンドーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オラニエ公妃シャルロット

シャルロット・ド・ブルボン=ヴァンドーム(Charlotte de Bourbon-Vendôme)またはシャルロット・ド・ブルボン=モンパンシエ(Charlotte de Bourbon-Montpensier, 1546年または1547年 - 1582年5月5日)は、オラニエ公ウィレム1世の3度目の妃。

フランスブルボン家傍系モンパンシエ公ルイ3世・ド・ブルボン=ヴァンドームと、妃ジャクリーヌ・ド・ロングヴィの四女として生まれた。フランス王アンリ4世の父ヴァンドーム公アントワーヌの又従妹に当たる。

1575年、ブリーレ(現在のオランダ南ホラント州)でウィレムと結婚した。夫との間に6女をもうけた。

  • ルイーゼ・ユリアナ(1576年 - 1644年) プファルツ選帝侯フリードリヒ4世
  • エリーザベト(1577年 - 1642年) フランス貴族アンリ・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュの妻。テュレンヌ元帥の母となった。
  • カタリーナ・ベルヒカ(1578年 - 1648年) ハーナウ=ミュンツェンベルク公フィリップ・ルートヴィヒ2世妃
  • シャルロッテ・フランドリナ(1579年 - 1640年) 1593年にカトリックに改宗し尼僧となった
  • シャルロッテ・ブラバンティナ(1580年 - 1631年) トゥアル公クロード妃
  • エミリア・セクンダ・アントウェルピナ(1581年 - 1657年) プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ランツベルク伯フリードリヒ・カジミール妃

1582年、夫ウィレムが暗殺未遂事件に遭い、その看護をしている間に、シャルロットは急逝した。