ジャン・ド・ブリエンヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・ド・ブリエンヌ
Jean de Brienne
エルサレム王
ラテン皇帝
João I de Brienne 1.jpg
在位 エルサレム王 1210年1212年
ラテン皇帝 1231年 - 1237年
出生 1148年
フランスの旗 フランス シャンパーニュ
死去 1237年
ラテン帝国 コンスタンティノポリス
配偶者 マリー・ド・モンフェラート
  ステファニア(アルメニア王レヴォン2世娘)
  ベレンガリア
子女 イザベル
マリー
テンプレートを表示

ジャン・ド・ブリエンヌ1148年 - 1237年)は、エルサレム王(在位:1210年1212年)及びラテン帝国の第6代皇帝(在位:1231年 - 1237年)。

もとはフランスのシャンパーニュの騎士であったが、フランス王フィリップ2世の命を受けて、60歳のとき十字軍に参戦してシリアで活躍した。その功績から、1210年9月14日にエルサレム王国の王女マリーエルサレム王コンラードの娘)と結婚し、エルサレム王に即位した。

即位後は衰退傾向にあるエルサレム王国の再建に努め、1219年には第5回十字軍にも参戦して功績を挙げた。しかし斜陽のエルサレム王国を独力で維持することは難しく、ブリエンヌはマリーとの間に生まれた娘イザベルを時の神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世と結婚させ、その力を後ろ盾にしようとしたが、かえってフリードリヒ2世にエルサレム王国の権力全てを掌握され、エルサレム王を退位することを余儀なくされてしまった。[要出典]

その後1229年ラテン帝国摂政となり、3番目の妻ベレンガリア(レオンアルフォンソ9世カスティーリャ女王ベレンゲラの娘)との間に生まれた娘のマリーを皇帝ボードゥアン2世ド・クルトネーと結婚させた。1231年には、まだボードゥアン2世が15歳という少年であったことから共同皇帝として即位し、政治を取り仕切る立場に立った。

1235年から1236年にかけて、ニカイア帝国ヨハネス3世ドゥーカス・ヴァタツェスブルガリア帝国の連合軍に首都コンスタンティノポリスを攻められて滅亡の危機を迎えたが、ブリエンヌは防衛に徹し、ラテン帝国の危機を救った。翌年、90歳という高齢で死去した。