ラテン皇帝一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラテン帝国1204年第4回十字軍の後にコンスタンティノープルで樹立して1261年に同都市がビザンツ・ギリシャ人によって奪還されるまで続いた十字軍国家用の歴史学上の慣習である。この名称の由来は帝国のカトリック教会並びに西欧の人々("ラテン人")の性質に由来する。 その公式名称が Imperium Romaniae (ラテン語: "ロマニア")である帝国は、第4回十字軍によって解体されて分割された 東ローマ帝国の直接の相続人であることを主張した。けれどもこの主張はビザンツ・ギリシャ人の後継国家であるニカイア帝国トレビゾンド帝国及びエピロス専制侯国によって異を唱えられた。これら3国の中からニケーア帝国が1261年にラテン帝国に取って代わることに成功して東ローマ帝国を復活させた。

コンスタンティノープルのラテン皇帝、1204年–1261 年[編集]

君主 肖像画 生誕 戴冠 結婚 逝去
ボードゥアン1世
1204年–1205年
Baldwin I of Constantinople.jpg 1172年7月
エノー伯ボードゥアン5世フランドル女伯マルグリットの息子。
1204 年5月16日アヤソフィア
統治は5月9日に始まった。
マリー・ド・シャンパーニュ
1186年1月6日
2人の娘を儲ける。
1205年
ブルガリアツァーレヴェツの可能性あり
約33歳没
アンリ
1206年–1216 年
Eppignoc.jpg 1174年
エノー伯ボードゥアン5世フランドル女伯マルグリットの息子。
1206年8月20日
7月に統治開始。
(1) アグネス・ディ・モンフェラート
1207年2月4日
1人子を儲ける?

(2) マリア・ブルガリスカ
1213年
子を儲けず
1216年6月11日
約 42歳没
ピエール
1216年–1217年
Petrus2.jpg 1155年
ピエール1世・ド・クルトネーイザベラ・ド・クルトネーの息子 。
1217 年4月9日、ローマ郊外の教会
1216年統治開始
(1) アグネス・ド・ネーヴェルス
1人娘を儲ける

(2) ヨランド・ド・エノー
10 人子を儲ける
1219年
約 64歳没
ヨランド
(摂政)
1217年–1219年
1175
エノー伯ボードゥアン5世フランドル女伯マルグリットの娘。
ピエール2世・ド・クルトネー、ラテン皇帝
10 人子を儲ける。
1219年8月
44歳没
ロベルト
1221年–1228年
Robertus -Courtenay.jpg ピエール2世・ド・クルトネーヨランド・ド・エノーの息子。 1221年3月25日 マダム・ド・ネーヴィレ
1227年
子を儲けず
1228年1月
アカイア公国モレア
ジャン
(摂政)
1229年–1237 年
JanBrienne.jpg 1170年
エラルド2世・ド・ブリエンヌアニェス・ド・モントファウコン の息子。
(1) マリー・ド・モンフェラート
1210年9月14日
1人娘を儲ける

(2) ステファンヌ・ド・アルメニア
1人娘を儲ける

(3) ベレンガリア・デ・レオン
1224年
4 人子を儲ける
1237年3月27日
67歳没
ボードゥアン2世
1228年–1261年
Baldwinus2 Courtenay.jpg 1217年
ピエール2世・ド・クルトネーヨランド・ド・エノーの息子。
1240年4月15日
1228年に統治開始
マリー・ド・ブリエンヌ
1234年
1人息子を儲ける
1273年10月
シチリアフォッジャ
43歳没

亡命ラテン皇帝1261年–1383年[編集]

ジャック・デ・ボーは自身の名目上の請求権をナポリ王位請求者でもあるアンジュー公ルイ1世に遺稿したもののルイ1世とその子孫はラテン皇帝の称号を使用したことは一度もなかった。ただし、ジャックの封建上の相続人達はカトリーヌ2世の末妹であるジャンヌ・ド・ヴァロワの子孫であり、それを以下に挙げる。

ラテン皇帝の相続人1383年–現在[編集]

関連項目[編集]