ピエール1世・ド・クルトネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピエール1世

ピエール・ド・フランスPierre de France[1])またはピエール1世・ド・クルトネー (Pierre Ier de Courtenay、1126年頃 - 1180年3月10日から1183年4月10日の間)は、フランス王子。クルトネー、モンタルジ、シャトー=ルナール、シャンピニェル、タンレー、シャルニー、シャンテコックの領主。ルイ肥満王と王妃アデル・ド・サヴォワの六男で、クルトネー家の初代である。

1147年、彼は兄ルイ7世ロベールに同行して第2回十字軍に参加した。彼はラタキヤダマスカスの包囲戦を含めた全ての戦いに参加している。十字軍の騎士の中には、未来の妻の父、ルノー・ド・クルトネーもいた。

ピエールの兄アンリとロベールはルイ7世の権威に反抗したが、ピエール自身は1149年から1150年まで忠実に王に従った。

ピエールは1179年に、シャンパーニュ伯アンリ1世、甥であるボーヴェ司教フィリップ・ド・ドルーとともに再び十字軍に参加し、聖地へ向かっている[2]。ピエールの没年は1180年から1183年の間とされている。

子女[編集]

1150年より以前、クルトネー領主ルノーの娘エリザベートと結婚、以下の子女をもうけた[3]

  • ピエール(1155年-1219年)
  • 娘(1158年頃生)
  • アリス(1160年-1218年) - ギヨーム・ド・ジョワニーと結婚。その後エマール・ド・タイユフェルと再婚
  • ウスタシー(1235年以降没) - ギヨーム・ド・ブリエンヌと結婚。アカイア公ギヨーム1世と再婚。ギヨーム1世・ド・サンセールと再再婚
  • クレマンス
  • ロベール(1168年-1239年)[4] - シャンピニェル領主
  • フィリップ
  • イザベル
  • コンスタンス
  • ギヨーム(1172年-1233年/1248年)

脚注[編集]

  1. ^ Généalogie de Pierre Ier de France sur le site Medieval Lands.
  2. ^ Reto R. Bezzola, Les Origines et la formation de la littérature courtoise en occident (500-1200), volume 3, H. Champion, 1966, p. 374
  3. ^ Dynastie de Courtenay.
  4. ^ Descendence de Robert Ier de Courtenay