ローマ皇帝一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
帝政ローマの最大領域
テトラルキア制

ローマ皇帝一覧では、古代ローマ帝国で正当と見なされたローマ皇帝を年代順に列挙する。

ローマ皇帝という名称は幾分、現代的な用法であって必ずしも当時の人間がその様に呼称したものではないし、時代毎に制度上の位置付けも変動している。しかしどうあれ、アウグストゥス以降にローマという国家で定着した「個人に専制的な権限を与える習慣」を端的に表現する上で、的確な用語であると多くの場合で見なされている。古代にヨーロッパとその近隣で強大な勢力圏を作り上げたローマは、共和制から君主制へと大きく政治制度の改革を行い、議会政治(「元老院及びローマ市民」)から個人による独裁への転換を事実上容認するようになった。

しかし、こうした体制を確立したアウグストゥス元老院議会)への配慮から共和制を建前上には維持する道を選び、「共和制における独裁」を模索した。従ってアウグストゥスはかつて存在した「ローマ王」や、それに比類する如何なる爵位や君主号を拒否した[1]。その一方で共和制に存在した様々な役職や特権を自らや一族の独占とし、更に元老院を監督する立場にあるプリンケプス・セナートゥスを終身の称号として受け取った。アウグストゥスと共に初期のローマ皇帝とされる人々も一様にこうした方策で独裁体制を築き上げたため、独裁的で血統主義的な要素(アウグストゥスも最後まで親類での権力継承を望んだ)を持ちつつも、議会が一定の力を維持していた。歴史学者達はこれを元首政と呼び、単なる「専制的な君主制」とは異なるものであると評価している。

元首政は帝政時代の半分を占める300年間ほど維持されたが、セウェルス朝末期の混乱と断絶によって各地の将軍による帝位簒奪と内乱が繰り返される「3世紀の危機(軍人皇帝時代)」が始まり、帝国は急速に荒廃していった。こうした状況下で帝位を獲得したディオクレティアヌスはより強大な君主制が必要と考え、共和制や終身元首といった建前を完全に捨てて専制君主としての制度を整備した。その象徴として実質的な君主号であったプリンケプスに変わり、「我らの主」を意味するドミヌス・ノステルを用いたことから、歴史学者達はディオクレティアヌス以降の帝政を専制君主制と呼称している。

またディオクレティアヌスは帝国の領域を東西に二分すると、共同皇帝マクシミアヌスに西半分を預けて帝国領の分割統治を開始する(西方正帝・東方正帝)。更に副帝もそれぞれ東西ごとに一人ずつ設置(西方副帝・東方副帝)して、それぞれの統治権を更に分担させる事で最終的に帝国は四つの領域に分けて分割統治された(テトラルキア制[2]。テトラルキアは結果的にローマ帝国の政治的分裂(西ローマ帝国東ローマ帝国)という結末を招くが、政治的には独自の行動を取り合うようになった後も、法律的には一つの国家という立場を両国は維持し続けた。例えばディオクレティアヌスが東方正帝であった関係から東方正帝は西方正帝より格上であったが、東ローマ皇帝も西ローマ皇帝を従える権限を持っていた。

その後、西ローマ帝国は初代皇帝ホノリウスの無能さもあって対外戦争で苦戦を強いられ、テオドシウス朝断絶後は明確に没落し、476年に最後の皇帝が追放されて滅亡した。対する東ローマ帝国は同じく軍事的危機を迎えながらも乗り越え続け、中世を経て近世にオスマン帝国に滅ぼされるまで存続した[3]。また前述の制度から、西ローマ崩壊後は自動的に東ローマ皇帝が西ローマ皇帝の権限を兼ねる(テトラルキア制からいえば東方正帝と西方正帝の兼務)こととなり、法律的にはローマ再統一が果たされたことになる。

以下に示される皇帝一覧は正式な皇帝として認可された者のみを記載するが、どのような経緯を持てば「正当な皇帝」と呼べるのかは、上記の複雑な帝位の成立経緯や変遷から容易でない。しばしば「正当な皇帝」は以下のような判断基準で決められていった。

  • 経緯はどうであれ、帝国全土を統治できるだけの権力を掌握した者(1)
  • 「正当」とされた皇帝から権限を譲られた後継者(2)
  • 1にも2にも当てはまらないが、元老院から指導者として認められた者(3)

例えば、ルキウス・ドミティウス・アウレリアヌスは当時の皇帝であったクィンティッルスの後継者ではなかったが、蛮族に対する極めて優秀な活躍から軍の実権を掌握して、正当な皇帝として周囲から追認を受けていった。また逆にガリエヌスは最後まで帝国全土を掌握できなかったが、法的に先帝ウァレリアヌスの子息であったから、多くの場合で正当な皇帝と見なされている。そしてクラウディウス・ゴティクスは帝国全土を掌握できず、また先帝ガリエヌスを殺害して帝位を奪った明確な簒奪者であったが、市民や元老院から熱狂的な支持を受けて皇帝と見なされていた。

複数の皇帝が並び立った場合、四皇帝の年に蜂起した4人の帝位請求者は最後に勝利したティトゥス・フラウィウス・ウェスパシアヌス以外の三者もこれらの条件を満たして、それぞれが正当な皇帝とされていた。しかし五皇帝の年に蜂起した5人の帝位請求者はペルティナクスディディウス・ユリアヌス、そして最後に勝利したセプティミウス・セウェルスの三名のみが条件を満たしており、クロディウス・アルビヌスペスケンニウス・ニゲルの二名は正当な皇帝としての条件を最後まで満たせず、僭称帝という立場でセウェルスに敗れている。また「共同皇帝」という2人の皇帝が共同統治を行う制度も存在しているが、しばしば共同皇帝の片方が実権を持たない場合も散見される。これは法律的には正当な皇帝と見なされるが、実権を持たなかった事を付記する必要がある。

395年以降は西ローマ・東ローマとして、ローマが政治的に東西分離する時代を迎えることになる。だが政治的にはどうであれ、法律的にはそれぞれがテトラルキア制に基づいた合法的な皇帝(東方正帝と西方正帝)であり、記載する上で特段の問題は存在しない。西ローマの最後の皇帝ロムルス・アウグストゥルスも、「強奪者型」の皇帝として一応は正当であったと判断される。

帝政ローマ前期[編集]

ユリウス・クラウディウス朝[編集]

肖像 名称 生年と誕生地 在位期間 即位背景 没年と死因
Statue-Augustus.jpg アウグストゥス
IMPERATOR CAESAR AVGVSTVS
紀元前63年9月23日
ローマ
イタリア本土
紀元前27年1月16日14年8月19日 プレブス階級(オクタウィウス氏族)出身。ユリウス・カエサルの大甥(姉の孫)という縁で継承者の途絶えたユリウス氏族カエサル家を継ぐ。最初のローマ皇帝として、元首政を確立。 14年8月19日
自然死
Tiberius palermo.jpg ティベリウス
TIBERIVS CAESAR AVGVSTVS
紀元前42年11月16日
ローマ
(イタリア本土)
14年9月18日37年3月16日 クラウディウス氏族出身。アウグストゥスの後妻リウィアの連れ子で、継父の大甥ゲルマニクスの後見人として即位。 紀元後37年3月16日
自然死(暗殺説あり)
Gaius Caesar Caligula.jpg カリグラ
GAIVS CAESAR AVGVSTVS GERMANICVS
12年8月31日 -
アンティウム
(イタリア本土)
37年3月18日41年1月24日 クラウディウス氏族出身。ゲルマニクスの息子。 41年1月24日
近衛隊による暗殺
Claudius Pio-Clementino Inv243.jpg クラウディウス
TIBERIVS CLAVDIVS CAESAR AVGVSTVS GERMANICVS
紀元前10年8月1日
ルグドゥヌム
(属州ガリア・ルグドゥネンシス
41年1月25日(26日説あり) – 54年10月13日 クラウディウス氏族出身。ゲルマニクスの弟でカリグラの叔父。姪である小アグリッピナ(カリグラの妹)と再婚。 54年10月13日
小アグリッピナによる暗殺
Nero 1.JPG ネロ
NERO CLAVDIVS CAESAR AVGVSTVS GERMANICVS
37年12月15日
アンティウム
(イタリア本土)
54年10月13日 - 68年6月9日 クラウディウス氏族出身、継父の養子となる前はドミティウス氏族に属した。カリグラの妹である小アグリッピナの子で、クラウディウスの養子。 68年6月11日
自害

四皇帝の年[編集]

肖像 名称 生年と誕生地 在位期間 即位背景 没年と死因
Stockholm - Antikengalerie 4 - Büste Kaiser Galba.jpg ガルバ
SERVIVS GALBA IMPERATOR CAESAR AVGVSTVS
紀元前3年12月24日
テッラチーナ
(イタリア本土)
68年6月8日69年1月15日 スルピキウス氏族出身。ヒスパニア各属州の軍団から支持を獲得、ネロを廃位した元老院から皇帝に推挙される。 69年1月15日
オトと近衛隊による暗殺
Oth001.jpg オト
MARCVS OTHO CAESAR AVGVSTVS
32年4月25日
エトルリア
(イタリア本土)
69年1月15日69年4月15日 サルウィウス氏族出身。ガルバの縁戚であったが、近衛隊と結んで謀殺した。 69年4月15日
自害
Pseudo-Vitellius Louvre MR684.jpg ウィテッリウス
AVLVS VITELLIVS GERMANICVS AVGVSTVS
15年9月7日
ローマ
(イタリア本土)
69年4月17日69年12月20日 ウィテッリウス氏族出身。ゲルマニア各属州の軍団から支持を獲得、オト軍を破って帝位に就く。 69年12月20日
ウェスパシアヌス軍との戦いで敗死
Vespasianus01 pushkin edit.png ウェスパシアヌス
TITVS FLAVIVS CAESAR VESPASIANVS AVGVSTVS
9年11月17日
フラシリネ
(イタリア本土)
69年7月1日79年6月23日 フラウィウス氏族出身。ウィテッリウスを破り、政情を安定させて四皇帝の年を終結させる。 79年6月23日
自然死

フラウィウス朝[編集]

肖像 名称 生年と誕生地 在位期間 即位背景 没年と死因
Vespasianus01 pushkin edit.png ウェスパシアヌス
TITVS FLAVIVS CAESAR VESPASIANVS AVGVSTVS
9年11月17日
フラシリネ
(イタリア本土)
69年7月1日 – 79年6月23日 フラウィウス氏族出身。フラウィウス朝の初代皇帝。 79年6月23日
自然死
Château de Versailles, galerie des glaces, buste d'empereur romain 03 (Titus).jpg ティトゥス
TITVS FLAVIVS CAESAR VESPASIANVS AVGVSTVS
39年12月30日
ローマ
(イタリア本土)
79年6月24日81年9月13日 フラウィウス氏族出身。ウェスパシアヌスの長男。フラウィウス朝の第2代皇帝。 81年9月13日
病死
Bust Domitian Musei Capitolini MC1156.jpg ドミティアヌス
TITVS FLAVIVS CAESAR DOMITIANVS AVGVSTVS
51年10月24日
ローマ
(イタリア本土)
81年9月14日96年9月18日 フラウィウス氏族出身。ウェスパシアヌスの次男。兄ティトゥスが病に伏せると兄の生存中だったが帝位を掌握した。 96年9月18日
召使による暗殺

ネルウァ=アントニヌス朝[編集]

肖像 名称 生年と誕生地 在位期間 即位背景 没年と死因
Nerva Tivoli Massimo.jpg ネルウァ
MARCVS COCCEIVS NERVA CAESAR AVGVSTVS
35年11月8日
ナルニ
(イタリア本土)
96年9月18日98年1月27日 コッケイウス氏族出身。フラウィウス朝断絶後、元老院により推挙される。 98年1月27日
自然死
Traianus Glyptothek Munich 336.jpg トラヤヌス
CAESAR MARCVS VLPIVS NERVA TRAIANVS AVGVSTVS
53年9月18日
イタリカ
(属州ヒスパニア・バエティカ
98年1月28日 - 117年8月9日 ウルピウス氏族出身。老齢で嫡男のいないネルウァに養子として迎えられる。 117年8月9日
自然死
Bust Hadrian Musei Capitolini MC817.jpg ハドリアヌス
CAESAR PVBLIVS AELIVS TRAIANVS HADRIANVS AVGVSTVS
76年1月24日
イタリカ
(属州ヒスパニア・バエティカ)
117年8月11日138年7月10日 アエリウス氏族出身。トラヤヌスの従兄弟ハドリアヌス・アフェルの子。親族の男子として嫡男のいない従伯父トラヤヌスの養子となる。 138年7月10日
自然死
Antoninus Pius Glyptothek Munich 337.jpg アントニヌス・ピウス
CAESAR TITVS AELIVS HADRIANVS ANTONINVS AVGVSTVS PIVS
86年9月19日
ラウィニウム
(イタリア本土)
138年7月10日161年3月7日 アウレリウス氏族出身。マルクス・アウレリウスとルキウス・ウェルスの後見人として即位。トラヤヌスの曾姪でマルクス・アウレリウスの叔母でもある大ファウスティナと結婚、小ファウスティナを儲ける。 161年3月7日
自然死
Marcus Aurelius Glyptothek Munich.jpg マルクス・アウレリウス
CAESAR MARCVS AVRELIVS ANTONINVS AVGVSTVS
121年4月26日
ローマ
(イタリア本土)
161年3月7日180年3月17日 アウレリウス氏族出身。アントニウス・ピウスの甥。従姉妹である小ファウスティナと結婚、コンモドゥスルキッラを儲ける。 180年3月17日
自然死
Lucius verus.jpg ルキウス・ウェルス
CAESAR LVCIVS AVRELIVS VERVS AVGVSTVS
130年12月15日
ローマ
(イタリア本土)
161年3月7日169年3月頃 アエリウス氏族出身。ハドリアヌスの側近ルキウス・アエリウスの嫡男。アウレリウスと共にアントニウスの養子とされ、共同皇帝となる。アウレリウスと小ファウスティナの子ルキッラと結婚。 169年3月頃
病死(暗殺説あり)
Commodus Musei Capitolini MC1120.jpg コンモドゥス
CAESAR MARCVS AVRELIVS COMMODVS ANTONINVS AVGVSTVS
161年8月31日
ラウィニウム
(イタリア本土)
180年3月18日192年12月31日 アウレリウス氏族出身。アントニウス・ピウスの孫、マルクス・アウレリウスと小ファウスティナの子、ルキッラの弟。父アウレリウスの死後、帝位を継承する。 192年12月31日
近衛隊による暗殺

五皇帝の年[編集]

肖像 名称 生年と誕生地 在位期間 即位背景 没年と死因
Bust of the consul Gaius Fulvius Plautianus at Museo Pio-Clementino.jpg ペルティナクス
CAESAR PVBLIVS HELVIVS PERTINAX AVGVSTVS
126年8月1日
アルバ・ポンペイア
(イタリア本土)
193年1月1日 - 193年3月28日 ヘルウィウス氏族出身。自身はローマ人だが、父の代まではリグリア人の属州民だった。近衛隊と結んでコンモドゥスを暗殺、帝位に就く。財政改革の失敗で元老院と近衛隊の支持を失う。 193年3月28日
近衛隊による暗殺
DidiusJulianus.jpg ディディウス・ユリアヌス
CAESAR MARCVS DIDIVS SEVERVS IVLIANVS AVGVSTVS
133年1月30日
メディオラヌム
(イタリア本土)
193年3月28日 - 193年6月1日 ディディウス氏族出身。ペルティナクス暗殺後の「帝位競売」に勝利して帝位に就くが、軍と民衆の支持を得られなかった。 193年6月1日
近衛隊による暗殺
Septimius Severus busto-Musei Capitolini.jpg セプティミウス・セウェルス
CAESAR LVCIVS SEPTIMIVS SEVERVS PERTINAX AVGVSTVS
146年4月11日
レプティス・マグナ
(属州アフリカ
193年4月9日 - 211年2月4日 セプティミウス氏族出身。パンノニア属州の軍から支持を得て蜂起、ユリアヌス暗殺後のローマへ入場。その後、同じく蜂起していたペスケンニウス・ニゲルクロディウス・アルビヌスを破りセウェルス朝を創始。 211年2月4日
自然死

セウェルス朝[編集]

肖像 名称 生年と誕生地 在位期間 即位背景 没年と死因
Septimius Severus busto-Musei Capitolini.jpg セプティミウス・セウェルス
CAESAR LVCIVS SEPTIMIVS SEVERVS PERTINAX AVGVSTVS
146年4月11日
レプティス・マグナ
(属州アフリカ)
193年4月9日 - 211年2月4日 セプティミウス氏族出身。セウェルス朝を樹立して、軍人皇帝時代まで自身の王朝を維持した。 211年2月4日
自然死
Caracalla Naples1.jpg カラカラ
CAESAR MARCVS AVRELIVS SEVERVS ANTONINVS PIVS AVGVSTVS
186年4月4日
ルグドゥヌム
(属州ガリア・ルグドゥネンシス
198年頃 – 217年4月8日 セプティミウス氏族出身。セウェルスの長男。父の即位と同時期に共同皇帝へ指名され、後に弟ゲタも共同皇帝となって三名で統治を行っていた。しかし父の死後にゲタを処刑して単独の皇帝となる。 217年4月8日
マクリヌスによる暗殺。
Publius Septimius Geta Louvre Ma1076.jpg ゲタ
CAESAR PVBLIVS SEPTIMIVS GETA AVGVSTUS
189年3月7日
ローマ
(イタリア本土)
209年頃 – 211年12月26日 セプティミウス氏族出身。セウェルスの次男。209年頃から父と兄の共同皇帝となる。 211年12月26日
カラカラによる暗殺。
肖像 名称 生年と誕生地 在位期間 即位背景 没年と死因
Aureus Macrinus-RIC 0079.jpg

055 Diadumenianus.jpg

マクリヌスディアドゥメニアヌス
MARCVS OPELLIVS SEVERVS MACRINVS AVGVSTVS PIVS FELIX

with

MARCVS OPELLIVS ANTONINVS DIADVMENIANUVS
165年(マクリヌス・オペッリウス)
208年(マルクス・オペッリウス・ディアドゥメニアヌス)
217年4月11日 - 218年6月8日 オペッリウス氏族出身。セウェルス朝と血縁関係がない。カラカラ帝時代に近衛隊長を務めていたマクリヌスとその子ディアドゥメニアヌスはカラカラを謀殺してセウェルス朝を一旦断絶させた。しかしカラカラの落胤を自称する(実際には従姉の子(従甥)でカラカラの母方の伯母ユリア・マエサの孫)ヘリオガバルスの軍に敗れ、親子共に相次いで戦死した。 218年
ヘリオガバルス軍に敗死
肖像 名称 生年と誕生地 在位期間 即位背景 没年と死因
Elagabalo (203 o 204-222 d.C) - Musei capitolini - Foto Giovanni Dall'Orto - 15-08-2000.jpg ヘリオガバルス
MARCVS AVRELIVS ANTONINVS AVGVSTVS
203年3月20日
エメサ
(属州シリア
218年6月8日222年3月11日 氏族不明。カラカラの従姉ユリア・ソエミアス・バッシアナによって、カラカラの落胤として掲げられた。性的倒錯の末、近衛隊に暗殺される。 222年3月11日
近衛隊による暗殺
Alexander severus.jpg アレクサンデル・セウェルス
CAESAR MARCVS AVRELIVS SEVERVS ALEXANDER AVGVSTVS
208年10月1日
アルカ・カエサリア
(属州ユダヤ
222年3月13日 - 235年3月18日 氏族不明。ヘリオガバルスの従弟で、ヘリオガバルスを見限った祖母ユリア・マエサによって擁立された。 235年3月18日
軍による暗殺

軍人皇帝時代[編集]

肖像 名称 生年と誕生地 在位期間 即位背景 没年と死因
Maximinus Thrax Musei Capitolini MC473.jpg マクシミヌス・トラクス
CAESAR GAIVS JVLIVS VERVS MAXIMINVS AVGVSTVS
173年
(属州トラキア、若しくはモエシア
235年3月20日238年4月頃 蛮族出身の軍人。アレクサンデル暗殺後、特異な出自でかつ民衆や元老院の支持もなかったにも関わらず軍事力で帝位を強奪した。これ以降、皇帝の元老院と民衆の軽視が強まり、軍事力による帝位継承が慣例化した(軍人皇帝)。 238年4月頃
軍による暗殺
Gordian I Musei Capitolini MC475.jpg ゴルディアヌス1世
CAESAR MARCVS ANTONIVS GORDIANVS SEMPRONIANVS AFRICANVS AVGVSTVS
159年
(属州フリュギア
238年3月22日238年4月12日 騎士階級出身。富裕な元老院議員で元老院と民衆によってトラクスの対立皇帝へ推挙され、息子のゴルディアヌス2世を共同皇帝としアフリカ属州で蜂起。息子がトラクス軍との戦いで敗死すると自らも宮殿で自害した。 238年4月12日
自害
Sestertius Gordian II-RIC 0008.jpg ゴルディアヌス2世
CAESAR MARCVS ANTONIVS GORDIANVS SEMPRONIANVS ROMANVS AFRICANVS AVGVSTVS
192年 238年3月22日238年4月12日 ゴルディアヌス1世の息子。老齢の父に代わって前線で軍勢を率いる。カルタゴの戦いでトラクス軍に敗れ、戦死する。 238年4月12日
トラクス軍との戦いで敗死
Pupienus Musei Capitolini MC477.jpg プピエヌス
CAESAR MARCVS CLODIVS PVPIENVS MAXIMVS AVGVSTVS
178年 238年4月22日238年7月29日 反トラクス派の将軍。元老院から新たな対立皇帝として擁立される。トラクス暗殺によって安定化した情勢をバルビヌスとの諍いで再び悪化させた。口論の最中にバルビヌスと同時に暗殺され、川に投げ捨てられた。 238年7月29日
近衛隊による暗殺
Balbinus Hermitage.jpg バルビヌス
CAESAR DECIMVS CAELIVS CALVINVS BALBINVS PIVS AVGVSTVS
不明 238年4月22日238年7月29日 元老院議員。プピエヌスの共同皇帝として政務面を補佐するが、不仲で有名であった。ゴルディアヌス2世の遺児を副帝に指名する。 238年7月29日
近衛隊による暗殺
Bust Gordianus III Louvre Ma1063.jpg ゴルディアヌス3世
CAESAR MARCVS ANTONIVS GORDIANVS AVGVSTVS
225年1月20日
ローマ
(イタリア本土)
238年4月22日244年2月11日 ゴルディアヌス1世の孫、ゴルディアヌス2世の甥(妹の子)。元老院と民衆からの深い同情から人気を集め、バルビヌスとプピエヌスの副帝とされ両者の暗殺後に単独の皇帝に。 244年2月11日
ペルシア軍との戦いで敗死(もしくはピリップス・アラブスによる暗殺)
Bust of emperor Philippus Arabus - Hermitage Museum.jpg

076 Philippus II.jpg

ピリップス・アラブスピリップス2世
CAESAR MARCVS IVLIVS PHILLIPVS AVGVSTVS

with

PHILLIPVS II
シャハバ
(属州シリア
244年2月頃 – 249年後半 ゴルディアヌス3世の近衛隊長。ペルシア戦争後に帝位継承を宣言、息子のピリップス2世を後継者として共同皇帝に指名した。 249年後半
デキウス軍との戦いで敗死
Emperor Traianus Decius (Mary Harrsch).jpg

Sestertius Herennius Etruscus-s2749.jpg

デキウスエトルスクス・デキウス
CAESAR GAIVS MESSIVS QVINTVS TRAIANVS DECIVS AVGVSTVS 

with

QUINTVS HERENNIVS ETRUSCVS MESSIVS DECIVS
201年
ブダリア
(属州下パンノニア
249年後半 – 251年6月頃 ピリップス・アラブスの側近。息子エトルスクスと共に帝位を奪うが、アブリットゥスの戦いでゴート軍に敗れて戦死する。 251年6月
ゴート軍との戦いで敗死
082 Hostilianus.jpg ホスティリアヌス
CAESAR CAIVS VALENS HOSTILIANVS MESSIVS QVINTVS AVGVSTVS
ローマ 251年6月251年後半 デキウスの次男、エトルスクスの弟。父と兄の死後に帝位を継ぎ、トレボニアヌス・ガッルスの養子となり共治帝となるが同年に疫病で病死。 251年後半
病死(ガッルスによる暗殺説もあり)
Ritratto di trebonianno gallo III sec. dc. 01.JPG

084 Volusian.jpg

トレボニアヌス・ガッルスウォルシアヌス
CAESAR GAIVS VIBIVS TREBONIANVS GALLVS AVGVSTVS

with

GAIVS VIBIVS VOLVSIANVS
206年
(イタリア本土)
251年6月 – 253年8月 デキウスの重臣。モエシア総督を務め、デキウス死後の混乱で遠征軍を掌握して帝位につく。ホスティリアヌスの死後息子のウォルシアヌスを共同帝に。アエミリアヌスの裏切りに遭い、自軍の兵士によって暗殺された。 253年8月
軍による暗殺
AemilianusAnt.jpg アエミリアヌス
CAESAR MARCVS AEMILIVS AEMILIANVS AVGVSTVS
207年
(属州アフリカ
253年8月253年10月 トレボニアヌスの腹心。後任のモエシア総督に任命されるが、裏切ってトレボニアヌスとウォルシアヌスから帝位を奪う。だがウァレリアヌス軍が帝位を請求して進軍すると、自らも兵士によって暗殺された。 253年10月
軍による暗殺
ValarianusIsest.jpg ウァレリアヌス
CAESAR PVBLIVS LICINIVS VALERIANVS AVGVSTVS
200年 253年10月 – 260年 デキウスの重臣。ノリクム及びラエティア総督を務め、アエミリアヌスと帝位を争って勝利した。ペルシア戦争に従軍するもエデッサの戦いで大敗し、捕らえられた上で処刑された。 260年 以降
シャープール1世による処刑される
Gallienus.jpg

SaloninusAnt.jpg

ガッリエヌスサロニヌス
CAESAR PVBLIVS LICINIVS EGNATIVS GALLIENVS AVGVSTVS

with

PVBLIVS LICINIVS CORNELIVS SALONINVS
不明 253年10月 – 268年9月 ウァレリアヌスの息子。父から共同皇帝に指名され、ウァレリアヌス処刑後は単独の皇帝として統治する。エデッサの戦いによる帝国の権威失墜の中で、ガリア帝国パルミラ王国の分離独立というかつてない大乱に直面する。 268年9月
クラウディウス・ゴティクスによる暗殺
104 Claudius II Gothicus.jpg クラウディウス・ゴティクス
CAESAR MARCVS AVRELIVS CLAVDIVS AVGVSTVS
213年214年5月10日
シルミウム
(属州パンノニア
268年9月 – 270年1月 出自不明。ガッリエヌスを暗殺して帝位を奪う。大乱の中で侵入が本格化した蛮族に対し、ゴート族とのナイススの戦いに大勝してこれを押し留めた。 270年1月
自然死
Antoninianus Quintillus-s3243.jpg クィンティッルス
CAESAR MARCVS AVRELIVS CLAVDIVS QVINTILLVS AVGVSTVS
不明
シルミウム
(属州パンノニア)
270年 クラウディウス・ゴティクスの弟。兄の死後に帝位を継承するが、アウレリアヌスに暗殺される。 270年
アウレリアヌスによる暗殺
Santa Giulia 4.jpg アウレリアヌス
CAESAR LVCIVS DOMITIVS AVRELIANVS AVGVSTVS
214年215年9月9日
シルミウム
(属州パンノニア)
270年275年9月 クラウディウス・ゴティクスの重臣。複数の戦いで蛮族に勝利して対外情勢を安定化させた。更にガリア帝国パルミラ王国を滅ぼして帝国領を回復、元老院から「世界の修復者」の尊称を受ける。シャープール1世死後のペルシャに侵攻する途中、秘書官に暗殺される。 275年9月
秘書官による暗殺
EmpereurTacite.jpg タキトゥス
CAESAR MARCVS CLAVDIVS TACITVS AVGVSTVS
200年
テルニ
275年9月25日276年6月 元老議員。アウレリアヌスの急死によって皇帝に選出される。即位時点で老齢であり、ペルシア戦争の再開を準備する中で病没した。 276年6月
自然死
Antoninianus Florianus-unpub ant hercules.jpg フロリアヌス
CAESAR MARCVS ANNIVS FLORIANVS AVGVSTVS
不明 276年6月 – 276年9月 タキトゥスの異父弟。兄の死に伴い帝位継承を主張して西方属州の支持を得る。しかし東方属州の支持を得たプロブスに苦戦を強いられ、見限った軍に暗殺された。 276年9月
軍による暗殺
Probus Musei Capitolini MC493.jpg プロブス
CAESAR MARCVS AVRELIVS PROBVS AVGVSTVS
232年
シルミウム
(属州パンノニア)
276年9月 – 282年後半 帝国軍の高官。東方属州の支持を背景にフロリアヌスを破り、皇帝に即位する。対外戦争で功績を挙げるが、ペルシャ戦争の途中でカルスの反乱により暗殺される。 282年後半
近衛兵による暗殺
Carus coins.jpg カルス
CAESAR MARCVS AVRELIVS CARVS AVGVSTVS
230年
ナルボ
282年後半 – 283年8月 プロブスの近衛隊長。戦争中にプロブスを暗殺、指揮権を奪ってペルシャ戦争を継続した。戦いは優勢に進んだが、落雷による事故で急死した。 283年8月
事故死
Montemartini - Carino 1030439.JPG カリヌス
CAESAR MARCVS AVRELIVS CARINVS AVGVSTVS
不明 283年8月 – 285年 カルスの長男。父の反乱によって弟ヌメリアヌスと副帝となり、父が遠征先で戦死すると遠征に同行していた弟と共に皇帝となった。しかし弟を暗殺され、更にその腹心であったディオクレティアヌスが遠征軍を掌握するとこれに敗れ、戦死する。 285年
ディオクレティアヌス軍との戦いで敗死
114 Numerianus.jpg ヌメリアヌス
CAESAR MARCVS AVRELIVS NVMERIVS NVMERIANVS AVGVSTVS
不明 283年8月 – 284年 カルスの次男。本国を守る兄に対して、父と共にペルシャ遠征に従軍した。父が事故死すると帝位を継いだ兄の共同皇帝となり、遠征軍の撤退を指揮する。撤退中、配下の裏切りで暗殺される。 284年
軍による暗殺

帝政ローマ後期[編集]

テトラルキア時代[編集]

肖像 名称 生年と誕生地 在位期間 即位背景 没年と死因
Diocletian Bueste.JPG ディオクレティアヌス
CAESAR GAIVS AVRELIVS VALERIVS DIOCLETIANVS AVGVSTVS
244年12月22日
サロナ
(属州ダルマティア
284年11月20日305年5月1日 属州民出身の軍人皇帝。内乱に決着を付けて専制君主制を確立させた。また共同皇帝による東西分割を導入、自らは東方正帝を務めた。 311年12月3日
自然死
120 Maximianus.jpg マクシミアヌス
CAESAR GAIVS AVRELIVS VALERIVS MAXIMIANVS AVGVSTVS
250年頃
シルミウム
(属州パンノニア
286年4月1日311年5月1日 属州民出身の将軍。ディオクレティアヌスの側近として共同皇帝(西方正帝)に任命される。ディオクレティアヌスの引退に合わせて自らも退位する。 310年頃
コンスタンティヌス1世により処刑される
Galerius Argenteus 295 859322.jpg ガレリウス
CAESAR GALERIVS VALERIVS MAXIMIANVS AVGVSTVS
260年頃
フェリクス・ロムリアナ
(属州モエシア
305年5月1日 – 311年5月頃 属州民出身の将軍。ディオクレティアヌスの後を継いで皇帝となり、共同皇帝コンスタンティウスと共に東西分立制を維持する。 311年
自然死
Const.chlorus01 pushkin.jpg コンスタンティウス・クロルス
CAESAR GAIVS FLAVIVS VALERIVS CONSTANTIVS AVGVSTVS
250年3月31日
ダルダニ
(属州モエシア)
305年5月1日 – 306年7月25日 クラウディウス2世クィンティッルスの末裔(正確にはクラウディウス2世とクィンテッルスの姪クラウディアの末裔)を自称。ガレリウスの共同皇帝(西方正帝)となった。 306年7月25日
自然死
Follis-Flavius Valerius Severus-trier RIC 650a.jpg フラウィウス・ウァレリウス・セウェルス
FLAVIVS VALERIVS SEVERVS AVGVSTVS
不明 306年夏 – 307年前半 属州民出身の将軍。ガレリウスの寵愛を受けてコンスタンティウス死後の共同皇帝(西方正帝)となるが、その息子コンスタンティヌス1世とマクシミアヌスの息子マクセンティウスに反乱を起され敗北する。 307年9月16日
マクセンティウスにより処刑される
Maxentius02 pushkin.jpg マクセンティウス
MARCVS AVRELIVS VALERIVS MAXENTIVS AVGVSTVS
278年頃 306年10月28日 – 312年10月28日 マクシミアヌスの息子。父の援助を得て反乱を起こし、西方帝位を簒奪する。同じく西方正帝経験者の子息であるコンスタンティヌスを副帝にするも、後に反旗を翻されて帝位を追われる。 312年10月28日
コンスタンティヌス1世の軍勢に敗死
132 Licinius.jpgMartinian - Follis cyzicus RIC 016.jpgValens I.gif リキニウスマルティアヌスバレリウス・バレンス
CAESAR GAIVS VALERIVS LICINIVS AVGVSTVS

with

SEXTVS MARCIVS MARTINIANVS,
AVRELIVS VALERIVS VALENS
250年頃
フェリクス・ロムリアナ
(属州モエシア
308年11月11日 – 324年9月18日 ガレリウスの側近。先帝の甥であるマクシミヌスを破って東方正帝となり、コンスタンティウスと手を結んでマクセンティウスを失脚させた。更にマルティアヌスバレリウス・バレンスら傀儡の共同皇帝を立ててコンスタンティウスとも争うが、逆に敗れて帝位を失う。 325年頃
コンスタンティヌス1世により処刑される
Daza01 pushkin.jpg マクシミヌス・ダイア
CAESAR GALERIVS VALERIVS MAXIMINVS AVGVSTVS
270年11月20日 311年5月1日 – 313年後半 ガレリウスの甥。叔父の死後にリキニウスと帝位を争うも、敗れて戦死した。 313年後半
リキニウスの軍勢に敗死
Constantin-Monument 1.jpg コンスタンティヌス1世
CAESAR FLAVIVS CONSTANTINVS VALERIVS AVGVSTVS
272年2月27日
ナイッスス
(属州モエシア
306年7月25日 – 337年5月22日 コンスタンティウス・クロルスの息子。マクセンティウスと協力してまずウァレリウスを幽閉し、その副帝として台頭する。その後の反乱で西方帝位を獲得、更にリキニウス軍を破り、東西分立の一時廃止と自らの王朝成立を推進した。 337年5月22日
自然死

コンスタンティヌス朝[編集]

肖像 名称 生年と誕生地 在位期間 即位背景 没年と死因
Constantin-Monument 1.jpg コンスタンティヌス1世
CAESAR FLAVIVS CONSTANTINVS VALERIVS AVGVSTVS
272年2月27日
ナイッスス
(属州モエシア)
306年7月25日 – 337年5月22日 コンスタンティヌス朝の創始者で「大帝」と尊称される。キリスト教を公認したことから聖人として列福されている。自身の死後は息子三人と甥二人による五人の分治を画策する。 337年5月22日
自然死
Campidoglio, Roma - Costantino II cesare dettaglio.jpg コンスタンティヌス2世
CAESAR FLAVIVS CLAVDIVS CONSTANTINVS AVGVSTVS
316年 337年5月22日 – 340年 コンスタンティヌス1世の長男。父の死後、次男コンスタンティウス2世と三男コンスタンス1世と共に皇帝となる。兄弟間の内戦に敗れ 、弟コンスタンス1世に処刑された。 340年
コンスタンス1世により処刑される
Constantius II.jpg コンスタンティウス2世
CAESAR FLAVIVS IVLIVS CONSTANTIVS AVGVSTVS
317年8月7日
シルミウム
(属州パンノニア
337年5月22日 – 361年11月3日 コンスタンティヌス1世の次男。即位に際して父の遺言により共治するはずだった従兄弟の二人を殺害しその後、兄弟間の内乱を終結させて、唯一の後継者となる。更に共同皇帝に据えていたヴェトラニオを退位させ、父と同じ単独皇帝としての地位を手に入れる。しかし共同帝の必要を感じ、始めは従兄弟のガルスを、後にその弟のユリアヌスを副帝に任じる。 361年11月3日
自然死
Emperor Constans Louvre Ma1021.jpg コンスタンス1世
CAESAR FLAVIVS IVLIVS CONSTANS AVGVSTVS
320年 337年5月22日 – 350年 コンスタンティヌス1世の三男。長男コンスタンティヌス2世との内乱を制するも、将軍マグネンティウスの裏切りにより落命する 。 350年
マグネンティウスにより暗殺される
Maiorina-Vetranio-siscia RIC 281.jpg ヴェトラニオ 不明 不明 – 350年12月25日 コンスタンティヌス1世の側近。大帝の遺児による内戦の最中に反乱を起こすが、コンスタンティウス2世により共同皇帝として懐柔される。その後、マグネンティウスを討伐したコンスタンティウス2世に圧力を受け、共同皇帝から退位して将軍に復帰する。 356年
自然死
Julian.jpg ユリアヌス
CAESAR FLAVIVS CLAVDIVS IVLIANVS AVGVSTVS
332年(331年)
コンスタンティノープル
(属州トラキア
360年初頭 – 363年6月26日 コンスタンティヌス1世の甥。従兄弟であるコンスタンティウス2世により後継者に指名される。叔父によるキリスト教の庇護を廃止したことから「背教者」と蔑称された。 363年6月26日
遠征中に戦傷死
Jovian1.jpg ヨウィアヌス
CAESAR FLAVIVS IOVIANVS AVGVSTVS
331年
シグドゥヌム
(属州モエシア)
363年6月26日 – 364年2月17日 ユリアヌスの側近。ユリアヌスが遠征先で後継者を指名せず、跡継ぎも残さずに急死したことから、遠征軍の支持を得て皇帝となる。遠征からの帰還途中に火鉢によるガス中毒で事故死した。 364年2月17日
事故死

ウァレンティニアヌス朝[編集]

肖像 名称 生年と誕生地 在位期間 即位背景 没年と死因
155 Valentinianus I.jpg ウァレンティニアヌス1世
FLAVIVS VALENTINIANVS AVGVSTVS
321年
キバラエ
(属州パンノニア
364年2月26日 – 375年11月17日 ユリアヌスの側近。ヨウィアヌスの病死に伴い、遠征軍から支持されて皇帝即位を宣言する。帰国後は弟ウァレンスを東方担当の共同皇帝とし、蛮族侵入が本格化する中で優れた軍功を上げた。 375年11月17日
自然死
Valens Honorius Musei Capitolini MC494.jpg ウァレンス
FLAVIVS IVLIVS VALENS AVGVSTVS
328年
キバラエ
(属州パンノニア)
364年3月28日 – 378年8月9日 ウァレンティニアヌス1世の弟。兄の共同皇帝となり、その死後は兄の息子達の後見人を務める。ハドリアノポリスの戦いでゴート軍に敗れて戦死する。 378年8月9日
ゴート軍との戦いで敗死
158 Gratianus.jpg グラティアヌス
FLAVIVS GRATIANVS AVGVSTVS
359年
シルミウム
(属州パンノニア)
367年8月4日 – 383年8月25日 ウァレンティニアヌス1世の長男。父の死後に西方担当の皇帝位を継承する。叔父ウァレンスの死後は新しい東方担当の皇帝にテオドシウスを抜擢した。アグヌス・マキシムスによる反乱で戦死。 383年8月25日
アグヌス・マキシムスにより暗殺される
Statue of emperor Valentinian II detail.JPG ウァレンティニアヌス2世
FLAVIVS VALENTINIANVS INVICTVS AVGVSTVS
371年
ミラノ
(イタリア本土)
375年11月17日 – 392年5月15日 ウァレンティニアヌス1世の次男。アグヌス・マキシムスの反乱で兄が死亡するとテオドシウスの元へ逃亡、その庇護で兄の帝位を継承した。 392年5月15日
暗殺

テオドシウス朝[編集]

肖像 名称 生年と誕生地 在位期間 即位背景 没年と死因
Theodosius I. Roman Coin.jpg テオドシウス1世
FLAVIVS THEODOSIVS AVGVSTVS
347年1月11日
カウカ
(属州ヒスパニア
379年1月1日 – 395年1月17日 ローマ軍の将軍であった大テオドシウスの息子として生まれ、ウァレンティニアヌス朝で自らも栄達する。 グラティアヌスによって共同皇帝とされた後、その異母弟ウァレンティニアヌス2世の死によって単独皇帝となった。 395年1月17日
自然死
Arcadius.jpg アルカディウス
FLAVIVS ARCADIVS AVGVSTVS

東ローマ
377年 383年1月 – 408年5月1日 テオドシウス1世の長男。東方担当の皇帝となるが、この時代から東西分割の深化が進んでいく(東ローマ帝国)。 408年5月1日
自然死
Honorius steel engraving.jpg ホノリウス
FLAVIVS HONORIVS AVGVSTVS

西ローマ
384年9月9日 393年1月23日 – 423年8月15日 テオドシウス1世の次男。西方担当の皇帝となるが、この時代から東西分割の深化が進んでいく(西ローマ帝国)。 423年8月15日
自然死
Solidus Constantius III-RIC 1325.jpg コンスタンティウス3世
FLAVIVS CONSTANTIVS AVGVSTVS

西ローマ
生年不明
ナイッスス
(属州モエシア)
421年2月8日 – 421年9月2日 テオドシウス1世の娘婿で、アルカディウスとホノリウスの義弟。ホノリウスの共同皇帝を務める。 421年9月2日
自然死
Theodosius II Louvre Ma1036.jpg テオドシウス2世
FLAVIVS THEODOSIVS AVGVSTVS

東ローマ
401年4月10日
コンスタンティノープル
(属州トラキア)
408年5月1日 – 450年7月28日 アルカディウスの息子。テオドシウスの大城壁など、帝国東方の防衛強化を進める。跡継ぎを持たないまま病没したため、姉の夫マルキアヌスを後継者に指名する。 450年7月28日
自然死
Solidus Johannes-s4283.jpg ヨハンネス


西ローマ
不明 423年8月27日 – 425年5月 ホノリウス死後、テオドシウス朝を疎んだ元老院から推挙される。しかしテオドシウスの孫であるウァレンティニアヌス3世に敗れて退位させられた。 425年5月
ウァレンティニアヌス3世により処刑される
Solidus ValentinianIII-wedding.jpg ウァレンティニアヌス3世
FLAVIVS PLACIDIVS VALENTINIANVS AVGVSTVS

西ローマ
419年7月2日
ラヴェンナ
(イタリア本土)
424年10月23日 – 455年3月16日 コンスタンティウス3世の息子で、テオドシウス1世の孫。ヴァンダル族フン族の侵略により西方領土の弱体化が進む。跡継ぎを持たないままに暗殺される。 455年3月16日
ペトロニウス・マキシマスにより暗殺される
Solidus Marcian RIC 0509.jpg マルキアヌス
FLAVIVS MARCIANIVS AVGVSTVS

東ローマ
396年 450年夏 – 457年1月 テオドシウス2世の義兄(姉の夫)。義弟同様に跡継ぎに恵まれず、彼とその妻の死によってテオドシウス家は断絶した。 457年1月
自然死

テオドシウス朝断絶後[編集]

西方帝位[編集]

肖像 名称 生年と誕生地 在位期間 即位背景 没年と死因
Solidus Petronius Maximus-RIC 2201.jpg ペトロニウス・マクシムス
FLAVIVS ANICIVS PETRONIVS MAXIMVS AVGVSTVS
396年 455年3月17日 – 455年5月31日 元老院議員。ウァレンティニアヌス3世の暗殺によって西方におけるテオドシウス朝断絶を画策した。元老院の支持によって帝位を得たが、ヴァンダル族の前に首都を捨てて逃亡、激怒した民衆に投石されて死亡した。 455年5月31日
民衆による投石で死亡
Tremissis Avitus-RIC 2402.jpg アウィトゥス
EPARCHIVS AVITVS AVGVSTVS
385年 455年7月9日 – 456年10月17日 フン族を破った将軍アエティウスの側近。西ゴートとの交渉中にペトロニウスの失脚を知り、ゴート軍の助力を得てローマを占領する。西ゴート撤退後、蛮族出身の軍務長官リキメルに謀殺される。 456年10月17日
リキメルにより暗殺される
Maggioriano - MNR Palazzo Massimo.jpg マヨリアヌス
IVLIVS VALERIVS MAIORIANVS AVGVSTVS
420年11月 457年4月 – 461年8月2日 アウィトゥスの同僚。リキメルによって傀儡として擁立されるも、影響下を脱して独自に統治を行う。優れた手腕で西方領土の再建を進めるが、志半ばでリキメルに暗殺される。 461年8月2日
リキメルにより暗殺される
Libio Severo - MNR Palazzo Massimo.jpg リウィウス・セウェルス
LIBIVS SEVERVS AVGVSTVS
生年不明
ルカーニア
(イタリア本土)
461年11月 – 465年8月 元老院議員。リキメルの傀儡としてマヨリアヌス暗殺後に皇帝となる。リキメルに従順に従うも、不要と判断されて4年後に毒殺される。 465年
リキメルにより暗殺される
Anthemius.jpg アンテミウス
PROCOPIVS ANTHEMIVS AVGVSTVS
420年 467年4月12日 – 472年7月11日 東方正帝マルキアヌスの娘婿。リキメルの傀儡として皇帝となるも、東ローマの後ろ盾で独立を図る。 472年7月11日
リキメルにより暗殺される
Anicius Olybrius.png オリュブリウス
FLAVIVS ANICIVS OLYBRIVS AVGVSTVS
420年 472年7月11日 – 472年11月2日 ウァレンティニアヌス3世の娘婿。リキメル病没後、ヴァンダル軍の協力を得て帝位を奪うが、自らも流行病に倒れる。 472年11月2日
自然死
Glicerio - MNR Palazzo Massimo.jpg グリュケリウス
FLAVIVS GLYCERIVS AVGVSTVS
? 473年3月 – 474年6月 アニシウス氏族出身。ブルグント族のグンドバルト王の協力で帝位を奪い取るが、東方正帝レオ1世の支持を得たユリウス・ネポスに追放される。 480年以降
サロナにて病没
Tremissis Julius Nepos-RIC 3221.jpg ユリウス・ネポス
FLAVIVS IVLIVS NEPOS AVGVSTVS
430年 474年6月 – 475年8月28日(イタリア) – 480年春(ダルマティア) ダルマティア海軍の提督マルケリヌスの甥で、東方正帝レオ1世の娘婿。東方領土の強い支持でグリュケリウスを追放して皇帝となる。蛮族の軍師オレステスの裏切りで追放され、ダルマティアへ亡命する。新たな東方正帝ゼノンからは正式な「西方の共同皇帝」と見なされ、ロムルス・アウグストゥルスとオレステスを追放したオドアケルからも承認されていた。しかしその存在を危険視したオドアケルの翻意で刺客を送られ、暗殺される。 480年
オドアケルにより暗殺される
RomulusAugustus.jpg ロムルス・アウグストゥルス
FLAVIVS ROMVLVS AVGVSTVS
460年 475年10月31日 – 476年9月4日 蛮族の軍師オレステスの息子。母親はローマ人だったが、半蛮族の皇帝もローマでは認められてはいなかった。オドアケルに敗れた父オレステスの失脚により、帝位を返上して追放される。以降、法律的には東方正帝が西方正帝を兼ねることとなるが、政治的には西方領土という概念自体が消失した。 不明

東方帝位[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Holland, Rubicon, p.??
  2. ^ Starr, A History of the Ancient World, pp.670-678.
  3. ^ Asimov, p. 198.

参考資料[編集]

  • ダイアナ・バウダー編『古代ローマ人名事典』小田謙儞ほか訳、原書房、1994年、ISBN 9784562026050
  • Carpenter, Clive. The Guinness Book of Kings Rulers & Statesmen, Guinness Superlatives Ltd., 1978, ISBN 090042446X.
  • Holland, Tom. Rubicon: The Triumph and Tragedy of the Roman Republic,New edition, Abacus, 2004, ISBN 9780349115634.
  • Ross, Martha. Rulers and Governments of the World, Vol.1, Earliest Times to 1491, Bowker, 1978, ISBN 0859350215.
  • Scarre, Chris. & Shaw, Brandon. Chronicle of the Roman Emperors, Thames & Hudson, 1995, Reprinted 2001, ISBN 0500050775.
  • Starr, Chester G. A History of the Ancient World, Second Edition, Oxford University Press, 1974.
  • Tacitus, The Annals of Imperial Rome, Penguin Classics, Michael Grant Publications Ltd., 1971, Reprinted 1985, ISBN 0140440607.
  • Tapsell, R. F. Monarchs Rulers Dynasties and Kingdoms of The World, Thames & Hudson, 1981, Reprinted 1987, ISBN 0500273375.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]