コンスタンティヌス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンスタンティヌス2世

コンスタンティヌス2世Constantin II, 316年 - 340年)は、ローマ帝国の共同皇帝(在位:337年 - 340年)。

略歴[編集]

皇帝コンスタンティヌス1世とファウスタ(マクシミアヌス帝の娘)の間に長男として生まれるが、母親は不義密通の罪で処刑された。宦官が取り仕切る宮廷内で他の2人の兄弟とともに育てられる。

337年に父コンスタンティヌス1世が死去しその葬儀がコンスタンティノープルで行われたが、滞在地の距離から参加しなかった。葬儀のしばらく後で、コンスタンティノープルにいる親族は粛清された(首謀者はおそらく次男コンスタンティウス2世)。その後、3人の兄弟は会談を行い、揃って即位した。コンスタンティヌス2世は帝国全土に及ぶ権威を有していたが、実際には3人が独立君主として政治を行った。コンスタンティヌス2世はブリタンニアガリアヒスパニアを統治していたが、三弟コンスタンス1世に北アフリカの領土の分割を要求した。拒否されたためアルプスを越えて、弟の領土へ攻め込んだ。340年春、北イタリアへ侵攻するが、事前の準備が不十分だったことからアクィレイア近くで行われた戦闘で捕らえられ、殺害された。

関連する文学作品[編集]

外部リンク[編集]