カリヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリヌスの頭像
カリヌスが印された硬貨

カリヌス(Carinus, 250年? - 285年7月)は、ローマ帝国皇帝。父カルスの死後、弟ヌメリアヌスと共に帝位に就く。

カルスとヌメリアヌスがペルシア戦役に出征している間はローマ帝国西方を守る。2人の死後は単独皇帝となるが、ペルシア戦役から引き上げる最中に皇帝を名乗ったディオクレティアヌスと争う。しかし、人望のなかったカリヌスは内戦になる前にクーデターにより暗殺された。

参考文献[編集]