フラウィウス朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フラウィウス朝の皇帝たち肖像が彫られた金貨

フラウィウス朝(フラウィウスちょう、Flavius)はローマ帝国の王朝。その名前は皇帝たちの属したフラウィウスの氏族名から。

ウェスパシアヌスティトゥスドミティアヌスの三人が属する。ドミティアヌス没後、帝位にはネルウァが就き、ローマは五賢帝時代を迎える。

ウェスパシアヌスはクラウディウス帝に見出され、ブリタンニア遠征などに従軍し、有能な軍人として知られていたが、ローマの中流階級の出身で、ネロ死後の皇位争奪戦の中で、皇位継承の候補者とは見なされていなかった。しかし68年ネロが帝位を追われ自殺、1年で皇帝が3度も変わる事態となった(四皇帝の年)。立て続きの政変に、国家は混乱を来すようになり、人々は有能な政治家、安定した政権を望むようになり、これが軍隊の支持を得て、かつ的はずれのない堅実な政策を取ると思われたウェスパシアヌスが皇位につく切っ掛けとなった。

ローマが混乱していた当時、ウェスパシアヌスはネロの命によりユダヤ戦争の平定を命じられており、これを終わらせることによって実力をつけ、シリア総督ムキアヌス、息子のティトゥスなどの補佐もあってローマに入り政権をとった。

フラウィウス朝はローマ皇帝が従来権威の由来としていたアウグストゥスの血統とは無縁であったが、混乱の後のウェスパシアヌスの統治はローマ市民に歓迎された。

ウェスパシアヌスの死後は長男のティトゥスが皇位につき、市民からの評判はよかったが、病に倒れ、治世は僅か2年と短かった。続いて次男のドミティアヌスが皇帝となるも彼はやがて公然と元老院などと敵対するようになり、財政においても失政を重ねたため、支持を失い、最終的に暗殺された。ティトゥス及びドミティアヌスの子は全て夭折しており、これをもってフラウィウス朝は断絶した。

フラウィウス朝皇帝一覧[編集]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
T・フラウィウス・
ペトロ(en
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
T・フラウィウス・
サビヌス1世 (en)
 
ウェスパシア・
ポッラ (en)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サビヌス2世 (en)
 
ケリアリス
 
ウェスパシア
 
1 ウェスパシアヌス
(在位69年-79年)
 
大ドミティラ (en)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コルブロ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サビヌス3世 (en)
 
 
 
小ドミティラ (en)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレキナ・
テルトゥラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2 ティトゥス
(79年-81年)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3 ドミティアヌス
(81年-96年)
 
ドミティア・
ロンギナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サビヌス4世 (en)
 
 
クレメンス (en)
 
聖ドミティラ (en)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マルキア・
フルニッラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユリア・
フラウィア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウェスパシアヌス
 
ドミティアヌス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連項目[編集]