クラウディウス・ゴティクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラウディウス・ゴティクスの頭像
クラウディウス・ゴティクスを印した硬貨

マルクス・アウレリウス・クラウディウス・ゴティクスラテン語: Marcus Aurelius Claudius Gothicus213年/214年5月10日 - 270年1月)は、ローマ帝国の皇帝(在位:268年 - 270年)。クラウディウス2世とも。

軍人皇帝の一人。三世紀の危機にあったローマにおいて、優れた業績を残す。ローマ市民には人気を博し、神として祀られた。その統治は比較的堅実であり、たびたび北方民族の襲来を破った。弟にクィンティッルスがいる。

生涯[編集]

213年或いは214年5月10日に生まれた。その素性は不詳であり、パンノニア出身ともダルマチア出身とも伝えられる。268年軍に推挽され皇帝を宣言する。一般的には前皇帝ガリエヌスの殺害に関わったとされるが、ガリエヌスの死を悼み神格化を元老院に要求し、敵対していたガリエヌスの家族と支持者、軍隊にも何の咎めも与えなかったと記述があり、前皇帝ガリエヌスに対するクラウディウス2世のスタンスは資料によりばらつきがある。帝位についてほどなく(あるいはその前、史料により異なる)、パンノニアに侵入したゴート族を自ら出陣して破った(ナイススの戦い)。このときに後に皇帝となるルキウス・ドミティウス・アウレリアヌスも将軍として従軍した。これによってゴート族をドナウ川より後退させた。そのため、ゴート族を征した者という意味の「ゴティクス」の添名を得た。

こののち数ヵ月後、同年にアルプス山脈を越えてゲルマン人の一氏族アラマンニ族が来寇すると、ただちに軍を向けてこれを破った。また、ガリアヒスパニアに割拠していたガリア帝国の攻略に取り組むも、皇帝マルクス・ピアウォニウス・ウィクトリヌスの奮戦に遭った。ガリア帝国が最終的に滅ぼされたのはアウレリアヌスの治世下であった。

269年にヴァンダル族がパンノニアに来寇するとこれに兵を向けたが、陣中で疫病にかかり、270年1月に没した。クラウディウスの後継に弟クィンティッルスが即位したが、アウレリアヌスに打倒された。

バレンタインデーとの関係[編集]

「クラウディウス2世は結婚を禁止し、反発して結婚を推奨したキリスト教殉教者ウァレンティヌス(聖ヴァレンタイン)を269年2月14日に処刑した」という話が15世紀を境に後世の作家や教会関係者によって広められたが、3~4世紀の資料特にキリスト教徒が書いたものにさえそのような記録はなく、クラウディウス2世は結婚も禁止していなければ、キリスト教徒を含む全ての宗教に不介入であり歴史的根拠のない創作である。またクラウディウス2世は戦場にて「嫁を娶るべし」という主旨の発言を残しており、当時一軍人であった後の皇帝アウレリアヌスも結婚を済ませている。結婚を推奨していた記録はあるが結婚を禁止したという事実はない。[1]

後世に入り、ウァレンティヌスの殉教年月日が269、270年2月14日と裏付け無しに制定された事から、クラウディウス2世の不幸は始まる。無実の罪で2月14日に処刑され続けているのはクラウディウス2世の方であるといえよう。 このためウァレンティヌスを処刑した人物をクラウディウス2世からアウレリアヌスに変更されている場合があるが、アウレリアヌスもまたキリスト教の迫害者ではない。[2]

コンスタンティウス1世とその子孫達との関係[編集]

ローマ皇帝群像』によれば、テトラルキア時代のローマ皇帝の一人でコンスタンティヌス1世の父であるコンスタンティウス1世は、ダルダニア英語版から来た貴族エウトロピウスとクラウディウスとクィンティッルスの姪クラウディアとの間に生まれた息子である。つまり、コンスタンティウス1世はクラウディウスとクィンティッルスの大甥にあたることになり、コンスタンティウス1世の子孫達はクラウディウスやクィンティッルスと血縁関係を持つことになる。しかし、この系譜はコンスタンティウス1世の孫にあたるコンスタンティヌス2世による捏造で、地位が高い2人の末裔に見せかけたかったのだろうと多くの歴史家は考えており、コンスタンティウス1世とクラウディウスやクィンティッルスとの間に血縁関係は存在しないとの見方が有力である。

参考文献[編集]

  • クリス・スカー『ローマ皇帝歴代誌』(青柳正規監修、月村澄枝訳、創元社、1998年、300頁)
  1. ^ Henry Kelly, Chaucer and the cult of Saint Valentine, pg. 49
  2. ^ Valentinusカトリックアンサー・ウァレンティヌス