オト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オトの横顔が刻まれたコイン

マルクス・サルウィウス・オトMarcus Salvius Otho, 32年4月25日 - 69年4月15日)(家名は正確にはオトー)はローマ帝国の皇帝(在位69年1月15日-4月15日)。四皇帝の年の第2番目の皇帝だが、在位期間はわずか3ヶ月間である。

経歴[編集]

出自[編集]

オト家はエトルリア系の出身で、貴族階級に属したが、執政官を出したのはオトの父ルキウス・オトをはじめとする。

オトは皇帝ネロの第一の親友で、若い頃からの遊び仲間であった。ネロと男色関係があったといわれている。ポッパエア・サビナの夫であったが、58年にネロがポッパエアとの結婚を望んだため離婚した。同じ年、ネロはオトをルシタニア(現在のポルトガル)総督とし、ローマから遠ざけた。若い頃からは想像できないほど真面目に仕事に打ち込み、善政を敷いた。そのため名総督として属州民に人気があった。

皇帝就任[編集]

先帝ガルバとは親戚関係にあり、その叛乱と即位を支持した。このためオトは、子供のないガルバが後継者に自分を選ぶものと期待していたが、69年1月、ガルバはピソを後継者に指名した。期待を裏切られたオトは、2人の暗殺を計画し、23人の親衛隊を買収した。ガルバがピソを後継者に指名した日の5日あと、2人は暗殺され、オトは帝位についた。

最期[編集]

しかし、ガルバの治世末期にゲルマニアで叛乱した将軍ウィテリウスはこれを認めず、なお兵を挙げてローマに迫った。オトはドナウ川付近に駐留していた軍団を呼び戻すことを図るなどウィテリウスに対抗を図ったものの、ウィテリウスはクレモナ近くで、オトの軍を破った。まだ挽回の機会はあったものの、敗戦の報を受けたオトは自殺し、短い治世を終えた。

関連項目[編集]